FC2ブログ
今年1年を振り返ると、石油の高騰からサブプライムに発した経済不況が大きく影響を与えました。日本のサッカー界も、この影響を受けて、今までになくクラブ経営が苦しくなり、当然その影響は選手にも降りかかるわけで、選手を手放したり、選手の年棒を抑えるクラブが増えています。流れてくるニュースでは、「若手の年棒が300万円」とか、「選手全員の年棒を500万円以下に抑える」とか・・。アビスパ福岡でも、中払選手の「来季の提示額が入団時よりも安い」という決して明るくないニュースが多いシーズン終了でした。

サッカー選手の寿命は短く、苛酷な世界。なかなか、30歳まで現役を続けられる選手も少ない中、サッカー選手を目指す子供達に夢を与えるためには、せめて年俸くらい高くないと・・・。

他のスポーツと比べること自体がナンセンスかもしれませんが、プロ野球とは選手の年俸では大きく水を開けられています。プロリーグの歴史の長さが違う、試合数が違う、観客動員が違う。いろいろな要素はありますが、プロ野球と同様に、この国のサッカー、Jリーグにも夢があってほしいと思います。

Jリーグは、1時期の低迷を乗り越えて、徐々に観客動員が増えつつあります。クラブ経営が、その時の経済状況による影響を受けないというのは不可能だと思いますが、不況の影響をできるだけ最小限にできるように、クラブをささえようとするサポーターを少しづつでも増やし、数多くの企業に少しずつでも協賛してもらう。よりクラブ経営を健全化する方向に進まなければいけません。
アビスパにとっても、いち早くフロントが現状の認識を変え、迷いなくクラブを支えられるサポーターが少しでも増えることを願っています。

サッカーに夢を・・Jリーグに夢を・・もちろんアビスパにも夢を!



今年、印象に残っている映画 「ザ・マジックアワー」

マジックアワーとは、「一日の中で最高の瞬間」、つまり夕暮れ時。それを逃すとあっという間に夜がやってくる。そんな時間のことです。映画関係者は、その時間を狙って撮影を行う、最高の瞬間。

080705 レベスタ 夕焼け2

その映画の中での年老いた役者の一節

「マジックアワーを逃した時の一番の方法を知っているか?
それは、明日を待つことだ。マジックアワーは必ずやってくる。この世に太陽が昇る限り。
私だって待っているんだ。次の、マジックアワーを・・、この年になっても未だにね・・。」


今年も、アビスパの試合終了間際の劇的勝利など大きな感動をもらいました。ただ、アビスパの目標に向けての歓喜の瞬間は、まだまだこれから・・。

来年こそ、アビスパにとって、すばらしいシーズンになることを祈りつつ・・。

今年1年間、このブログに力を与えて下さり、誠にありがとうございました。コメント、拍手、アクセスなど、とても励みになりました。来年も、このブログをご愛顧いただきますよう、よろしくお願いします。
皆様も、よいお年をお迎えください!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト
2008.12.31 Wed l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
本日は、仕事納めです。とはいっても、自分の場合は年末まで完全オフとはなりませんが・・・。

その今日から、西日本新聞に、アビスパ福岡の特集が組まれています。本日の特集は「上」としてあるので3日にわたって特集されるかと思います。


どうするアビスパ 「再生への提言」  小さな一歩(市民がクラブを支える)


まずは、いつもレベスタでよく見るバックスタンドの「アビスパビッグフラッグ」。自分も、このビッグフラッグが作られた経緯は知りませんでしたが、サポーターの情熱が詰まったフラッグだったんですね~。
そして、再生のモデルとしてはヴァンフォーレ甲府が挙げられています。
海野社長の熱意は良く知られているけれど、2000年のクラブの債務超過に際して、県内の企業をこまめに回りながらクラブの存在意義を訴えた言葉は、

「クラブは町に一体感をもたらします」

いい言葉ですね。実際にスポンサーの「はくばく」が火災にあったときに、サポーターから「はくばく」商品を買おうと言う声が挙がったのもすばらしいエピソードです。「はくばく」は、今でも甲府のユニフォームスポンサー。強い絆ができましたね。


テレビでもどこでも、「お金がない」と言っているだけでは誰の心にも響きません。
自分の言葉でしっかりと熱意を語ってこそ、人の心は動く。

前回の西日本新聞の特集では600件をこえる反響が寄せられたそうです。それがあっての、今回の特集「再生への提言」。また、私も意見を送ってみることにします。

連載「どうするアビスパ」 ご意見募集します・・・西日本新聞ホームページ

サポーター皆で、小さな一歩を!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.26 Fri l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
クリスマスですね~。でも、クリスマスとは関係ない話題です・・。


クリスマスイブの昨日、家に着いて何気なく「今日感テレビ」を見ていたら、思いがけなくアビスパの話題が。西日本新聞もそうだったけど、最近アビスパのこういう特集が多いですね。

