FC2ブログ
今日は、鳥栖まで出かけていって鳥栖ー仙台戦を見てきたのですが、その帰りに、アビスパ福岡オフィシャルから出た来季契約非更新選手についてのお知らせを見て、大きな衝撃を受けました。

布さん、本田真吾選手、ルダン・・・・。

大好きなアビスパの選手がチームを立ち去るのに、誰がどうということはないけれど、それにしても布さんが来季契約非更新選手って・・・。布さんは押しも押されぬアビスパのキャプテンなのに?今年も、布さんを中心にチームがまとまってきたというのに?
2006年、アビスパ福岡がJ1に昇格した年にアビスパ福岡に移籍してきてから3シーズン、その2006年シーズンと今シーズンは監督がシーズン途中に交代。そのばらばらになりそうなチームを、必死でまとめてきてくれた布さん。特に、2006年シーズンは松田監督が解任されて迷走し、ほんとにバラバラになりそうなところを布さんを中心にまとまって、何とかJ1J2入れ替え戦まで持ち込み、入れ替え戦第2戦のホーム博多の森では、残留に希望をつなぐ同点弾も決めてくれました。残念ながらアビスパは降格してしまったけど、それからも常にチームの中心だったのに・・。間違いなく、アビスパの精神的な支柱なのに・・。

報告・・・布部陽功オフシャルブログより

すべてはこれからのアビスパのため。

僕がどんな選択をしても、アビスパを大切に思う気持ちは変わりません。

このチームに来た事、たくさん応援してもらった事、僕の『誇り』です。



雁ノ巣へ行くと、気軽にサインや写真に応じてくれた布さん。
感謝の言葉しか思い浮かびません・・。たくさんの感動をありがとう!アビスパの苦しい時代を支えてくれて、ありがとう!
布さんは、勝手にアビスパで現役を終えると信じていた。カズ選手の頑張る姿を見て、40歳まで現役を宣言していた布さんを、アビスパの選手として応援したかった。
布さんの言葉は、最後まで泣かせるなー。布さんのブログを読みながら、この記事を書きながら、涙が出てきます・・。

横浜FC戦の劇的勝利の後、お立ち台にあがってサポーターと一緒に歌った布さんのチャント。あの光景は、いつまでも目に焼きつけておきます。
布さんの大好きな曲、ハウンドドックの「ff(フォルテッシモ)」に乗せて・・。

アビスパが~♪ すべてさ~♪ 今こそ~♪ 誓うよ~♪ 
愛を~♪ こめて~♪ ぬのべ~♪ ぬのべ~♪  布部!布部!布部!布部!


スタジアムに鳴り止まない「布部」コール!

布さんがアビスパ福岡に在籍した3シーズンを、決して忘れません。

そして、いつかもう一度アビスパに戻ってきてください!

これからの、アビスパのために・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト
2008.11.30 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
サッカーシーズンの大詰めを向かえ、Jリーグは優勝を争い、一方で昇格・降格をあらそって熱戦が繰り広げられてますが、石垣島での地域サッカーリーグ決勝大会の決勝ラウンドでは、V・ファーレン長崎のJFL昇格が決まったみたいですね(JFLからJ2昇格チームが3チームと考えれば、ですけど)。明日、レノファ山口に勝てば文句なしでしょう。
来季、V・ファーレン長崎がJFLに昇格すれば、元アビスパ戦士たちを本城で見ることも出来ますね。長崎は、ちょっと遠すぎるので・・・。

そして、JFLでは先日書いたとおり、Jリーグへの昇格をかけて、明日は決戦です。
現時点では、ファジアーノ岡山が勝ち点59で4位、ガイナーレ鳥取が勝ち点57の5位。
詳しい順位表は、こちらのサイトを参照ください。
JFL 日本フットボールリーグオフィシャルWEBサイト

で、明日のこの2チームの対戦カードは・・・

富山 - 岡山 (富山)
流経大 - 鳥取 (龍ヶ崎)  

2チームともアウェーで、13:00 キックオフです。 1年間の集大成、両チームとも多くのサポーターが集まるでしょうね。

先日米子に行ったのですが、米子駅前の元町商店街を歩いていると・・・・・

2008.11.30 Sun l JFLのはなし l COM(0) l top ▲
ラララ~♪ララ~♪ララ~ラ♪  なかむら~♪ ほくと~♪  ほくと!ほくと!

久々の勝利ですね!選手にも篠田監督にも、甲府まで駆けつけてくれたアビスパサポーターの皆さんにも久々にあふれる笑顔。やっぱり勝利と言うのは、うれしいものですね~。たとえ、昇格の可能性がなくなっても、勝利がこんなにうれしいものとは・・・なにせ2ヶ月ぶりの勝利だそうですから。
甲府まで駆けつけて、ホームチームに負けないくらいの大声援を送ってくれたアビスパサポーターの皆さん、ありがとうございました!試合後の皆さんの表情が、今日の勝利に対する満足感を表していたのかもしれませんね。

試合内容は、スカパーで見ているだけなので、あまり良くわからなかったのですが、まぁ良い点と悪い点がどちらとも出た試合だと思います。良い点としては、うまくボールがつながる時間帯は、選手たちがポジションチェンジをしながらボールをつなげることができた。スカパーで見る限りは、城後選手と北斗選手のボランチコンビが少しは慣れてきたのかなーと。北斗選手からも、前線にいいパスが何本か出ているように見えたし、前線の攻撃にも積極的に絡んで、最後は勝利につながる得点も決めたし。相手もあることなので、相手選手にプレッシャーをかけられたときにどういうプレーが出来るかが課題だとは思うけど、まぁ今日のところは勝った事だし、ここからこのボランチコンビが飛躍していくことを期待したいと思います。どうも篠田監督は、この二人のボランチに強いこだわりがあるようなので・・。来季もこの二人をボランチで起用するだろうし、いい方に進んでいくことを期待したいです。
悪い点としては、最終ラインからボランチの間の自陣でボールを失うことが多すぎる。あまりに、あっさりとパスカットされて、あっという間にピンチになるから、あれはどうにかしないといけませんね。やっぱり、ボランチコンビとDFとの連携が課題ですね。守備がルーズになる時間帯もあったし。

キャプテンマークを巻いた久永選手が交代してからは、そのキャプテンマークを中村北斗選手がつけていたし、ついに北斗がキャプテンとしてチームを引っ張っていく時代が来ましたね。北斗選手が、自覚を持ってアビスパを引っ張り、布部選手や久藤選手、久永選手、中払選手などベテラン選手がうまく若いキャプテンをフォローして、いいチームを作っていって欲しいです。
彼らが、来季もアビスパ福岡に残ってくれることを信じて!試合終了後に、インタビューに答えていたので、皆から遅れて1人サポーターに挨拶に行った北斗も、来期アビスパに残ってくれるでしょう!

