FC2ブログ
今日の試合のポイントは、今シーズン初めての「ボランチ丹羽大輝」が機能するかだったと思うんだけど、あと前線は配置が少し違ってましたね。でも、大輝選手が久々のボランチ起用で慣れないのか、DFラインに入っているときほどの落ち着きが見られず、うまく機能しない時点でサッカーになりませんでした。今さらシステムをいじったところで、守備の仕方・攻撃の仕方以上にもっと根本のボールのつなぎ方が共通理解としてないので、変化は期待できないとは思うのですが、それでもやっぱりうまくいって欲しいとは願っているから、試合前は少しは期待してましたが、実際に試合を見てやっぱりという感じです。システムでの混乱があったのか、高橋泰選手がしきりにいろんなポジションの選手達と話をしていたのが印象的でした。



最近の試合を見ていると、いくら自分自身のモチベーションを上げようにも気持ちは正直で、最近は試合第一というよりまずは自分のことをしてから出かけることが多いです。以前のように、開門直後にスタジアム入りして、その日の試合に思いを馳せるなんてことはなくなってしまいましたね。数時間後には明らかになるであろう試合結果を気にしてドキドキ感を感じることもなくなったし、そのため徐々にレベスタ入りの時間が遅くなりつつあって、今日は朝起きてから、40分くらいランニングして、シャワーを浴びて、ご飯を食べてから家を出るという具合でした。それでもいつもは席がたくさん空いているのですが、今日は東京ヴェルディ戦ということで?、いつもよりは混み合ってましたね。ただ、やっぱりサポーター団体の応援や横断幕はなし。レベスタには、ヴェルディサポーターの声だけが響いてました。


太陽が照り付けて、しかも湿度53%という蒸し暑さのせいか、いつも以上にアビスパのプレスがかからない。レアンドロ選手にフリーでロングシュートを決められてあっさり失点するし、運良く1点を返せたのは良かったんですけどね、まぁスローイングでさえも、ゴールに向かうボールを入れておくものです。ユースケがゴール前にしっかり詰めていたからこそのゴールだけど、やっぱりゴール前では何が起こるかわからないものです。レベスタが得点で盛り上がっているうちに、ナカジのFKからユタカのヘディングシュートが決まっていたらよかったんだけど、そんなに上手くはいきません。後半、PKで勝ち越しゴールを入れられてからは、なおいっそう退屈な時間帯が続き、リードしている相手に余裕を持ってボール回しされて、アビスパは何もできず。自分たちのボールになっても、DFラインで目的もなく回さざるをえない。相手にリードされているにもかかわらず、早く終わらないかなーと思ってしまうくらい退屈なサッカーでしたよ。というより、サッカーになっていたのかな~。

最近の流れと同じなので改めての感想はありませんが、だんだん試合を見ること自体が苦痛に感じつつあります。レベスタの試合は、再来週までないので少しホッとしていたら、次週はそういえばアウェー鳥栖戦じゃないですか~。決して楽しみではありませんが、行かないといけませんね~。


