FC2ブログ
前日にJ1の最終戦が終わり、直前にJ3も終了し、2017シーズンJリーグのトリを飾ったこの試合。何だかワクワクするというか、豊田スタジアムの素晴らしさもあって良い雰囲気でした。新聞によればアビスパサポーターもゴール裏に3600人が詰めかけたんだとか。福岡からの距離と試合開始時間が遅いことを考えればよく集まったと思います。開門前からスタジアム周囲は熱気にあふれていて、私なりに早くスタジアムに着いたつもりだったのですが、すでに待機列が3列目だったのは驚きでした。開門後は場所を確保してから仲良くさせていただいている名古屋サポさんと昨年以来の再会をはたして今シーズンの反省を。この場所で対戦するというのも皮肉なものです、どちらかが確実にJ1に復帰できないわけですからね。

お互いの健闘を祈って席に戻ると、さっそく集会が始まりそう。熱気にあふれてました。皆がもう待ちきれないというかね、「やるしかない」という気持ちで高揚しました。お祭り騒ぎで集会が大いに盛り上がるという、これぞアビスパサポーターの醍醐味でもあります。

90分間はとても緊張感があって見ごたえのある良い試合でした。破壊力のある名古屋の攻撃を良く抑えていたし、特に冨安君が必死の形相でシモビッチを抑える姿は素晴らしかった。ヘディングで競り合い、しつこく食らいついてボールを奪い時には持ち上がるという、この試合にかける気持ちが出ていました。結果的には1点が遠かったということになるのですが、ウェリの幻のゴールが入っていればね~。まぁそれはそれで名古屋の猛攻が始まるだろうから、そのまま逃げ切れたかどうかはとても怪しいけれど、せめて一矢報いたかったかな。

試合終了の瞬間は「あーだめだったかー」と茫然としてしまったし涙も出てきたけれど、自動昇格圏内を守れなかった、かつ最後の最後で3位までも譲ってしまったそれまで流れが悪かったことが自分の気持ちにどこかで影響していたような。それもあって2006シーズンの入れ替え戦の絶望感とは比べるべくもない。2015シーズンの同じ昇格プレーオフでセレッソに先制されたときほどの絶望感でもない。何だか前からこうなることがわかっていたかのように結果を受け入れてしまうというかね。そんな不思議な気分でした。私はセレモニーを尻目にスタジアムを後にしましたが、残ったゴール裏のアビスパサポーターはスタジアムを1周する名古屋の選手たちに拍手を送ってくれたんだとか。私もその場にいれば、そうしたと思います。こういう緊張感がある素晴らしい試合をしてくれてありがとう、とね。「プロは結果がすべて」ではあるけれど、たとえ今回昇格できなかったとしても、こういう試合を経験することがクラブにとっても我々サポーターにとっても未来に繋がっていくと信じたい。思えば悔しさばかり味わさせられるクラブだけど、逆にこれだからこそ我々はこのクラブを応援しているわけで。また来シーズンJ1に復帰できるようクラブ全体で頑張るしかありません。

それでもここまで連れてきてくれた井原監督はじめ選手の皆さんには感謝しかありません。今シーズンは歓喜の瞬間もたくさん立ち会えたし、何よりシーズン最終戦まで希望があるということは素晴らしいことです。まぁそれでもね、こうやって納得しているようで翌朝福岡に帰る新幹線の中で無念さを思って涙ぐむという。なかなか気持ちの切り替えというものは、難しいものです。

いつも俺たちは歌う~♪  福岡~俺たちはここで生まれ~♪ アビスパ~俺たちは君と生きる~♪ どんなに苦しい時でも~♪ 心の中にいつもいる~♪ ラランラララララランラララララ~♪ 
いつも俺たちは歌う~♪