そして、この日は甲府のホーム最終戦ということで、試合終了後にセレモニーがありましたね。1年でJ1にあがると言う目標を達成できなかった安間監督。社長の挨拶にも、監督の挨拶にも、温かい拍手が送られてました。


その後、柏ー大分の試合を見ていたのですが、今期限りで解任が決まったレイソルの石崎監督は、レイソルサポーターからほんとに慕われてますね。サポーターのスタンドに入って、トラメガ持って挨拶する監督は、はじめて見ました。場内を一周しながらサポーターと握手していたし、レイソルサポーターには泣いている方も多くいました。J2に降格した柏を1年でJ1復帰させ、J1での2シーズンは上位に食い込むことはできなかったけど、最後まで降格を争うほど悪い順位ではありませんでしたからね。サポーターからすれば感謝の気持ちは当然あるだろうし、日頃からサポーターを大切にする人柄も皆から慕われるんでしょうね。

ゴール裏のサポーターに対する挨拶では、レイソルサポーターの大きな声援に対する感謝の気持ちを表してました。今まで指揮してきたクラブのこともずい分と気にかけてくれているようだし、「今度相手チームとしてここに戻ってきた時にはブーイングしないで、温かく迎えてください。ブーイングは、されたくないので。」と言う言葉にスタンドは沸いていたけど、石崎監督の言葉は、何だか温かみがあったなー。


アビスパのフロント・監督を含め、少しでも早くこういう雰囲気が出せるような体制になって欲しいと切に思います。
にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.29 Sat l アビスパ試合後感想 l COM(4) l top ▲
ようやく、家に帰ってきました。米子は、遠かったなー。

今回の旅行の最大の目的地は、三徳山三佛寺投入堂。そのふもとには、有名な三朝温泉があります。三朝温泉でゆっくりしたいのは山々でしたが、今回は一応仕事できているので・・・せっかくここまで来たのに残念。また違う季節にもう一度、ということで。


出発は、ちょっと早起きをして7時に家を出て、新幹線で岡山まで行き、岡山から伯備線10:05発の「特急やくも7号 出雲行」に乗って、12:11に米子駅着。急いで、12:18発の山陰本線「特急スーパーまつかぜ8号 鳥取行」に乗り換え、三徳山最寄りの倉吉駅に12:51着。天気を心配しながらの旅程でしたが、幸いにも頂上がやや雲がかった大山が車窓から望めるくらい、天気がよかったです。ただ、12時~18時までの現地の降水確率は40%でしたし、何とか雨が降らないことを祈りながら、電車から山陰の紅葉した山合いの景色を見ていました。
倉吉駅に着くと、コインロッカーに荷物を預けて、13:10発の三徳山行きのバスに乗ります。三徳山の投入堂までの登山は、15時までが受付時間で、この次のバスになると、14:50まで待たないといけないので、投入堂登山するには、この時間のバスが、ぎりぎりになります。そして、40分ほど倉吉駅から三朝温泉街、山間の道をバスに揺られると、目の前に参道の入り口が出てきます。


081127 柱 2

081127 参堂

ちょうど、紅葉の季節。紅葉した山々をバックに、参道もきれいです。
2008.11.28 Fri l 旅行記 l COM(4) l top ▲
20081127182536

米子から、三徳山三佛寺投入堂まで足を伸ばしました。天気予報では、今日は午後から雨予報だったけど、何とか雨も降らずに行くことが出来ました。山道入り口からここにたどり着くまでは、大変な山道だったけど、この神秘的な光景に感動です。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.27 Thu l 旅行記 l COM(2) l top ▲
明日は、いよいよ米子行きです。どうも天気が微妙で・・当初の予定を全うしようかどうしようか、今日1日天気予報を見ながら迷っていたのですが、何とか天気が持つことを信じて行ってみようと思います。一応、自称「晴れ男」です。

今回、鳥取に行くのでいろいろ調べているのですが、米子と鳥取はけっこうな距離があるんですね。どちらも岡山経由で、米子なら伯備線、鳥取であれば智頭急行で行けるのですが、来年ガイナーレ鳥取がJ2に上がってくれば、とりぎんバードスタジアムは鳥取市にあるので、智頭急行で行くことになりますね。

今期JFLでは、栃木SCとカターレ富山は4位以内を決定し、残りの1枠については、11/30のJFL最終戦ですべてが決まりますが、ファジアーノ岡山ガイナーレ鳥取、どちらが4位以内に入るかに注目です。JFLの最終戦は、盛り上がりそうですね。どちらのクラブの社長も、クラブに対する情熱があふれているし、なんかアビスパのフロントが、これらのクラブと比べると、悠長に構えすぎている気がして不安になりますね。

何せファジアーノ岡山は、ホーム最終戦に11053人の観客を集めたそうです。
ホーム最終戦、11053人のご来場ありがとうございました・・・ファジアーノ岡山officialより
たとえ無料券を配布したとしても、JFLの試合でなかなか集められる人数ではありません。クラブのホームページも充実してますよね。社長は、朝日新聞にコラムの連載をしているし・・。