で、今日の試合後はソシオ会員の意見交換会。
このことについては、時間があれば、また改めて書きたいと思っています。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト
2009.06.28 Sun l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲
ないものねだりと分かってはいても、やっぱりこんな時、チームに布さんがいたらな~と個人的には思ってしまうんですよね。アンバサダー兼コーチとしてクラブに関わっていたとしても、いつもチームに帯同しているわけではないから、関わるにしても限界がある。もちろん布さんがいたからといって、必ずしもチームが良くなるとは限らないんだけど、それでもね~。
選手から出てくる、コミュニケーションをもっととらないと、の声。布さんがチームにいた昨シーズンも出ていた言葉だから、悪いときにはこういう状態になるんだとは思うけど、今みたいに昨シーズンに輪をかけて危機的な状況にあり、特に監督に指導力を求めるのが酷な状況にあっては、布さんがいれば選手達の気持ちをもう少しはまとめられるんじゃないかという期待を抱かずにはいられません。
チーム内で選手同士がコミュニケーションを取るとは言っても、試合に出るメンバーを決めるのは監督だし、実際に選手の誰かがリーダーシップをとってみんなで議論するってなかなか難しいことだと思うんですよね。その点、布さんは苦しい状況の中でリーダーシップを発揮できる人だと思うんですよ。抜群の存在感と人間性で皆をひきつけるものを持っているし、自分も少し時間をかけてお話させてもらったことがあるけれど、あの引き込まれるような話し振りには、なるほどと納得させられるものがありました。実際に2006年シーズンに何とかチームを立て直して入れ替え戦まで持ち込めたのは、布さんの力が大きかったと思うし、今回布さんがブログでも書いてくれているように
「いつも思うのは、この悪い状況の時にこのチームにいられて良かった」
という強いメンタリティを持っている選手ですから。この言葉、布さんらしいな~と思います。

布さんの気持ちを改めて知ると、自分も苦しいときこそクラブを支える。この気持ちを忘れてはいけないという気持ちにさせられます。まぁ、その気持ちに平気で水を差すフロントがいるから、どうしても気持ちがぶれてしまうのですが・・。

大敗続きについつい自暴自棄になってしまいそうですが、布さんの言うとおり、クラブにとっても選手達にとってもサポーターにとっても大切な次の1試合を、しっかり戦っていかないといけませんね。たとえそれが、どんな形のものであろうと。
もちろん自分も今まで通り、できる限りスタジアムに駆けつけます。すべてをこの目でしっかり見届けるために。


話はまったく変わるのですが、この曲良いですね~。
夜の11時頃にゼクシィのCMで流れるので、以前から気になっていたのですが。



チョウは青い空を舞う~♪

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.06.26 Fri l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
本当は、昨日の試合直後に更新するつもりだったのですが、なぜかネット自体がつながらなくて、遅れてしまいました。その分ちょっとだけ冷静になれて、良かった?のかも知れませんけど。

仙台戦は勝利したものの、内容は相変わらず。次の愛媛戦も内容はひどかったし、決定力があるチームが相手だとこんな試合もいつかしてしまうのかなぁとは感じていたけれど、甲府相手に0-6の大敗。内容的にもひどくって、やろうとしていることがはっきりと伝わってくる甲府と比べると、まるで大人と子供のサッカー、まさに屈辱にまみれてましたね~。特に、後半のピッチに立った選手たちはつらかったでしょう。やっていて楽しいはずがないし、試合が早く終わってくれと願っていたと思います。5点取られても、6点取られても、1点でも防ごうと必死に好セーブを繰り返すGKの吉田選手が痛々しかった・・・。組織は崩壊していて、お互いの信頼関係もない、パスコースがないからバックパスをするけどそれを相手にかっさらわれてゴールを決められる。もう悲劇という段階を通り越してますよ。
甲府まで駆けつけて応援された皆様、本当にお疲れ様でした。この試合を現地でサポートしたことが決して無駄ではなかったと思える日が来ることを、信じましょうよ。

選手達のモチベーションを上げられない、チームを1つの集団として構築できない。あらゆる面からして、この体制でやっていること自体がもうおかしいでしょ。チーム状態が改善していく道筋なんて見えているはずがないし、むしろよく続けていられるなぁと感心しますよ。もちろん生活のことなどあるかもしれないけど、このままではただの恥さらしになってしまいます。そのうち福岡のサッカーってそれなりに話題になってしまうんじゃないかと思いますね。甲府戦のスカパーの解説者の方はそれなりに気を使ってくれていて、アビスパについてやんわりと触れてくれていたんだけど、最後は言葉も出ない感じでしたからね。
そもそもは、アビスパ生え抜きの監督をフロントがこうならないうちに守ってあげないといけないと思うんですよ。S級ライセンスをとったばかりで、指導経験のほとんどない人に監督させているんだから、こういう状況になる前に辞めさせて経験を積ませて何シーズン後かに再度監督として復帰させる方向性もあったはずなのに、こうやって1人また1人と大切な人材をつぶしてしまう。人材を大切にしないクラブに誰が貢献したいという気持ちになりますか。フロントのやることは本当に誠実さに欠けていて、人間味も感じられない。