昨日の特集でも、薄ら笑いを浮かべながらふんぞり返ってインタビューを受けるアビスパの社長。アビスパの社長がひどいというこは充分に伝わる内容だったけど、あまりこういう特集が多いと福岡市民がアビスパをどう思うか、応援したいという気持ちになるかどうか心配になりますね。大分の溝畑社長と比べられていましたが、クラブに対する熱意が全然違うことは容易に分かる内容だったし、だいたいアビスパの社長は何を言いたいのか、伝わるものが何もない・・。強いて内容と言えば「お金がない」と「お金がない中でやるのがGMの腕の見せ所」という点ですかね。何よりアビスパの社長が主体となってスポンサー獲得に走ろうという気がないのが何より不快だった。「お金がない」の件については、大分と鳥栖の内容で完全に否定されていたし・・・。それにしても、映像がアビスパの失点シーンばかりだったのも、見ていて苦痛だった・・・。まぁ、特集の内容からすれば、アビスパの得点シーンでみんなが喜んでいるシーンを流すと焦点がぶれるというのは良く分かるんだけど・・。

その社長から頼られている?田部GM。
自分も気づかなかったし、誰も触れないんだろうけど久しぶりにブログを更新していたんですね。

選手育成ピラミッドについて ・・・蜂の気持ち

シンポジウムのことから書いてあるんだけど、今回のシンポジウムは評判悪かったですからね~。育成とスカウティング、ユースのことや話題になったU-12の廃止について書いてあります。一部は先日の西日本新聞の特集で批判されていたことに対する反論がされています。

自分が思うのは、西日本新聞の特集のような記事に対する反論があるなら、きちんと話すべきだしもっとサポーターが情報を共有できるようにするべきだと思う。今回、こういう話題についてブログで書くことはいいことだと思うし、それでこそ西日本新聞での特集を組んだ価値があるというもの。全ての人が、新聞記事を鵜呑みにはしているわけではないと思うし、当事者からすれば別の考えがあってやった可能性だって考えられる。ただ、それは何らかの方法で表現しなければ誰にも伝わらないし理解もされない。このスカウトの件だけでなく、他のことについてもGMの考えを伝えて欲しいと思います。

田部GM本人も感じていることだと思うけど、はっきり言ってアビスパサポーターの中での彼の評価は低い。先日のシンポジウムも、サポーターに対してフロントの方向性を伝えようとする会には決してならなかったようだし、私としてはシーズン前に続けると言っていたブログを病気があったとしても継続してくれなかったことは大きな不満として持っています。
アビスパは、クラブ首脳とのコミュニケーションと言うか情報共有というか、何を考えてクラブが動いているのかわからず批判につながることが多いように感じます。篠田監督は、サポーターへのメッセージの伝え方が上手だから、もっと話す機会を増やせばいいのに・・。GMや監督の言葉は影響が大きいから下手なことを言わないようにしているのかもしれないけど、やはりサポーターがお金を出してクラブを支えている以上、チームの状態が良かろうが悪かろうが、何らかの現状説明が欲しいと思う事も多い。シーズン中はともかく、例えば今のようなオフシーズンであれば選手の動向は誰でも気になるし、契約更改が終わった選手についてはホームページで情報を公開する事だってできるはず。まずは身近なことから少しずつやっていくことが必要だし、その積み重ねが、皆が支持するひとつの要因になると思う。


結局、今年のアビスパについては不満ばかり・・。経済のことといいあまり楽しい話題が出てきませんね。来年こそ、アビスパにとっても希望に満ちた、いい年になることを祈りたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.25 Thu l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
ここ数日、クリスマス会やら忘年会やら、酒が飲めない私にしては珍しく3日間連続での飲み会でした。今年も、あと1週間ですね~。

明日のクリスマスイブは、当然ながら普通に出勤なので、祝日の今日が我が家のクリスマス。
たまにはコース料理でも、ということでランチに行ってきました。

フランス料理のレストラン シャンフレーシュ

住宅街の中にある、こじんまりとしたレストランで、肩肘張ることもなく、落ち着いた雰囲気の中で食べれるフレンチレストランです。今日は、11時前に予約して行ってきました。
そのコース料理のメインディッシュの写真を載せておきます。

081223 フレンチ

こちらが、肉料理

081223 フレンチ 2

こちらは、魚(さわら)の料理。

普段からグルメではないので、内容の詳細はわかりません・・・。

クリスマスランチで一人2600円。料理の味、量ともに十分満足のいくコース内容でした。
2008.12.23 Tue l 日記 l COM(2) l top ▲
残念ながら、昨日のガンバ大阪とマンチェスターユナイテッドの試合、生中継見れませんでした・・・。なので、ほぼハイライトを見ただけの感想ですが、妻が後半30分過ぎからチャンネルを変えれないくらい面白かったといっていたので、いい試合だったのでしょう。
この試合を目の前で見れた観客の皆さんは、羨ましいですね。