一方の、ガイナーレ鳥取も、ホームページに熱血社長日記というのがあって、拍手数がすごい・・・。


なんか、こういうのを見せられると、アビスパもさすがにフロントが危機感持たないといけないと思いますねー。足りないものは、クラブに対する愛情と情熱!
最近の金融危機による不況で、スポンサー集めも厳しいと思うけど、選手・サポーターのために、もっと頑張って欲しい。クラブの公式ブログで、スポンサーさんの宣伝とか、もっとやったらいいのに。
このブログでも、なるべくスポンサーさんの商品とか載せていったほうが良いかもしれませんね。このブログくらいでは、大した宣伝効果ないけど・・・。塵も積もれば、何とやら・・。
何事も、地道な努力が大切です。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.26 Wed l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
今日、家に帰ってから、ようやく愛媛戦のスカパー録画を見ました。実際にスタジアムで見たわけではないから、わからない部分も多くあるんだけど・・。ひとまず、試合後の感想を。


いつもレベスタへ行く時、試合前のスタジアムの雰囲気が凄く好きです。スカパーを通してだけど、久々に見る試合前のレベスタは良い雰囲気ですね~。これからアビスパの選手たちが、どんなプレーを、どんな感動を見せてくれるんだろうというあの期待感がたまらないですね~。そして、その選手たちを後押しするアビスパサポーター。試合前は、いい雰囲気ですね~。


ただ、試合の内容はね~。正直言って、1ヶ月間を何に時間を費やしてきたのか、わからないような展開。1ヶ月ぶりの試合で、試合勘がまだという見方も出来るけど・・・ただ、今現在チームが抱えている課題は、解任された前監督の時と、ほとんど変わっていない気がしますね。試合を見ていて、もどかしい・・。
前半から、パスはつながらないし、愛媛が前線から積極的にプレスをかけてきたこともあって後手に回り、足許にしかパスが入らないので、簡単にカットされる。動き出しに対するパスも出ないし、田中佑昌選手のスピードを生かすパスが出ない。これでは、みんなどう動いていいのか、わからなくなりますよね~って、これ前監督のときに書いてたことと一緒です。
愛媛がワンタッチパスで次々とチャンスを演出するのに対して、アビスパのパスは、ほとんど危険な匂いがしなかった。前半の残り10分は、ラフプレーもあり、特にひどかったですね~。前半終了時のブーイングは久々に聞いたけど、それも仕方のない内容かな。


そのブーイングに刺激されたのか、愛媛が後半開始の入り方がいまいちだったのか。アビスパの2つのゴールは、久々にアビスパに見えた希望の光でしたね。やっぱりゴールって、すばらしいってことを実感しました!
右サイドの惇君からジャンボへの絶妙なアシスト。ボールもすばらしかったけど、やっぱりジャンボは決めてくれますね~。そして、その数分後の城後選手のロングシュートは凄かった。このシュート、生で見たかったです。キーパーが弾いたボールに、しっかりつめた佑昌もすごいけど、城後には、あのレンジからはどんどんシュートを打って欲しいですね。その後の城後のループシュートも、惜しかったな~、これが入ってれば芸術的だったけど・・。


ただね~。今シーズン何度も見る光景なんだけど、何気ない相手DFラインからのロングフィードが即ピンチになるこの展開。丹羽選手は、目測を誤ったのかなー。こういうプレーは、もったいないですねー。このプレーで10人になったのを境に、またまた愛媛ペースになってしまったから、やっぱり1点のリードを守ることは難しかったですかね。
同点に追いつかれた直後、スカパーに控え選手たちのアップの場面が映った瞬間、スタンドからは「中払コール!」。勝ち越しを狙って、中払選手など流れを変える選手の投入を期待したかったですね。結局それほど大きなチャンスもないまま、試合終了。

全体としては、どうなんだろう。選手同士の連携はいつまでも良くならないし、田中選手のように特徴がある選手を生かそうとする姿勢も見えないので、チームとしてどう攻めようとしているのかは伝わってきません。城後選手と中村北斗選手のボランチコンビを我慢強く使い続けるという、篠田監督の頑固さが実を結ぶ時が来るといいけど・・。
希望といえば・・・、鈴木惇選手が蹴るFKやCKは、見ていてうれしい気分になりますね。早く直接FKからの得点が見たいです。

この試合のサポーターの横断幕は、来季のジャンボの残留を願うものだったけど、退場者が出た後の前線で孤立しながらも体を張ってボールをキープする姿勢は、相変わらず胸を打ちますねー。得点だけでなく、チームの守備にも献身的な姿勢は、サポーターの気持ちをグッと掴みますよね。

あと後半は、スカパーの音声が篠田監督の大声を妙に拾っていたけど、盛んに言っていたのが「ナカジ!がんばれー!」確かに、この試合のナカジは後半スタミナ切れを起こして、裏を取られすぎ。それでも、ナカジを最後まで代えなかった篠田監督。何か、意図があるんですかね。


スカパーのハーフタイムのインタビューは吉田選手だったけど、キャプテン翼がきっかけでサッカーをはじめたんですね。若林君や若島津君がかっこよかった、っていうのも初耳だったので興味深いインタビューでした。ただ、若いビビーズのインタビューに、ちょっとデレデしすぎかな。ジャンボだけでなく、吉田選手も来季ぜひとも残って欲しい選手です。


最後に、甲府は早くも戦力外の選手を発表しましたね。
契約満了選手のお知らせ・・・ヴァンフォーレ甲府オフィシャルより
その中には、今シーズン始まる前にアビスパに移籍のうわさがあったDFの井上雄幾選手も含まれています。

今年も、一年で一番嫌な時期がやってきました・・・。
プロだから当然と頭でわかっていても、愛する選手がチームを去っていくことは、つらいことです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.25 Tue l アビスパ試合後感想 l COM(4) l top ▲
今日は、あいにくの雨、というよりほとんど嵐。その嵐の中、この2日間サッカーが見れなかったうっぷんを晴らすかのように、全国地域サッカーリーグ決勝の1次ラウンド最終日を観戦しに本城陸上意競技場(北九州市)に行ってきました。過酷な環境の中、2試合とも激戦で、Jリーグ入りを目指すチームの思惑あり、2試合目が終わるまで決勝ラウンド進出チームが決まらないという、悲喜こもごもが詰まった盛りだくさんの内容でした。