まぁそれでもね、こうやって文句を言いながらも大好きなクラブを見守っていくしかないんだろうけど、このままだとみんな疲れきっちゃいますよね。純粋に週末の楽しみとしてアビスパの試合を見に行く人って、この状況ではほとんどいないでしょ。スタジアムに行ってむしろストレスを抱えて帰ってくることがほぼ見えてしまっているわけだから。普通に考えたら、営業努力なんてもの関係なく観客は減りますよね。

一方の甲府は、上昇気流に乗っていて、勢いがあります。平日にも関わらず9058人も動員し、ハーフタイムには花火も上がっていたし、大量得点でお祭り騒ぎだったでしょう。J's GOALのプレビューを読んでも勢いがありますからね。
「甲府の若手・新戦力が続々発進。雨が降っても小瀬には星が輝く」
いいタイトルだなぁと敵ながら思います。

一方の我がアビスパ福岡。
いつになったら「博多の森には星が輝く」だろうか。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.06.25 Thu l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲
当初は、この愛媛戦はアウェー参戦するつもりで動いていたんだけど、結局仕事が入ってしまったので予約をキャンセル。その仕事の予定を何とかしてでも行けばよかったのに、っていう感想が出るくらいの試合を期待していたけど、想像以上にひどかったですね~。現地まで行かれた皆さま、応援お疲れ様でした。
自分自身は、試合の途中で出かけたんだけど、前半30分でいくら風下とはいえ押し込まれまくってあっさりと2失点、GK吉田選手の好セーブや相手の決定力不足がなければもっと点を取られてもおかしくないくらいのひどい内容だったんで、なんの未練もなく出かけられてしまいましたよ。

今シーズンよくあるアビスパの姿を見せられただけなんで、本日の試合で改めての感想って特にはないんだけど、シーズン中にいくらチームの調子の波があるとはいえ、こんな試合を今シーズンどれだけ見せられるんだろう。アウェーの試合をスカパーで見ていると、だいたい試合が始まった当初から解説者がアビスパの悪い部分について指摘がはじまるんだけど、そんなに言わなくても自分達は嫌と言うほどいつも見せられてますからね~、十分にわかってますよ。でも日ごろアビスパを見ていない解説者にはある意味、今のアビスパのサッカーって衝撃的なんでしょうね、ひどすぎて・・・。それなりに名前も知られて能力がある選手達を各ポジションに揃えながら、この程度のサッカーしかできないのかって言う感じですかね。自分は、すでに腹も立たなくなったけど、選手達がどうなってしまうんだろうと心配になります。もちろん、プレーをするのは選手達だし、暑さのためか疲れのためか走れないのも選手達。ただそのコンディションの悪い選手を起用しているのは、監督本人ですからね。最近は、またかよって感じなんだけど、監督が試合後コメントでサポーターに謝罪コメント出すのって、これで何回目なんだろう・・・。修正すべき点が修正できない、反省が次に生かされない人は、この世界では生きていけないでしょ。そもそも修正点が理解できているのかさえも疑問だし、ハーフタイムの選手達への指示もそうなんだけど、試合中に聞こえてくる言葉も具体性がなく、どれだけ時間をかけてもチームとしての意思統一はできてこない。この監督は、いったい何のためにいるんだろうか。