次こそは、これを歓喜の涙に咽びながら歌いたい。

喜びも悲しみも、アビスパと共に。

スポンサーサイト
2017.12.05 Tue l アビスパ試合後感想 l top ▲

モブログの調子が悪くて更新が遅れてしまいましたが、西京極まで後押ししに行ってきました。多くのアビスパサポーターが集結して、良い雰囲気で楽しかった〜。結構声も出ていたように思います。願わくはキックオフ前にサイドチェンジがなければ、後半はサポーター側のゴールになって盛り上がったのですが、贅沢は言えませんね。
前半は押しこまれる場面もありましたが、後半になると時間経過とともに圧倒し、決勝ゴールは右サイド駒野のクロスからウェリのキレイなヘッド。時間帯的に引き分けも覚悟していたので感動的なゴールになりました。これで鬼門西京極は2連勝!暑い中走り続けた選手たちに拍手です。ミカ、岩下、富安のDF力に加えてウォンドゥジェの存在は、また一段とチーム力を押し上げたように感じます。カウンターも危なげなくカット出来るし心強かったです。油断しないように次節もしっかり勝利したいね。
2017.08.12 Sat l アビスパ試合後感想 l top ▲
今回の町田ゼルビアとの対戦はリベンジマッチとか言われますが、4月のレベスタでの敗戦は本当にひどいものだったんでね。状況的には「気の緩み・油断」としか表現しようがない、ありえない敗戦にゴール裏も怒りをあらわにした前回対戦(1-3)でした。そういった意味合いではシーズンダブルを喫するとかは考えられないことだったので、しっかり1-0で勝利できてよかったです。ここ最近は堅実に押し込めることが多いのですが、やはりゴールが遠い。前半の良い時間帯に決められずに、後半開始当初からの悪い流れに嫌な感じがしたところでの、山瀬のいいタイミングでのクロスから松田力が丁寧に落としてウェリのきれいなゴール。一連の流れは美しかったし、時間帯も良かった。大型ボランチ・ウォンドゥジェの加入で山瀬が前目でプレーできているメリットを生かしたいいクロスだったし、松田力の落としも秀逸でした。スタメンで使われることにいろいろ言われるリキですが、意表を突いたタイミングのパスは有効だし周りと合ってくればもっとチャンスがつくれると思います。FWとしては徳島戦の前半にあったようなチャンスをしっかりゴールにつなげれれば、もっと評価されると思うんだけど。とにかくアシストは素晴らしく、あとはウェリがしっかり決めてくれました。移籍してきた仲川君はドリブルが速い速い。完全に相手を置いて行けるので、これからアビスパのカウンターは魅力的になりそうです。あのチャンスで2点目が決められれば彼も自信がつくし、もっと楽な展開になったのに。おかげで最後はかなりヒヤヒヤしました。
今シーズン得意のアウェイでの勝利でしっかり勝ち点3をゲット。次節もアウェイで京都戦、そもそも苦手意識のある京都サンガな上にアウェイ西京極ですが、今シーズンは勝利したし2015年シーズンも酒井宣福とスエのスーパーゴールで勝利していることを考えれば苦手意識も薄らぎつつあるので、今回も勝ち点3をとれるように後押ししてきます。
2017.08.06 Sun l アビスパ試合後感想 l top ▲


一度は追いつかれたけど、2-1でしっかり勝利して3連勝!富安くん、J初ゴールおめでとう。恐るべき18歳、ドイツ遠征前の置き土産、しっかりいただきました。勝ち越しゴールのウェリのヘディングは圧巻。石津くんのクロスも見事、復帰後はドリブルやシュートも含めてしっかりアクセントつけてくれてます。
勝利の後は皆で「博多手一本」。
日差しは強かったけど、幸せな連休中日のレベスタでした。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2017.03.20 Mon l アビスパ試合後感想 l top ▲
2015年シーズンにアウェイ西京極で勝利したので、もはや呪縛は解けたと思い込むようにしていたけど、J1昇格争いのライバルにしっかり2-1で勝利できたのは大きい。特にウェリントンのゴールはこちらのサポーター席側だっただけに余計にテンションがあがりました。山瀬選手の電光石火の先制ゴールも見事。あれで落ち着いて試合を進めることができました。
追加点の直後にゴールを決められるという悪い癖は相変わらずだけど、よく守り切ったと思います。これを継続することで自信につながっていくと信じたい。守備に関してはダニルソン、岩下、富安の3選手のうち誰か一人でも欠けてしまうとバランスが崩れそうで怖いけど、しっかり穴埋めできる選手が出てくることを期待したいです。ダニの身体能力は味方ながら怖いくらいだし、富安君は若いのに安定してる。線の細さはともかく体は大きくて足元も上手い、すごい選手が出てきたものです。

そして京都の監督さんは布さん。どんなご縁で就任したかは知らないけれど、布さんが京都の監督になったのは意外でした。布さんも現役の時に京都戦で素晴らしいゴール決めてるけど、その試合は大逆転されて負けてるもんね~。でもJリーグの監督になれたのは凄いことだし、よかったと心から思います。何とか立て直して手腕を発揮してほしいです。

ということで開幕戦で躓いたものの、今シーズンの滑り出しは結果だけみれば順調でホッとしています。次節熊本戦も勝利して、上位に食い込んでいきたいね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2017.03.15 Wed l アビスパ試合後感想 l top ▲