他会場では、元アビスパの選手たちが多く所属しているV.ファーレン長崎や、多久島選手と安田選手が所属しているレノファ 山口が、決勝大会進出を決めたようですね。


まず、この会場(グループA)の出場チームは

AC長野パルセイロ(長野県):Jリーグ入りが目標、元福岡のGKノグチ・ピント選手が所属
株式会社ホンダロックサッカー部(宮崎県):元JFLチーム、今シーズンKyuリーグ3位
沖縄かりゆしフットボールクラブ(沖縄県):今シーズン、Kyuリーグ優勝
バンディオンセ加古川(兵庫県):昨年は、決勝ラウンドで涙の敗退、悲願のJFL昇格を目指す

で、今日の1試合目は、AC長野ーバンディオンセ加古川。2試合目は、沖縄かりゆしーホンダロック。


昨日までの結果からは、第1試合でAC長野が勝てば、その時点でAC長野の決勝ラウンドへの進出が決定。逆にAC長野がこの試合に負けると、どのチームにも決勝ラウンド進出の可能性が出てきます。
2008.11.24 Mon l サッカーのはなし l COM(0) l top ▲
愛媛戦は、2-2の引き分けでした。スタメンは、久藤選手が出場停止で出られないこともあって、田中佑昌選手と鈴木惇選手が先発だったり、いつもと少し起用されている選手が違うけど、中盤の構成はどうだったんでしょうね。後半開始直後の2得点で逆転したのは良かったけど、この状況、しかもホームで引き分けという結果に納得する人はいないと思うし、全体のサッカーの内容は、どうだったんでしょう?

アビスパの試合は確かに気になるんだけど、スカパーさえ見れない状況では、周囲の盛り上がりについていけず、なんか蚊帳の外な感じ。そんな中、皆さんもそうでしょうけど、この記事は気になりますね。

福岡財政難で来季外国人助っ人ゼロも・・・・日刊スポーツ

細かいことは分からないけど、来期の予算が今期の8割とは言っても、単純計算して8億円以上はあるわけだし、よそ様のクラブはそれくらいの予算で外国籍選手も雇い、努力しながらやってますけどねー。スポンサー獲得ができないのを、サポーターのせいにしたり、そんな姿勢ではねー。それも、外国籍選手の獲得にも動いていないとは・・・。絶句です・・・。

極めつけは、田部GMの言葉
「監督交代後の成績を考えると、外国人がいなくても、現有戦力に少しプラスできれば昇格グループに入れるだろう」

最近の試合を見て、田部さんの目には、ほんとにこう映っているのだろうか?言葉もありません・・・・。

来期のアビスパが、どんな体制であろうと、来シーズンも年間パスの購入という形でアビスパを支えようという気持ちに変わりはないけど・・・・来期にむけて、アビスパ福岡というクラブは、何を目指し、どこへ向けて進んで行くのでしょうか。もちろん、いい方に裏切られることを期待したいけど・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.23 Sun l アビスパ試合後感想 l COM(2) l top ▲
明日は、久々のアビスパの試合。ホームレベスタでの試合なのに、残念ながら明日の試合、私は参戦できません。
たとえ今シーズンのJ1昇格の可能性がなくなっても、やっぱり満員のスタジアムで選手たちに試合をさせてあげたいという気持ちは変わらないので、スタジアムに行くことが出来ないのは、とてもつらいです。スカパー観戦もできないので、いまひとつ自分の中では盛り上がらないのですが、この試合の無かった1ヶ月間でどうチームが良くなっているか、気になります。そろそろ監督のやりたいサッカーはチームに浸透して来ていいはずだし、うまくいかなかった原因をモチベーションのせいにすることは、してほしくない。監督の来季の続投が決定している以上、選手のモチベーションを上げる、モチベーションの高い選手を起用するのも監督の裁量だと思うし。厳しい視線が投げかけられている今、しっかりと結果を出してほしいと思います。

そして、皆さんも書かれているように、ついに出てしまいましたね。

タレイ選手 移籍のお知らせ・・・アビスパ福岡オフィシャルより

最近の起用方法として、うすうすは感じていたけれど、やっぱり監督の来季の構想には入っていなかったんですね。パスの配給は上手いし、スタミナがあって運動量があるから、皆さんも書かれているようにボランチで起用すれば活躍する選手なんですけどね。最近のサイドでの使われ方では、ウッフィーが生きないし、交代出場や途中交代が多いから、せっかくの運動量もアピールできませんでしたからね。その中で、プロらしく腐らずにアビスパのために頑張ってくれました。オーストラリア国籍選手と日本人選手との間に距離があるらしいことも漏れ聞こえていたし、チームの成績もかんばしくなかったことからすると、決して満足のいくシーズンでは無かったと思うけど、監督の起用方法に関わらず、練習にしっかり取り組み、試合に出場する限りは全力を尽くす姿勢は、胸を打たれる気持ちでした。
今シーズン、ウッフィーがFKのキッカーをつとめることが多く、鈴木惇選手が出ている時には「惇君に蹴らしてやってくれー」という気持ちもあったけど、これも惇君にとっては乗り越えなければいけない壁。惇君が、練習でも試合でもFKで結果を出し、さらに試合でも「このFKは俺が蹴る!」と強く主張できるくらいのメンタリティの強さをもってほしいと、ウッフィーの姿を見ながらよく思いました。
開幕戦のPK決勝ゴールなど、印象に残っているウッフィーのゴールはいくつかあるけど(PKが多いかな?)、自分の中で1番印象に残っているゴールはアウェー鳥栖戦での終了間際の3点目の駄目押しゴールですね。試合終了間際に、ボランチの位置から一目散にゴール前に走りこみ、ボールキープしたジャンボからのパスを確実に流し込んだあのゴールは、運動量が豊富なウッフィーの特徴が出た、いいゴールだったと思います。しかも、あれは試合終了間際にアビスパが守勢の中で、鳥栖戦の勝利をサポーターが確信した歓喜のゴールでもあったし。