ファーストシュートもガンバだったみたいだし、1点を返してから立て続けに3点を取られたのは、残念だけど、そこで落ち込まずに2点返したところが良かったですね。PKの場面では、キッカーの遠藤選手に注目が集まる中、堂々と決めたのはすごかったと思うし。
ただ、パススピードが遅いとすぐにカットされたり、ドリブルに入ったときの迫力や、ルーニーの決定力など力の差もありました。でも、5点を取られても、攻撃的な姿勢で3点を取ったことに意味があるし、選手達が直接対戦してみて刺激になったものも多かったと思います。選手やチーム関係者はともかく、試合を見た人たちが楽しめる試合ができたのであれば、それでいいんじゃないですかね。

西野監督はけっこう厳しいコメント出してますけど。

西野朗監督(G大阪)記者会見コメント・・・J's Goalより

僕自身は面白いとは思っていない。
このゲームを面白いと評価されると、非常に厳しい物を感じる。
逆の展開になるように持って行きたい


勝利を目指して試合を戦ったわけだから、監督としては、そういう気持ちですよね。


試合後、ガンバ大阪の選手達はマンUの選手達とユニフォーム交換してましたけど、安田ミッチェルはさすがです。

安田がCロナウドとユニ交換/クラブW杯・・・日刊スポーツ

「ロナウド、オレはおまえのことを尊敬しとんねん」

大阪弁は、ロナウドに通じたかな~。返事は「笑顔でウインク」ですからね~。
ブログでの報告が、楽しみです。

安田理大 オフィシャルブログ

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.19 Fri l Jリーグのはなし l COM(3) l top ▲
先日行われたアビスパ福岡のシンポジウムや選手との契約、中払選手や、中島選手のことは、正直残念ですね。
中払選手については、出場時間が短いから減棒というのは、あまりに短絡的。試合終盤に出てきて、得点に絡むプレーは、出場時間に関係なくチームに大きく貢献していると思いますけどね~。中払選手は、試合終了後もブログでメッセージを発信してくれるし、サポーターにとっては存在が大きいから、何とか早く交渉がまとまって来季もアビスパでプレーして欲しいけど・・。選手との契約については、気になる選手が何人かいますが、見守るしかありません。


そして、先日のJ1・J2入れ替え戦。残念ながら、自分は見れていないんだけれど、ハイライトで見る限り、やっぱりすごい試合でしたね。入れ替え戦は、毎年そうだけど1点の差が天国と地獄。それだけに、すさまじい試合になりますね。試合終了間際の仙台の攻撃を、磐田がよくしのぎきったなーと思います。


その試合終了後のヤマハスタジアム。




入れ替え戦の試合後、敗れた仙台のサポーターが勝った磐田の選手たちに拍手を送ると、
磐田の選手たちは仙台サポーターの前に集まり頭を下げ、
磐田のサポーターは「ベガルタ仙台」コールを送り、これに応えた。


お互い全力を尽くして戦った後、仙台サポーターから送られたジュビロの選手への拍手。
今シーズンのJリーグを締めくくるのにふさわしい、すばらしい光景です。

スカパー実況の倉敷さんの、一言一言をかみしめるような言葉にも、思わず聞き入ってしまいます。


日本のサッカーはいいですね。

ギスギスしたリーグが世界にはあります。
だけど自分たちのJリーグというものは、
これでいいんじゃないかな、と思います。


にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.16 Tue l Jリーグのはなし l COM(2) l top ▲
昨日は書けなかったけど、チャリティーオークションのトリを飾ったのは、これ。

081213 音サッカー 布さんユニ

2006年シーズン、アビスパ福岡がJ1にいたときの背番号「6」布部選手のアウェーユニフォームだそうです。
自分はこのオークションに参加するでもなく、このユニフォームを見ながらいろいろなことを考えていたけれど、一番思ったのは、「布さんがアビスパの選手としてもう一度J1でプレーする姿を見てみたかったなー」と。布さんはそのためにアビスパに来てくれたのだから・・。
これから、コーチ、指導者としてまた夢を追い続ける布さん。アビスパが苦しいときも、悲しいときも、もちろんいい時にも、アビスパの明るい太陽でいて欲しい。

福岡に骨をうずめる覚悟で今回の大きな決断をしてくれた布さんを、これからクラブとして大切にして欲しい。一時期のことではなく、これから将来に向けて末永~く。

これからいろいろな経験をして、いずれアビスパのすばらしい監督になる。その時、サポーターとして布さんの夢をサポートできたら、最高ですね。

もうひとつの夢にむかって、1歩ずつ・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.14 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
西日本新聞の連載記事は、いいことだと思ってはいるけれど、アビスパのネガティブな面での記事。アビスパに関する明るいニュースもないようだし・・・・・こんな時は選手に会うのが1番ということで、

