FC2ブログ
7711C0E6-9D7A-44EF-B52F-3A199ECAC565.jpeg
ATPツアー2019シーズン開幕戦、ブリスベン250で錦織圭君が見事に優勝!本当におめでとう!
決勝の相手は楽天オープン2018の決勝の相手、ロシアの新鋭メドベージェフ選手でしたが、苦しい試合をフルセットで見事に勝利。約3年ぶりの優勝を決めました。ブリスベンは全豪の前哨戦として頻回に出場してますが、今回が初めての優勝。2年前は決勝まで行きましたが調子を上げて来ていたディミトロフに敗戦。それ以来の決勝のチャンスを見事にものにしました。グランドスラムの全豪オープンを前に大きな自信になるだろうし、また本人は口にしないけど決勝の連敗を常に報じられるのでATP250と言えども大きな優勝になったと思います。それにしてもメドベージェフ強かった。現在ランキング16位ですが、今大会もマレー、ラオニッチ、ツォンガを下しての決勝進出で、テニスの内容的にも間違いなくトップ10の実力があると思います。決勝はATP250の決勝ではもったいないほど高いレベルでの試合で、楽しませてもらいました。テニス的にも充実の内容で全豪に向けて期待が持てます。
あとは1週間後の開幕に向けての調整、そしてドローに注目です。
スポンサーサイト
2019.01.06 Sun l スポーツのはなし l top ▲
IMG_0813.jpg
IMG_0812.jpg
IMG_0811.jpg
IMG_0815.jpg

錦織圭くん、右手首の怪我から見事な復活です。
1回戦ベルディヒ、2回戦セッピ、準々決勝マリン・チリッチ、準決勝A・ズベレフを破ってのナダルとの決勝でした。チリッチに対しては2015年楽天オープン以来の勝利になりました。チリッチの膝の調子が良くなかったとはいえ、素晴らしい勝利。ズベレフ戦は1セット目を落とした状況からは勝利への道筋は見えなかったので、逆転勝利の瞬間は何度も飛び上がって喜んでしまいました。迎えた決勝は、赤土の王者ラファエル・ナダル。数字上では完敗ではあるけれど、ナダルに対してプレッシャーを与えられた時間帯もあったし、よくここまでカムバックしてきたという感動の方が大きいです。通算4回目のマスターズ決勝でもタイトル獲得はならなかったけれど、いつかどこかでマスターズのタイトルを獲れる信じたい。毎回決勝で待ち受けているのがビッグ4ですからね、でも壁は高い方が乗り越えたときの感動は大きい。とりあえず元気な圭君がみれて良かった。
ラファエル・ナダル、モンテカルロマスターズ11回目の優勝おめでとう!モンテカルロの美しい景色にナダルは良く似合います。
そしてケイ、すばらしい1週間と感動をありがとう!
2018.04.23 Mon l スポーツのはなし l top ▲
チケット販売は確か7月だったかな。抽選で外れてしまい、一般販売のチケット争奪戦で準々決勝が行われる金曜日のチケットを何とか確保。やっぱり高校野球でもそうだけど準々決勝が一番面白いと思うんですよ、4試合見れるお得感があるし。せっかく行くのだからと木曜日の分も確保して終了。しばらくして開いたら金曜日分はすでに売り切れでした。まさにぎりぎり、これが確保できるかできないかが本当に大きかった。そもそもテニスのチケットというのは難しくて、目当ての選手がプレーする日にちや時間が分かりにくい。日本のATPツアーと言えども錦織君が怪我で出られなくなる可能性もあるし、初戦で敗退する可能性だってある。開始時間だって試合の順番が前日の夕方に発表されるだけで、何時から始まるかはその日の進行次第という不安定さ。どうしたって丸1日休みをとるしかないわけですね(海外のグランドスラム観戦されている方は、チケットの確保含めてどう日程調整されているんでしょうか?)。まぁメインイベントはだいたい4試合中であれば第3試合に入ることが多いみたいだけど。でもっていろいろ日程調整して2日間休みをもらうことに、おかげでバタバタだった。。そこまでしても1回戦のコリッチ戦はきわどい試合をしていたわけだから、この日を迎えることがどれだけ奇跡なのかということで、月曜日は本当に勝つことを祈ってましたよ。座席は何とか確保できたくらいなので有明コロシアムの3階席、後ろから2番目の列(苦笑)。でも通路側だったので助かりました。前日の木曜日は2階席だったけど、それほど大きな差は感じませんでした。スタジアムに入れるだけでもう十分ですよ、何せ確保が難しいプラチナチケットですから。

14444093898040.jpg
夜の有明コロシアム。なかなかいい雰囲気です。
2015.10.10 Sat l スポーツのはなし l top ▲



昨日のアビスパの試合前に隣の博多の森テニスコートでやっていた福岡国際女子テニスを見てきました。サーキット大会ということで入場料は千円。1回購入すれば大会期間を通じて有効です。
センターコート第二試合にはクルム伊達公子選手が登場。相手外国人選手の大きな身体にくらべて細いのによく頑張ります。これでシュティフィ・グラフ選手相手に勝利したりしているわけですから凄いものです。写真は試合前のウォーミングアップの様子。観客もけっこう多かったです。群馬戦のキックオフ時間が迫っていたので私は第一セット途中(5-5時点)で退席しましたが、残念ながらストレートでの敗戦だったようです。博多の森テニスコートに入るのは久々だったけど、そう言えばここは人工芝のオムニコートでした。最近ATPツアーなんか見てると、コートサーフェスがオムニというのはさすがに違和感があります。そんなサーフェス使われてないもんね。ただハードコートへの変更というのは資金面で大変なんでしょうね。
2015.05.07 Thu l スポーツのはなし l top ▲
春らしく暖かい一日でした。むしろ、この時期にしてはちょっと暖かすぎかな。

もう長年、早稲田大学ラグビーファンの私。中竹竜二監督は、東筑高校の出身で、飯塚に行くときにいつも通っている遠賀川沿いのラグビー場でラグビーを始めたそうです。

監督に期待するな 中竹竜二
カリスマ性の塊のような清宮前監督の後を継いでから、選手たちの自主性に任せる方向への路線変更で大学王座を奪回した過程が書いてあって、とても興味深いです。それがサッカーにも言えることなのかどうか。でも、最近は貫録が出てきましたね~。

その早稲田大学ラグビー部の練習を、ちょっと見学してきました。場所は、杉並区の上井草。
横浜からだと、東横線に乗って渋谷に出て、山手線で高田馬場へ。さらに西武新宿線に乗り換えて上井草へ。いや~遠かった・・・。
090317 上井草駅
駅前に、「ガンダム」の像があるんだけど写真は撮り忘れました、というより人目が気になって写真は撮れなかった・・。

駅を出て上井草の商店街を数分歩くと、上井草グランドに着きます。
090317 早稲田大学ラグビーグランド

人工芝の立派なグランドです。
090317 グランド

選手たちの一部だと思うんですけど、練習してました。フィジカルコンタクトの激しい練習。
ラグビーシーズンが終わったばかりで、基礎練習を中心にやっているんだろうけど、コーチからけっこう厳しい声が飛んでました。
中竹監督の姿は見えなかったようで残念。
090317 選手たち

今週末に、レベスタで九州代表と招待試合があります。

今日は、東京でも黄砂が観測されたそうで、そのせいかくしゃみが止まらない・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.03.17 Tue l スポーツのはなし l COM(2) l top ▲