前監督に呼ばれてアビスパに移籍し、シーズン途中で自分を呼んでくれた監督が交代してしまったから、アビスパでの思い出がいいものであったかどうかは、わからないけど、ウッフィーのこれからのサッカー人生がいいものであることを願わずにはいられません。
ウッフィー、1年間アビスパのためにプレーしてくれて、本当にありがとう!
               081123 タレイ 1

今シーズンの残りあと3試合を、アビスパのため、彼自身のために、全力で戦ってほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.22 Sat l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
前の記事に対して、皆様から温かいコメント及び拍手を頂きましてありがとうございました。これからも、楽しい記事を書いて行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。



本日未明にあった強豪カタール代表とのW杯アジア予選。次の日の仕事を考えると、とても夜中まで起きて見ることはできないので、見ずに寝ることにしたのですが、朝目を覚ましてびっくり。結果を見たら、3-0の大勝に正直驚きました。寝ずに試合を見た人は正解でしたね~。映像は、ハイライトでしか見てないのですが、日本代表はやっぱり精神的に追い込まれると、強いんですかね~。なんか、昨日のスポーツ新聞には岡田監督の去就ばかり書いてあったし。

試合のハイライトを見た感想を少し書かせていただくと・・・。
田中達也選手の決定力はすばらしいです。最近は怪我が多いですが、アテネ五輪代表での活躍を思い出しました。あのときのアジア予選での五輪代表は、スピードがあって魅力的なサッカーをしていましたよね。今回も、後ろからの何でもないフィードに対して追いつき、GKの股間を抜くゴール、見事な決定力です。玉田選手も、すばらしいシュートでした。あの距離からでも、やっぱりシュートを打つことが大事ですね。
これでとりあえず、グループ2位を確保しました。数字的には安全圏に入ったように見えるけど、まだまだこれから壁があると思うし、U-19がアジア予選で負けてしまいましたからねー。W杯には何が何でも出ておかないとね。


実は、このブログで日本代表の試合を取り上げるのは、初めてでして、こうやって記事を書いておいて何なんですけど、自分としてはそこまで日本代表に対する思い入れはないんですよね。もちろん、そう言いながらも気にはなりますけど・・。最近は、特にその傾向が強い。
昨日は、行く先々でいろいろな人に「夜中にサッカーありますね~」って言われてたんだけど、その度に「アビスパじゃないからね~」って答えて、皆さん不思議そうな顔をされていました。
なんか、最近は自分の中でアビスパと日本代表に対する思い入れが解離しすぎている感じですね。

では、なぜ取り上げたのかというと、代表の試合の場所が「ドーハ」だったから。「ドーハ」といえば、サッカーファンとしては、悲劇しか思い浮かびません。
「ドーハの悲劇」の時、私は高校2年生でしたけど、あの頃の日本代表は、今のアビスパに対する思い入れに近かった気がします。もちろんJリーグもまだ発足していないし、メジャーなサッカーと言えば、ほとんど代表だけだったから、当然といえば当然なんだけど。あのドーハの悲劇のときの、悲しみといったら・・・。同点ゴールを決められた時の喪失感、どうにかならないのかという思い、本当にW杯行けないんだよねー。今と違って当時はメールもブログもないし、両親もすでに寝ていたから、直後は誰にもあの思いを伝えることができませんでした。それで、次の日の朝早くから学校に行って友人とあの試合について話してたのを覚えています。
あの喪失感は、2年前の神戸との入れ替え戦で降格が決まってしまった時に、久々に味わった気がしましたね~。

気を取り直して・・・・・。
その因縁のドーハで今回勝利を挙げたということは、日本代表にとって過去を払拭するいい勝利になりましたね。次は、来年2月にグループ首位のオーストラリアとの対戦。好調なオーストラリアとの対戦だけに、楽しみです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.20 Thu l 日本代表のはなし l COM(2) l top ▲
今日の福岡は本当に寒いですね~。朝は、雪が降っていたし。その、今日・・・・

~3万ヒット御礼~

アビスパを前面に掲げたブログなのに、最近はアビスパの試合が無いため、ほとんど日記ばかり。その中での3万ヒットで少し複雑な気分ですが・・・。

このブログをはじめて、約6ヶ月。このブログをいつも訪問していただいている方、いつもアクセスありがとうございます。そのほとんどはアビスパを応援されている皆様だと思いますが、中にはアビスパ福岡以外のサポーターの方もいらっしゃいます。皆さんサッカーが好きな方ばかりなんですね、その方々も含め、いつもありがとうございます。何かしら、アビスパ福岡を知るきっかけになってくれればと思っています。


そして、ブログ拍手をいただいている方。ありがとうございます。拙い記事が多い中、読んで面白いと思う記事があれば、拍手していただけると記事を書く励みになります。ただ、それに影響されるあまり、ある時期拍手欄を外そうかと考えていた時期もあったのですが、少しずつでも拍手をしていただいている方もおられますので、これからも継続していこうと思っています。このブログの拍手の総数は、少しづつ積み重ねて、現在450までなりました。人気ブロガーさんの拍手数には遠く及びませんが、これからも地道に書いていこうと思っています。

そして、承認制という面倒なシステムをとっているにもかかわらず、コメントを頂いている皆様。本当にありがとうございます。コメントの承認制を使用しているのは、ネットという無防備な世界に公開している中で、やはりこのブログを荒らしてほしくないという気持ちから。なにとぞ、その気持ちをご理解いただき、コメントをいただければと思っております。こまめにブログをチェックして、なるべく早く頂いたコメントを公開できるようにしていきます。


アビスパ福岡が現在こういう状態の中、あと3試合でシーズンを終えようとしています。間違いなく不本意なシーズンでしたし、現状としては来季に向けて不安でいっぱいです。気づけば批判記事も多くなってきてしまっていますが、アビスパ福岡がJ1昇格に向けていい方向に進むことを祈るばかり。アビスパ福岡を応援する気持ちには変わりありません。