今日はアビスパ福岡のイベントに行ってきました。

第6回アビスパ福岡視覚障害者サッカーチャリティーイベント ふれあいサッカー教室開催及び参加者募集 のお知らせ ・・・アビスパ福岡オフィシャルより

音サッカーにも興味があるし、アビスパ福岡の選手も参加予定とされている。そして、何より布さんも参加予定と聞いていたので、福岡フットボールセンターまで行ってきました。

081213 音サッカー 2
アビスパ福岡からの参加選手は、布部選手、丹羽選手、山形選手、大山選手、中島選手、ハーフナーマイク選手。
写真は、選手と子供たちとの音サッカーの試合。和んだ表情でプレーするアビスパの選手たちも、まずは目隠しの状態に慣れないようでした。音サッカーのボールは、転がすと音が出るのですが、目隠しの状態では、ボールがどこにあるのかさえわかりません・・。
081213 音サッカー 1
篠田監督は、いつも通り?大きな声で選手にボールの位置を教えて、指示していました。
2008.12.13 Sat l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
やはり選手からも、フロントに対する不満は出ているようですね。

GK吉田 積極補強を直訴 アビスパ福岡・・・西日本スポーツ

「戦力の上積みがないと来季も難しい。お金がない中でどうするかが経営者の腕の見せどころのはずだ」。

それと、吉田選手は2年契約だったんですねー。後がないからこそ、来年J1に昇格したいという思い、よくわかります。
今日は、サポーターシンポジウムが開催されていますが、どういう議論がされているんだろうか?自分は、さすがに行くことはできないのですが、ちょうど西日本新聞の記事が連載されている時期で、その西日本新聞の記者さんもその場にいるだろうし、フロントから今後に向けて何か具体的な改善策が出てくると良いのですが・・。去年も出席していない自分が言うのも何だけど、去年のシンポジウムの議事録を読んで、その後のフロントの活動を見る限り、ただ「シンポジウムを開催した」っていうだけにしか思えませんもんねー。


その西日本新聞の連載 「どうするアビスパ」

<5>願い  クラブは町のシンボル・・・西日本新聞


整備された環境、存在意義の理解、福岡市の魅力。少し書きすぎな感じもありますが、アビスパ福岡というクラブが九州の各地域から期待されている部分はあるんでしょうね。今年1年間、これだけ成績が振るわなかったにもかかわらず、平均入場者数は1万人を越えているし、アビスパはそれだけ魅力をもったクラブのはず。
九州各Jリーグクラブは、クラブの舵を切れるトップに情熱のある人物を配置しているし、その人達の言葉には熱意と、アビスパ福岡に対する期待が込められています。アビスパだけ、後れを取るわけには行きません。

この経済状況の中で、どのサッカークラブも苦しい。クラブが苦しいときこそ、サポーターが支える。でも、ただ支えるのではなく、支えるに値するフロントに早くなって欲しい。このジレンマを、早く解消して欲しい。

すべては、愛するアビスパ福岡のために・・。

アビスパは、いつか必ず良くなる。それを信じて・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.12 Fri l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
西日本新聞の連載が続いていますね。

まずは、昨日の記事から。

どうするアビスパ<3> 不条理 有能な人材を次々解任・・・西日本新聞より

さすがにアビスパ福岡の創世期は、自分が福岡に来たばかりの頃なのでよく知らないけれど、松田監督のことといい、去年の小林さんのことといい、おかしな判断がいろいろありますよね。社長やフロントの目的は不明だけど・・。
有能な人材がいても、うまく生かすことができない。小林さんが来ると分かった時には、とうぜん監督をすると思っていたから、1年でのJ1復帰を期待してたけどな~。昨シーズン終了間際、「現有戦力の活用でどうにかなる」と言われていた小林さんの解任に対しては、「解任するのはそっちじゃないだろー」と思っていたけど、さすがに今シーズン、モンテディオ山形をJ1に昇格させるとは思ってもみませんでした。
それはそれは、福岡の人は言葉にならないくらい、残念に思っていますよ。

善後策もなく監督や選手は解雇される。だが、フロントは決して責任を負わない。その不条理が今なお、まかり通っている。

西日本新聞が、よくここまで書いてくれたと思いますね。
社長が今のアビスパ福岡の現状に対して責任を負うという考えがあるとは思えません。さらに言うなら、現状に対する責任、今のアビスパの窮状、お金がない、ならどうするか?と言うことに対して社長がもっと真摯に向き合わないと。もっと、アビスパ福岡の現状を良くするために、熱意を持たないと!熱意を持てば、自然と人も集まる。人のつながりが増えれば、きっと誰かが助けてくれる、いいアイディアも出てくるはず。
最終戦終了後のセレモニーで、選手達が場内を一周している時、その陰に隠れるように社長も歩いていました。サポーターの前でも、サポーターに目を向けず隠れるようにして歩く社長。この逃げの姿勢・・・。なぜにクラブの代表として面と向かって頭を下げれない?ブーイングをされたから?サポーターあってのクラブチーム。自分が社長として頑張っていると言えるのなら、もっと堂々と歩けばいい。自らをサッカーの素人と呼ぼうがそれは一向に構わない、でもアビスパに愛情を注ぎ、アビスパのサッカーを理解しよう、クラブを理解しよう、サポーターに理解してもらおうとする努力は必要だと思う。プロスポーツは結果が全て、監督・選手にもそれを要求する限り、自分にも責任を負う義務はあるはず。