負けるどころか、これだけ可能性のない試合を見せられるのも、少しずつ慣れてきてしまっていて、意外とあっさりとしています。こんなんでいいのかな~。決して上位のチームじゃないのに、結果も内容も完膚なきまでにやられてしまっている。せめて内容でもよければ、まだ希望が持てるんだけどね。
ほんとにこのままでシーズンを乗り切れると思っているんだろうか。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.06.20 Sat l アビスパ試合後感想 l COM(6) l top ▲
なかなかブログに向かう時間がなくて・・・なんて更新を怠っていると、あっという間に時間がたってしまいますね。忘れないうちに、仙台戦の感想を書いておきます。

最近、土日出勤をすることが多く、仙台戦の日も仕事終わりで急いでレベスタへ。レベスタへの到着は、試合開始1時間を切っているというのに、駐車場はガラガラ。観客が少なくなったことを寂しく思うとともに、これが数年前の観客が多い時期だったら駐車場がなくて困っただろうと、喜んでいいやら悲しんでいいやら複雑な気分。しかも、当然スタジアムに入ればこの時間にも関わらず観客少ないし・・。という感じで、残念ながら勝利に対する執念が、少しずつではありますが、薄れてしまってきていることを実感してしまう・・。相手は、好調の仙台ということで、選手達には申し訳ないのだけど、正直自分は勝てることを予想していませんでした。

最近、というか4月からずっとですけど、昼休みに数人の仲間とサッカーをやっているのですが、実際にここ最近の暑さは尋常じゃないです。自分達がやっている時間なんてほんの20分かそこらだけど、息は完全に上がって、汗は噴出すし、大変です。あれだけの暑さの中で走り続ける両チームの選手達は、普段からトレーニングしているとはいえ、厳しかったでしょう。この試合で得点を挙げた岡本選手は、試合終了後に熱中症で出て来れなかったくらいだし。

まぁ、この蒸し暑さの中でよく我慢して、カウンターから先制点を取れたのがすべてでしょうね。ジャンボのパスカットから、ユタカ、英也、辰徳の3選手が良く走って、3対2。最後は、岡本選手が落ち着いた見事なゴール。あれくらいの距離から、確実にゴールが決めれると大きいですよね。その後も危うい場面がありながらも久々に緊張感がある残り時間を何とかしのぎ切って試合終了。後半の終盤は、お互い体力的に厳しい選手が多かったし、正確性に欠いてしまってましたからね。フリーでヘディングを外してくれたのは本当に助かった。それでも、今シーズン初出場の長野選手も良かったんじゃないですか~。相手のシュートを体を張って防いでいたのが印象的でした。チームが調子が出ないからこそ、出れずに悔しい思いを持っている選手を使って欲しいですね。クギもそうだけど、みんな良いモノをもってるんだから。
レベスタでの仙台戦は、なんだか最近妙な相性の良さがありますよね。去年の仙台戦も、相手が暑さにやられてしまっていた印象があります。

ホームレベスタでの勝利は、ほんと久々。勝利の感覚なんて、すっかり忘れてしまってましたよ。勝利が決まった瞬間に歓喜に浸る選手達の表情。ゴールが決まった時の、岡本選手のベンチへと走っていく喜びの表情。アシストしたユタカのガッツポーズ。そのユタカを祝福する、キャプテン辰徳選手の表情。選手達が胸を張って喜ぶ姿を見れたし、先制してから勝利の瞬間まで、必死に前線からプレスをかける選手を後押しするスタジアムの拍手で久々に一体感が感じられたし、それが結果につながってほんとによかった。どんな状況であろうとも、忘れかけていた勝利することのすばらしさを改めて感じましたよ。この試合で見せてくれた執念を、また次も見せて欲しいと思います。

あと、私は昨日の意見交換会には参加できておりません。さすがに日曜の19時~21時というのは、朝の出勤時間が早い自分には終了時間が遅すぎて厳しいです。これが言い訳にすぎないのは重々承知ですが、それだけ無理したとしても得るものがないだろうというのも残念ながら過去の意見交換会から感じてしまっているものなんでね。参加していない自分には、ああだこうだと言う資格もないわけですが、意見交換会に参加された皆様、本当にお疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.06.15 Mon l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲
20090613151423