これからもアビスパ福岡の躍進を期待しながら、このブログを書いていきます。まずはJ1昇格に向けて!皆様、これからもブログ 「アビスパ:じぇっと」 をよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.19 Wed l 記念記事 l COM(10) l top ▲
さて、沖縄旅行二日目です。
その前に、いつも僕が沖縄で泊まるホテルです。ホテルは、シーサイドホテル ザ・ビーチ
北谷の海岸沿いの、外人住宅のど真ん中にあるホテルです。北谷の海まですぐそこなので、宿泊客はサーファーの方が多いみたいです。しかも、皆さんけっこう長期に宿泊されるみたいですね。

なぜ、いつもここに泊まるかというと、何より朝食のバイキング会場がすばらしい。5階にレストランがあるのですが、こんな感じです。

081118 ホテル 2

沖縄のすばらしい海が一望できるロケーション。サンセットはもっときれいらしいんですけどね。沖縄の地元の方も、美しい景色を見に、このレストランに食べに来るみたいです。朝からこの景色で食事が出来るのは幸せです。

ホテルをチェックアウトし、普天間神宮にお参りをして、ちょっとその辺りをぶらぶらしてから昼食へ。昼食は、前々から楽しみにしていた カレーバイキング「ふぁぶ」。北谷の海岸沿いにあるお店です。

081118 ふぁぶ 6

カレーはチキンカレー、ビーフカレー、キーマカレー、タイ風カレーなどいろいろな種類があり、サラダも食べ放題です。

081118 ふぁぶ 5


そして、目の前に広がる沖縄の海。
081118 ふぁぶ 2

景色がすばらしく、いろいろな思い出があるカレー屋さんです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.18 Tue l 旅行記 l COM(2) l top ▲
今週末、天皇杯サッカーや野球、バドミントン、ラグビー、マラソン、ゴルフなど興味深いスポーツ満載でしたが、それには目もくれずに南国沖縄へ行ってきました。ゴールデンウィーク以来、半年ぶりの沖縄になります。日中はあたたかいですねー、この季節の本土とは日差しの強さがちがう。まだまだ日差しはじりじりするほど痛いです。

午後から、急いで福岡空港へ向かい沖縄那覇空港への到着は、16:30。空港まで妻に迎えに来てもらって、北谷まで移動し、妻の家族と一緒に楽しいお食事。今回は、ステーキハウスへ。

081115 四季

お店は、北谷の58号線沿いにあるステーキハウス四季ハンビー店。早めに到着したのですが、皆を待っている間に外国人客が続々と入っていってました。なんでも、今日はペイデイ(給料日)だったそうで、こんな日はやっぱり豪勢に家族みんなで来るんですね。

081115 四季 2

ここは、席の目の前に鉄板があって、シェフがパフォーマンスをしながらステーキを焼いてくれます。ステーキ以外にも、パスタやポテトの炒め物など付いていてお腹一杯。今まで、散々沖縄に来ていながら(数ヶ月間住んでいた時期もあるのですが)、こういうパフォーマンスつきのステーキ屋さんは初めてだったので、みんなに逆に驚かれてしまいました。でも、ステーキはおいしかったなー。


食事をした後は、昼間は盆栽の店、夜はスナックの読谷村大木にあるフォーラムへ。
しばらく話をしていましたが、お客さんが途切れると、「カラオケ歌っていいよ」と。
こうなればねー誰も聞いていないことだし・・・

まずは、チャゲ&アスカの「モーニングムーン」で
俺たちが福岡♪ 熱く燃える~ この気持ち~届くまで~ うたい続ける♪

次は、チェッカーズの「ジュリアに傷心」にのせて
Oh My 城後♪ 届いてるかい~ 俺~達の熱い声♪ 
Oh My 城後♪ 久留米のもんなら いけ~撃て~魅せてやれ~♪ 城後♪
  

最後は、ハウンドドック 「ff(フォルテッシモ)」にのせて
アビスパが全てさー、今こそ誓うよ~♪ アビスパの為に~布部~布部~♪

妻と二人で盛り上がっていたのですが、おとうさんが、何のことか分からないような顔をされていたので、この辺でやめときました。
楽しい沖縄の夜は更けていきます・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.17 Mon l 旅行記 l COM(4) l top ▲
20081116154930
沖縄、本部(もとぶ)の喫茶店「風の丘」からです。ここは高台にあって、海を見下ろす景色はすばらしいです。天気は少し悪いんですけど・・・。
沖縄に帰るたびに、よくここに来るのですが、いつも店休日でした。結局、このカフェに入るのは5年ぶりです。猫や犬などたくさんいて、とてもにぎやかです。
2008.11.16 Sun l 喫茶店めぐり l COM(0) l top ▲
アビスパの練習日程を最近はあまりチェックしていなかったんだけど、明日は大分でトレーニングマッチみたいですね。30分×4の変則な試合だけど、大分にはホベルトもいるし、春のプレシーズンマッチは見にいけなかったから、是非見に行きたい気持ちはあるけど(2週連続で大分?ってのはありますけど)、僕は明日からちょっとお出かけです。

行き先は、妻の故郷の沖縄。沖縄は、まだ昼間はクーラーをかけているくらい暑いとのこと。先に行っている妻は沖縄で両親に会ったり、友人に会ったりして楽しんでいるようです。明日は、午前中仕事を済ましてから、午後の便で出発。一泊して日曜の夜の便で福岡に帰ってくるという強行軍。体が持つかな?と心配しているのですが・・最近こんなんが多いんです。
沖縄で何をするか・・・・本当はFC琉球が試合していると良かったんですけどね。残念ながら、今節はアウェーで試合みたいです。前節のFC琉球は、ホームでHonda FCに敗退し、目の前でHondaFCに優勝を決められたみたいで・・・悔しい試合でしたね。