そして、本日の

どうするアビスパ<4>放棄 いなくなったスカウト・・・西日本新聞

はさらに深刻ですね。こういう若手育成に関する現状ってあまり伝わってこないけれど、田部GMの考え方も時代に逆行している。まずは、下部組織の育成や高校生をアビスパで育てる体制を整えないと・・。こういうことは、いずれ自身に跳ね返ってきますからねー。


「アビスパは、プロ組織の体をなしていない。」

愛するクラブチームが、こう評価される・・・。
サポーターには、つらく、心に重くのしかかる言葉です・・・。

この言葉をしっかりと受け止め、これからアビスパ福岡というクラブが、どう変われるか。
それが大切なことだと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.11 Thu l アビスパ福岡 l COM(4) l top ▲
マイクのマリノス復帰が決まったみたいですね。シーズン当初はどうなるかと思っていたけれど、スタメンで出るようになって変わりましたね。ゴールを決める度に自信をつけていく気がしたし、マイクの成長を感じられた1年でした。せっかくアビスパに来てくれたのだから、もう少しこのチームで活躍して欲しかったけど、マリノスもマイクには期待しているようだし、これからJ1で活躍してもらいたいですね。
1年間、アビスパのためにプレーしてくれて、ありがとう!


そして・・・
実は、最終戦のレベスタで妻が年間パスをどこかで落としてしまいました。いろいろ探したのですが、やはりどこにもなくて、まぁ最終戦だから年間パスはもう使わないからいいかと思ってそのまま帰ってきてしまいました。
そしたら、昨日自宅にアビスパ福岡の方から電話がかかってきて、


アビスパ福岡職員さん  「あなたの年間パスと入れ物と、バッチ(九州ダービー)がついて、

                     あと会員証カードが入っていますが・・・」


妻   「あぁー、見つかったんですねー!」

職員さん  「最終戦来てていただいてありがとうございます。
        
        よろしければ、ご自宅にお送りしますが。」


妻  「ご面倒でしょうし、もう使わないからいいですよ。来年も間違いなく行くと思うので・・」


職員さん   「アビスパ福岡を愛してくれて、ありがとうございます。
          
       このバッチはすぐにはもらえないものだから、ぜひ思い出にとっておいてください。
          
        せっかくの年間パスも、思い出としてアルバムに貼ったりされるでしょうし、
          
        アビスパ福岡の本社で、いつでも取れるようにしておきますから。」



思い出として大切に取っておいて欲しい、大事なものだからいつでも取れるようにしておきます、というアビスパグッズを大切に思う気持ちが伝わったし、妻によれば話の内容がサポーターに近い感覚だったらしく、自分自身もこのエピソードを聞いてうれしい気持ちになりました。アビスパ福岡の職員さんにも、こういう気持ちをもった方がいるんだなー(失礼)、と。

残念ながら、お名前は覚えてないみたいなんですけど、どうもご親切にありがとうございました。また、どなたかテントに届けていただいた方がいると思いますが、この場でお礼を申し上げさせていただきます。
どうもありがとうございました。

081211 バッチ

いろいろあった2008年シーズンの大切な思い出として、とっておこうと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.10 Wed l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
今日の、西日本新聞のアビスパについての記事を読みました。

連載の2回目の題名は  「七社会」頼みにほころび

七社会体制もついに限界が近づきつつある、ということですね。このままでは、アビスパは発展しないし、何より協賛企業が少なすぎる。この記事では大分との比較がしてあるけど、ここまで差があるとは思わなかった・・。この状況をポジティブに考えれば、「ピンチはチャンス」。誰が主導して大きな一歩を踏み出すか、踏み出せるか。福岡という潜在能力を秘めた大都市のクラブであるわけだから、もっとサッカークラブとして魅力を引き出せるものがあるはずだけど・・。アビスパ福岡が誰からも愛される市民球団に、少しでも早くなって欲しいですね。


手術・・・久藤清一オフィシャルブログより

「布さんともう一度アビスパでJ1に行きたかった」の言葉に、また涙が出ました。
決まっていた膝の手術を延期してでも、布さんとの最終戦に出場したかったという久藤選手の布さんに対する思い、今までいろいろなクラブで一緒だった二人の絆を思うと、久藤選手は布さんの思いも背負って来季も戦うんだなーという気持ちが十分に伝わってきました。久永選手か久藤選手のどちらかがゴールしてたら、もっと感動的だったなー。選手の奥様方も布さんとの別れに涙するんだから、当然ながらやっぱり布さんの存在って大きかったんですねー。
最終戦で、「布さんが笑顔で終わらせようとしていた」というのも、今聞くと何となくそうだったような気がします。実際は、練習中や試合中にチャントを聞いて泣いてたかもしれないけれど・・。