勝利の味はいいものです。選手も必死に戦ったし、皆が笑顔になれて、本当によかったなぁと。
英也ナイスゴール、ユタカ、ナイスアシスト!
ありがとう。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.06.13 Sat l アビスパ福岡 l COM(6) l top ▲
祝・W杯出場!
まずは明るい話題から。それにしてもタイミングが、かなり遅れてしまいました(苦笑)。何しろ疲れ果てて早くに寝てしまって試合をリアルタイムで見ていないものですから・・。ハイライトを見る限りは、白熱して、緊張感のあるいい試合だったみたいですね。岡崎選手の泥臭さも良かったし、勝てて何より、後は本番で結果を出して欲しいですね。それより気になるのは、ほんとにW杯を南アフリカで開催するのでしょうか・・・。


さて、本題です・・・アビスパはホームで勝てませんね。
前半は裏を取る動きをする前線の選手に対していいボールが出されて、いい形もできていたし、ボールを支配していたのはアビスパなんだけど、何気ない決定的なミスから失点。そして気がつけば、アビスパの前半のシュートは「0」。Jリーグのスローガンじゃないけど、シュートを打たなければゴールは決まらないでしょ。サイドチェンジの意識があるのはいいことだと思うけど、それに満足するのかそこからの展開に乏しくてゴールチャンスまではいかないし、相手からすると脅威でもないから、それだったら何のためのサイドチェンジだったのか疑問に思ってしまう。確かに、雁ノ巣でも試合前のボール回しでも、この練習しているのは見てるんだけどね~、でもコレだけではゴールにはつながらんでしょ。ゴールを決めるためには、むしろ次の展開に得意のパターンが欲しいのだけど・・。
後半は、ジャンボの同点ゴールが決まって歓喜の瞬間を迎え、スタジアムが皆の拍手で久々に一体感が生まれたかなと感慨にふけっていたら、その直後に決まるのは相手の勝ち越しゴール。なんか、このパターン今シーズン多いよな~。

最近の試合からすれば、いい展開もあったし、ボール回しもいつもよりスムーズ。期待が持てる内容ではあったんだけど、結局90分終わってみれば、またまた敗戦なんですよね。だんだん敗戦に慣れてくる自分が怖いです。何だか自分の中で、ある一線を越えつつあって、なるようにしかならないし、ゆっくりチームを見守っていこうかという気持ちです。チームがこんな状況にまでなってしまうと、本格的に昇格争いする力をつけるのにも継続的な時間がかかるでしょうからね~。

日曜の夕方の試合にもかかわらず、観客は5142名。意見交換会の日時が決まるまでにも時間がかかるし、フロントの動きも悠長ですよね。金銭的な問題で、体制を代えることはできないという姿勢が前提だから、逆に何の焦りもないのかもしれないけど、意気込むサポーターに対して肩透かしのような姿勢を示すっていうのも、なんだかね~。

まぁ自分なりの楽しみを見つけながら、これからもアビスパを応援していきますよ。
ただ次節の仙台戦は、カードフェスタがあるとのことで、これは楽しみです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.06.08 Mon l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲
昨日の横浜FC戦での久々勝利で勝ち点3。いや~ほんと長かった。これだけ勝てないと、勝利したときの感覚って忘れてしまうものですね。それとやっぱり、こういう時は誰か新たなヒーローが出てくるものです。
この試合でナカジに代わって左SBで先発の釘崎選手。正直、試合前は起点になれるナカジがいないのは厳しいな~と思っていたけれど、試合が始まってしまえばそんな不安はどこへやら。クギ自ら持ち上がってシュートは打つし、特にこの試合で右CKを任されたのが大きかったですね。CKから見事ジャンボの頭に合わせて豪快な先制点。その後も、守備では相手CKからの枠へのシュートをヘディングで防いだり、あれだけ遠い距離から相手GKが弾いてしまうほど強烈なFKを豪快に蹴りこんだり、あとは詰めた城後選手がしっかり決めてればね~。試合開始直後に先制点かと思われた豪快なシュートを放った岡本選手とともに、釘崎選手は前半の試合の流れを見事に作ってましたよ。前半だけでシュート10本。最近ではこんな積極的なアビスパの試合見たことがない。