で、本題の沖縄で何をするか。具体的には決めてないけれど、北部にあるおしゃれなカフェもいいし、サーファーが集う北谷の海を眺めながら、カレーを食べるのもいいし、沖縄そばも食べたいし、タコライスもいいですね。全部するには、とても時間が足りないし、そんなにたくさん食べれない・・。のんびりした沖縄でばたばたするのもどうかなーと思うので、何かに絞って楽しんで来たいと思います。

そして、今月末には鳥取行きの予定。夏から山陰へ行きたい、特に三徳山へ行きたいと思っていましたが、肝心の投入れ堂は現在改修工事中との事・・・。それでも強行するつもりですが、冬の山陰って風が強くていかにも寒そうですよねー。できればこのまま暖かい日が続くといいのですが。しばらくは天気予報を気にしながらの生活になりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.14 Fri l 日記 l COM(2) l top ▲
ガンバ大阪が見事にACLチャンピオンになりました。おめでとうございます。
万博での第1戦で3-0と大勝したため、今日の第2戦は勝って当然のような空気もあったと思うけど、何が起こるかわからないのがサッカー。鹿島アントラーズも負けた相手だし、今日の試合でもしっかり勝利したのはさすがです。
BS朝日で生中継で試合を見てたけど、ルーカスの先制ゴールには声を上げて喜んでしまいました。全体的に、試合を支配して相手を圧倒していたし、リードしながら最後まで攻撃する姿勢を示してくれたのは、なんか嬉しかったです。

やっぱり、クラブチームの世界でもJリーグのチームがアジアのチャンピオンに2年連続でなるということは、すばらしいですね。ライバルのオーストラリアや韓国のチームにはやっぱり負けられない。ガンバの西野監督の、「浦和の分も優勝しないといけない」という言葉にも、グッときましたね。

アデレードにも、多くのガンバのサポーターが詰め掛けていたけれど、楽しいオーストラリア旅行でしょうね。アジアチャンピオンは、ほんとにうらやましい(最近、こればっかりです)。アビスパがこの状況だったら、絶対駆けつけたいけれど、休み取れるかなー?とか、何て言ったら休みもらえるかなー?とか本気でシュミレーションしてしまいますね。
まずは、J1に昇格しないことには可能性が無いのだけれど、アビスパにもいつかそんな日がくる事を信じたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.12 Wed l Jリーグのはなし l COM(0) l top ▲
今日は、「感謝のつどい」があったそうですけど

福岡「感謝のつどい」で大久保にソシオ賞・・・日刊スポーツより

ジャンボには何度も感動をもらったし、今年の受賞は納得ですね。ジャンボには、来年もアビスパに残って活躍してもらいたいですねー。篠田監督は、来季への抱負を述べたそうですけど、どうだったんでしょう?

GMの田部さんは来季に向けたプランを提示してくれているけれど。
今シーズンを振り返りつつ・・・・蜂のキモチより

来季に向けた情報収集、交渉は始まっているというけれど、具体的な内容が気になるところです。これからアビスパは、どうなるんでしょうね、ほんとに。まずは、残りの3試合でしっかり結果を出してほしいです。

そして、何かと発言が物議をかもし出しているサッカー協会の会長。あの人は、ほんとにひどいですね~。そもそも、コンディションの問題があるから、その時点の最強メンバーなんて監督が決めるものでしょう。しかも天皇杯に関しては、ルールが無いのに制裁を加えると脅しをかけるなんて、言語道断。これで本当に制裁が加えられたら、ある意味奇跡だと思います。
どのチームも逆らえないから、いいたい放題なんだろうけど、それであればサポーターから声を発信していくしかないんでしょうね。せっかく盛り上がっているリーグ戦に水を差すような発言、この先が思いやられます・・・。

J2鳥栖、勝っても後味悪い・・・日刊スポーツより

個人的には、勝って天皇杯5回戦にすすめたのだから、素直に勝利を喜んでいいと思いますけどねー。ナビスコカップ決勝から選手を入れ替えているとはいえ結構なメンバーだし、大分に勝利したという事実は、変わらないわけだから。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.11 Tue l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
今日は、いろいろなところでサッカーがありました。レベスタでは高校選手権の決勝、ベアスタでは鳥栖が、本城では北九州が試合をしてました。いろいろ迷った挙句に・・・私は九石ドームで大分と千葉の試合を見てきました。
久々にJ1の風に吹かれて、優勝争いと残留争いの真っ只中にいるチーム同士の対戦を目の前で観戦してきました。結果は0-0のスコアレスドローでしたが、お互いにゴール前の攻防が多く、随所にすばらしプレーも見れたし、緊張感があって、見所の多い好ゲームでした。何より、大分は試合前からナビスコカップ優勝の祝賀ムードがありながらも、"まずは1冠”とリーグのタイトルもとるぞ的な雰囲気が漂っており、一方で千葉は昨日の結果を受けて自動降格圏に落ちてしまい、この試合勝たないといけないという危機感が大分までかけつけた千葉サポーターの人数や絶え間なく続く応援からも伝わってきて、否応なしに試合前から中立なはずの自分も緊張を感じずにはいられませんでした。
こう言うのは少し語弊があるかもしれないけれど、アビスパの状況を考えれば、シーズン終盤まで緊張感のあるチームのサポーターとして応援できるのはうらやましい限り。

今日は、友人と朝早くにこちらを出発したので、九石ドームには開門前に着いてしまいました。でも、すでにスタジアムの周りには開門を待つサポーターが終わりが見えないくらいの長蛇の列。今日の九石ドームは、すごかったですねー。年間パスで入場する人の数もすごかったし、ナビスコカップの影響もあるのだろうけど、今日の入場者数は、なんと2万人越えの23517人でした。

こうやって、他チームのホームスタジアムを訪れると、当然いつもアビスパと比べてしまうのだけど、スポンサーさんを大切にする姿勢とか、スタッフの方が観客の状況を把握しようと、わざわざ座っている場所までアンケート用紙を持って来たりとか、いろいろな面で”営業でがんばっている”質の差を感じてしまう・・・。
たとえば、今日は”オメガドライブの日”として「オメガドライブ」という企業が協賛して頂いたのだけれど、オーロラビジョンで紹介するだけでなく、試合前に社長さんの挨拶があり、大分サポーターからは大きな拍手で迎えられていました。