アビスパの現在・・・KBCラジオ「中村もときの通勤ラジオ」

12/5(最終戦前日)の布さんは、努めて明るく話しているように聞こえます。アビスパ福岡のキャプテンとして今季を総括しているし、これを聞くと、「最後は笑顔で終わらせよう」としていた布さんの姿勢もわかります。
最終戦、試合終了後の、中村もときさんと布さんの話も気になりますね。

余談ですが、あれだけ寒かった最終戦。寒いから行きたくないという妻を「今日のレベスタに行かないと絶対に後悔する!」と説得して連れて行きましたが、その妻も試合中から私と一緒に号泣。「やっぱり行ってよかった」と言いながら、あの日のレベスタの雰囲気、布さんの言葉に、ようやく布さんの存在の大きさに気づいたようです。

それって、いつも僕が話していたのにねぇ・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.09 Tue l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
西日本新聞が今日の朝刊からアビスパ福岡の連載をしています。

表題は、「どうするアビスパ J参入 迷走の12年」

新聞の1面に、この表題・・。

決して褒められた表題ではありませんが、連載に対する意見・感想をお寄せくださいとのことです。

新連載「どうするアビスパ」 ご意見募集します・・・西日本新聞ホームページより

読者からの反響が大切とも思われますので、皆様も意見を送られてはいかがでしょうか?

私も、早速感想を送らせていただきました。再建策のアイディアでも結構だそうです。

私の意見、私のブログだけでは、それほど影響があるとも思えませんが・・、
小さなことから少しずつ、アビスパ福岡がいい方向に進みますように・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.08 Mon l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
アビスパ福岡のシーズン最終戦。
昨日は、ほとんど布さん中心の話題だったので、今回は布さん以外で・・。

ついにお披露目になった、レベスタのオーロラビジョン。他のスタジアムで、オーロラビジョンを見るたびにうらやましく思っていたから、これでホームレベスタでの観戦の楽しみが増えました。下のほうに、スポンサーさんの名前も出るし、今までより宣伝効果がありますね。
欲を言うと、試合中に時計表示してほしいかなー。わざわざ、反対方向を向くのもねー。

081208 オーロラビジョン
やっぱり選手紹介が違うし、リプレイが見れるところもいいですね~。

そのオーロラビジョンを見ながら本田真吾選手の退団の挨拶を聞く。    
081208 シンゴ 1
高卒新人として入団して3年。アビスパで、その才能を花開かせてあげれなかったことは残念です・・。思ったより明るい表情での挨拶に、少し救われた気がしました。
まだまだ若いし、次のチームで活躍して、いい選手になってほしいです。

081208 ウフィー
シーズン前半のアビスパを支えてくれたウッフィー。やっぱり、退団を惜しむ声が多いですね。
今日も、サポーターからタオルマフラーなどもらってました。次のチームでの活躍を祈っています。

081208 ジャンボ 1
サポーターとタッチしながら場内を一周してくれたジャンボ。今シーズン、いろいろ大事な場面でゴールを決めてくれてありがとう!終了間際の劇的なゴールは、レベスタで数々のドラマを生んだし、感動的だった。ジャンボの感動的なゴールがあったからこそ、苦しかった今シーズンを乗り切れた気がします。勝利後のパフォーマンスも楽しみだったし、ジャンボがサポーターと選手との距離を縮めてくれたかな~。最終戦の試合後に出したコメントは微妙だけど、自分としては来シーズンも当然アビスパに残ってくれると思っているんですけどね~。

081208 ダイキ 1
サポーターと握手しながら丹羽大輝選手。
彼が加入してから、DFの最終ラインが安定したし、得点にも絡んでたし。
特に、アビスパデビュー戦でのヘディングゴールはセンセーショナルで印象に残りました。


マーク・ルダン選手も、怪我などで思うように活躍できなかったけど、アビスパのために来てくれてありがとう。大きいから、いるだけで存在感がありましたけどね。
081208 何を思う

そして、移籍話で何かと話題の中村北斗選手。サポーターの方を向きながら、何を思う・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.08 Mon l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
小雪舞う中、昨日の福岡は寒かったですね~。2008年アビスパ福岡のシーズン最終戦、布さんのアビスパでの選手として最後の試合。布さんのチームへの影響の大きさ、サポーターの心の中での存在感、もう涙が止まりませんでした。