後半になると、リズムがなくなって相変わらずの試合展開だったけど、それでも守備陣が良く頑張って無失点。釘崎選手も守備に関しては、まだまだこれからだし、失礼な話だけど相手が調子を落としている横浜FCだからこそあれだけのプレーができた点も確かにあると思います。でもね、これからに向けて新しく希望をもてる選手が出てきてくれたことは大きいですよ。正直、意外でしたけどね。今までは、監督からは好まれるけれど、出場機会には恵まれずに怪我をしたりでいろいろ苦労しているし、彼のプレーからは今の立場に対する危機感や、何かやってやろうという積極的な強い気持ちを感じました。やっぱりこういうハングリーさを前面に出す選手が出てきて欲しかったんですよね。それにしてもあのすさまじく強烈なFKは痺れたな~。

勝利の瞬間、自分はスカパーを通してだったんで「やっと勝てたよ」って感じだったけど、試合後の選手達の表情を見ていると、勝てない間は随分と苦しんでいたんだな~とあらためて思いました。ジャンボはこんなに勝てないのはサッカー人生で初めてと言っていたし、「感慨深いものがある」の言葉にはなぜか笑わされてしまいました。試合後のマイクを持ってのジャンボ劇場も、そんな気持ちの裏返しですよね。こんな状況でも応援してくれるサポーターへの感謝の気持ち、帰っていく時もサポーター皆とタッチしながら帰っていっていたし。サポーターにとって、心に響くすばらしい姿勢です。
久々に勝てて、皆が笑顔になれて、本当によかったと心の底から思いますよ。

これで全てが解決するわけではないけど、やっぱりこの勝利が何かのきっかけになることを期待したいですね。順位表だってまだまだ見れないけれど、次のホーム草津戦でも勝利して、少しずつでも上がっていって欲しいです。クギの躍動感あるプレーも見たい。

そして・・・いつの間にやら、70000ヒット。いつも皆様、本当にありがとうございます。
何とか勝利で飾れて、よかった(笑)。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.06.04 Thu l アビスパ試合後感想 l COM(2) l top ▲
チームがどんな状態であろうと、試合は待ってくれません。現状では、試合間隔が開いたとしても何かが変わるわけではなさそうなので、結局は同じことか・・・などと何だか試合する前からネガティブでになってしまいます。

いくらクラブを批判しようとも、アビスパの試合は気になるし、さすがに現地までは行けませんが、明日は家でしっかりスカパー観戦の予定です。現地まで行かれる皆様、こんな状況だからこそ選手への後押しをよろしくお願いします。なんだかんだ言っても、自分もこのクラブから離れられない一人なんだな~と実感してしまう。下位チーム同士の対戦だからこそ、勝って何かが変わるきっかけになればと思います。
やっぱり好きなクラブが負けるより、当然勝つほうがいいに決まっている。実際に試合になれば、プレーするのは選手だし。選手起用も、先日のホームでの試合後はあんな感じだったわけだから、いい加減に良く考えて先発メンバーを決めて欲しいですね。いつまでたっても改善の見られない選手を使ってもと思うのですが、せめて監督のそのこだわりさえなければ、もう少し活気のあるチームになってますよね。

まさかアビスパがこんな順位にいるとは、思いもしなかったな~。
まぁ、アビスパ福岡というクラブにとって、どうしたって直面すべき試練なんでしょう。
今はそう考えるしかない、クラブが前に進むために。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.06.02 Tue l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