試合については・・・・さすがJ1というスピードと運動量で、スコアレスドローという結果にもかかわらず、自分としては十分に満足のいく内容でした。大分では、ホベルトとエジミウソンのダブルボランチが絶妙だし、ホベルトは周りの影響なのか、時を見て上がっていってシュートするし、なんか福岡にいるときより攻撃的な気がしました。そして、エジミウソンは運動量がすさまじい。中盤の高橋大輔選手や、鈴木慎吾選手の守備でのカバーリング、攻撃への移行も絶妙ですね。そして、千葉は工藤浩平選手と深井選手が小さいので、空中戦では分が悪いけれど、谷澤選手や、ミシェウなどすばらしいドリブラーを揃えて、数多くのチャンスを作ってました。巻誠一郎選手のポストプレーとシュートはさすがだし、もうひとりFW登録の工藤選手が実は中盤でタクトを振っているのも面白かった。
お互いに、守備から攻撃への移行がスムーズだし、常にゴールに向かって進んでいくので、片時も気が抜けませんでした。J1の試合でも、なかなかこんな試合は見れないと思うくらい、内容が濃くて面白かったです。

千葉は、シーズンのスタートが悪かったので今の位置だけど、J1でも現在調子が良いチーム同士の対戦は見所満載でした。選手の能力を生かしながら、その中で集団としての規律を作る。両チームの監督の力量をまざまざと感じさせられました。

比べてしまうのは失礼だけれど、やっぱり今のアビスパは11人でサッカーをしている気がしないんですよね。今は、昇格の可能性が無くなってモチベーションが下がっていることを理由にすることが出来るけど、それは自分としては納得できない。監督が自分の能力をサポーターに示したいのなら、来季のことなど考えず、各ポジションに今ある最大限の戦力を配置して、残り試合でサポーターを納得させられる試合をしてみろと言いたい。
アビスパ福岡にも、一筋でもいいから希望の光を見たい。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.09 Sun l Jリーグのはなし l COM(4) l top ▲
昨日の疲れもあり、残念ながら第1試合の東福岡の試合には間に合いませんでしたので、第二試合の東海大五高校-筑陽学園の試合を見てきました。さすがに、この時期になるとレベスタのスタンドは肌寒いですね。
試合は、両者ともよく攻め、よく守ってお互いに決定打を打てないまま前半終了。ただ、両チームともスペースをうまく使おうという意識はあるようで、誰かが動いて出来たスペースに走りこむ動きをよくしてました。そして、ペナルティーエリア付近では、仕掛けようとする意識が強かったように思いました。そのチャレンジがうまくいかないことも多いのですが、後半少しずつ選手たちの疲れが見えてきて(両チームとも足をつる選手が多かった)するとドリブル突破が威力を発揮し出します。後半に、その選手たちの疲れが見えた隙を突いて、筑陽学園が見事なゴール!その後、必死に攻める東海第五高校も11番の選手の決定的なシュートがありましたが、相手GKの好セーブにあって得点できず、そのまま終了。シュート数は、お互いにあまり多くなかったし、なかなか決定的な場面も作れなかったけど、一進一退の攻防が続いて、なかなかの好ゲームでした。ほんとに、どちらが勝ってもおかしくないゲームでしたね。
高校生最後の大会だから、負ければ終わりという試合。それだけに疲れがみえても、たとえ足をつっていても、選手たちは最後まで必死に走っていました。得点の場面では、筑陽学園の選手・応援団は、抱き合って大喜びしていました。
081102 選手権 1
そして、試合終了のホイッスル後に抱き合って喜ぶ青のユニフォーム筑陽学園の選手たちと、うなだれる黄色のユニフォームの東海第五の選手たち。

081102 選手権 2
これで、決勝は東福岡高校ー筑陽学園の対戦で11/9(日)にレベスタで行われます。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.02 Sun l サッカーのはなし l COM(2) l top ▲
ふーっ。午前中に仕事して、午後から東京日帰りはなかなかきつい・・・。ようやく、強行日程を終えて帰宅しました。

今回の東京行きの目的は友人の結婚式、いい結婚式でした。やっぱり、お祝い事に立ち会える事はうれしいし、久々に大学の同級生や先輩方と会って話をするのは、仕事へのモチベーションにもなるので、いいものです。できれば二次会も出たかったけど、帰りの飛行機の時間が迫っていたので・・残念。東京滞在は、わずか5時間というあわただしさでした。

それにしても、今日の東京はどこへ行っても、トリニータのレプリカユニフォームを来た人ばっかり。羽田に着いたのは16時半で、そこで携帯チェックしてやっと大分がナビスコカップ決勝戦に勝ったことを知ったんだけど、東京モノレールで羽田から浜松町まで行く途中の反対側の車両や、浜松町の駅、東京駅にも、行く先々でトリニータサポが喜々としていました。

結婚式を終えて、羽田に戻っても、自分が乗る飛行機の待合場所はほとんど大分トリニータのサポーターだらけ。大分から大挙して国立に駆けつけているのだから当然ですね。
試合は、まったく見ていないけれど、優勝については、うらやましいの一言。タイトル獲得ですからねー凄いことをしてくれました。やっぱり、アビスパがもしこの舞台に立てたら・・・ってつい考えてしまいますからねー。

「秋天の陽炎」やJ2降格の危機など、大分トリニータというクラブのここまでの道のりは決して平坦ではなかったと思いますが、それらを乗り越えての優勝。大分トリニータに関わる全ての方々、ナビスコカップ優勝おめでとうございます!

アビスパ福岡にも、いつかタイトルに手をかけるときが来ることを信じて、これからも戦っていきます。
にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.11.01 Sat l Jリーグのはなし l COM(2) l top ▲