当初、自分は前半だけの予定でレベスタに行ったんだけど、実際行ってみると帰れない・・・。後半開始時には、とりあえず帰る準備をしたけれど、惇君のスーパーゴールが決まってしまうし、ジャンボの追加点も決まり・・ついに布さんがキャプテンマークを巻いて途中出場。こうなったら、余計に帰れるわけありませんね・・。
しかも、事情があって、今までで始めてレベスタのゴール裏で観戦したんだけれど、これがなんかすばらしかったんです。ゴール裏から見た惇君のスーパーゴールはそれこそすごかった。それは、今日お披露目になったオーロラビジョンのおかげもあるのかもしれないけど。マイクの先制ゴール、惇君のスーパーゴール、ジャンボのゴールと3得点もオーロラビジョンでのリプレイが見れて良かったー。

そうこうしているうちに、仕事のことを忘れて、ついに開き直っている自分がいて、結局セレモニーを最後までみてからレベスタを去りました。まぁ、その後も何とかなったし・・・。ただ、自分自身の気持ちの切り替えは難しかったし、明らかに目ははれているし鼻も真っ赤だし・・・ある意味この寒さがカモフラージュになりました。


昨日は、試合前から篠田監督が「布さんの最後の試合のために」ということで、チームにかなり気合を入れてたんですね。試合開始当初は、相手にいいリズムで試合をすすめられている時間帯もあったけど、先制点を取ってからは、運動量も多かったし、全体的にいい展開で進めてましたからね。
その中で、見事な3得点。惇君は、来季に期待を持てるいいプレーしていたな~。北斗も、前線でよく絡んでいたし。

ただ、自分にとって昨日の試合のハイライトは布さんが途中出場してから、そして後半30分すぎからのアビスパサポーターから終わることのない布さんのチャント。私も大声で歌っていたけど、声がかれてかれて・・涙も出てくるし、声が出ない・・。

アビスパが~♪ すべてさ~♪ 今こそ~♪  誓うよ~♪
愛を~♪ 込めて~♪ 布部~♪ 布部~♪


いつまでも終わらない布さんのチャント。太鼓が鳴り止んで、アビスパサポーターのアカペラの部分は、ほんとに感動的だったな~。いかに、アビスパにとって布さんの存在が大きいか、選手・サポーターを含め、それがスタジアム全体で体言された試合だった。

081206 布さん 1

試合終了後のセレモニーでは、布さんに精一杯の「布部コール!」。全ては、アビスパのために、これからのアビスパのために、これからも力を合わせよう。そんなサポーターへの気持ちが、ひしひしと伝わってきました。

081206 布さん 3

挨拶をする布さん。

081206 布さん 2

布さんへのサポーターからのメッセージ。
布さん、ありがとう。アビスパのために、ほんとにありがとう。

最終戦・・・布部陽功オフィシャルブログ

布さんがチームを離れることは考えられませんよね。自分もまだ実感が湧きません。正直、他チームでプレーする姿も想像できないし、アビスパのコーチとしての姿も想像できない。あるのは、布さんが背番号「6」アビスパ福岡のユニフォームでプレーする姿だけ・・。

081206 布さん 4

サッカーって、すばらしい。アビスパって、すばらしい。
その感動を味あわせてくれた布さん、アビスパのために、たくさんの感動をありがとう!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.07 Sun l アビスパ試合後感想 l COM(2) l top ▲
明日は、いよいよ今季最終戦。おそらく前半終了までしか見れないだろうけど、レベスタに行きます。試合前の雰囲気を感じ、試合開始のホイッスルから応援して、泣く泣くスタジアムを去ります。
試合終了後のセレモニーの選手代表挨拶は、やはりキャプテンの布さんかなー。布さんの挨拶、この耳でじかに聞きたかったなー。場内を1周するときだって、布さんとサポーターのやり取りがあるだろうし、それをこの目で見届けたかった・・。

唯一不安なのは、明日の天気。寒いのは構わないけど、雪が積もるのは困る。車はもちろんのこと、電車でも行けなくなるし・・、でもまぁ、多分大丈夫でしょう。


明日のためではなく、今のために戦う。この1戦に福岡のすべてをかける
・・・中倉さんのJ's Goal プレビューより

来期のことを伝えられてからも、いつもの練習と変わらず全力で行う姿勢。いかにも布さんらしいなーと思う。やっぱり、布さんは布さん。この姿勢が、サポーターの心をつかむんでしょうね。
明日の試合でも、布さんらしく全力でプレーしてほしい。ベンチだろうが、ピッチだろうが、試合にかかわる一員として。
そんな布さんのアビスパでの最後の勇姿を、しっかりと目に焼きつけ、全力で応援したい。
願わくば、布さんの得点で、最高の勝利で今シーズンを締めくくりたい。それ以上のことはありません。

最後は、布さんと一緒に皆で明るい笑顔で・・。は、やっぱり難しい。たぶん、いや必ず、明日は涙していると思います・・。
布さんが得点を決めまくってアビスパと再契約とか、そんな奇跡ってないかなー?
その思いが、どうしても消えません・・。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.05 Fri l アビスパ福岡 l COM(4) l top ▲
早くも、年の瀬。今日は、今年第一弾の忘年会でした。
その中で、毎年恒例のプレゼント交換があって、自分が出したプレゼントは、いつか売り出していたアビスパ福岡のマイバッグとトレーディングカード。匿名のはずだけど、やっぱり僕が出したとすぐばれます。

でも、これを機に場がアビスパ福岡の話題で盛り上がる。これは、狙い通り。

「アビスパ勝てんやないのー!」

「J2でしょー!」

腹は立たない。むしろ、そんな声にもめげず、アビスパの魅力を存分に語っておいた。
確かに問題は多いし、満足な成績も残せない。勝てないから応援しないという人もいるだろう。でも、頭の片隅にでも僕がアビスパを応援しているということが残ればいい。それが、アビスパを知るきっかけになればいい。

誤解を生む表現かもしれないけれど、弱いところも一つの魅力。苦しい時代を乗り越え、強くなっていくアビスパをしっかり支え、見届けたい。負けたときの悔しさと、それを超える勝ったときの喜び。今現在、低迷しているからこそ、いつかタイトルを取ったときの感動は、言葉では言い表せないものになるだろう。

布さんのこと、高卒新人として獲得しながら戦力外にしてしまった本田真吾選手のこと、フロントのこと、育成のこと。

多くの不満があるけれど、それでもアビスパがある限り、それを超える大きな魅力がある。
今日話しながら感じたアビスパがある幸せ、大好きなアビスパの選手たちをスタジアムで応援できる喜び。

それらをかみしめながら、布さんを思いながら、今季最終戦のホームレベスタに向かおうと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.04 Thu l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
来期の非契約選手の発表などがあったもんだから、忘れかけてたけど・・

そういえば、日曜日はベストアメニティスタジアムに鳥栖ー仙台の試合を見てきたのでした。

試合内容はともかく、写真を紹介してみます。

081130 と<br />っと 1
鳥栖サポさんと、ウィントスくん、とっとちゃん。
2008.12.03 Wed l Jリーグのはなし l COM(2) l top ▲
いくつかある布さんのトレーディングカード。久々に見直していました。

081202 トレカ 3

2006年の布さんのカードの紹介には、なつかしいエピソードが・・。

081202 トレカ 4

「J1・J2で200試合以上の出場経験を持つベテラン。今期は、リーダーシップを期待されC大阪から移籍。副キャプテンを担っている。第24節C大阪戦では約5ヶ月ぶりの勝利を呼び込む貴重なゴールをあげた。」

これを読むと、苦しかったけれど多くの感動をもらった2006年シーズンの記憶が甦ります・・。
アビスパ福岡の1つの時代を担ってくれた布さん。布さんの熱い気持ちが、自分をアビスパ福岡の魅力に引き込んでいった気がします。
あらためて、感動をありがとう!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.02 Tue l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
昨日のアビスパ福岡からの発表の衝撃をまだひきずっています・・。
これから布さんがどういう決断をするのか、見守るしかないですね。まだ今シーズン1試合残っているので、まずはシーズン最終戦でしっかり勝つこと!契約満了になった3選手、布さん、本田真吾選手、ルダンのためにも、それしかありません・・・。

各クラブが契約満了選手の発表をしていますが、今年のオフは各クラブとも思い切った決断をしています。J1でも、東京Vは主力選手との来期の契約を軒並みしないと発表しているし、J2でも岐阜は13選手、徳島は15選手の解雇を発表しています。岐阜では、薮田選手や吉村選手が契約満了に、徳島でも昨シーズンアビスパに所属していた柴村選手が残念ながら契約満了です・・。

クラブとして成績を残せなかった以上、プロである以上仕方のないことなのかもしれませんが、それにしても切ないですね~。チームのサポーターとしては、自分の好きなクラブに所属する選手には大きな思い入れがあるし、クラブの新陳代謝に必要だからという理由だけでは納得できないものがあります。特に、今シーズンけっこうな試合数出場しているのにもかかわらず契約満了というのは、自分自身以前から違和感を感じていた部分だったし・・。クラブ運営については、分からない部分もあるけど、せめて減俸で来季の契約ができなかったのか?という気分にもなります。

カズ選手もテレビのインタビューで話していたけど、サッカーはJリーグにかかわらず、いろいろなカテゴリーがあるのだから、どのサッカー選手にも体力・精神力の続く限り、現役でプレーして欲しいと思っています。布さんも、まだまだ現役でやり残したことがあると思えば、選手としてプレーして欲しいと思うし、そこでいろいろな経験をして学ぶこともたくさんあるだろうから、その経験をアビスパに戻ってきたときにまた還元してくれればいいと思います。

アビスパ福岡というクラブで現役を終えるという布さんとアビスパサポーターの夢は、かなわなかったけど、一度きりしかないサッカー人生。
布さんには、悔いのない決断をして欲しいと思います。

                 080930 布さん 2

ホーム最終戦では、布さんの心に響く、精一杯の「布部コール」を!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2008.12.01 Mon l アビスパ福岡 l COM(8) l top ▲