FC2ブログ
アウェー熊本戦、想像を超える大雨の影響で行くのは大変だったんですけど、帰ってきたら満足感でいっぱいでした。最近の試合では結果は悪くないけど、サッカーの内容的にはイマイチ、今回は勝ち負けはともかく、「アビスパのユタカを応援しに行こう」その一心で熊本に駆けつけました。やっぱりですね~、今の状況は泰に申し訳ないという気持ちがあるんですよ。泰だけではないけど、必ずしもいいパフォーマンスができるチーム状態になってない。J1への昇格を目指せるクラブでのプレーを望んでアビスパに移籍してきてくれたのに、現実としてそれとは程遠い状況。ゴール数もまだ少ないし、周りからもいろいろ言われたりすると思うんですよね。アウェーの古巣熊本では当然大ブーイングだろうから、少しでも「アビスパに移籍してよかった」と思わせるためにも、自分達のユタカコールで守らないといけないだろう、自分達を熊本まで足を運ばせたのは、ある種そんな使命感みたいなものですよ。
そうは言っても、自分達は何とか無事に帰ってこられたので結果オーライみたいな部分があるのですが、大雨の影響で熊本まで来られなかった方々も多くいたみたいですし、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

土曜日の時点では、雨もあがって晴れ間も見えていたし、日曜の熊本戦は大丈夫だろうと思っていたのですが、日曜の朝は窓に雨が吹きつける音で目が覚めました。しばらくは様子を見ていたのですが、いっこうにやむ気配はないし、それどころかますますひどくなる。これは降雨量が増えて高速道路が止まるのは時間の問題だろうととっさに判断して、予定よりかなり早く家を出ました。高速に入ったところで福岡ICと大宰府IC間の通行止めを知ったのですが、その時点では事の重大さを知らなかったので仕方なく福岡都市高で迂回、「休日高速1000円なのに・・」なんて思いながら走行してましたが、崩落のきわどいタイミングだったことを後から知って、本当に怖くなりました。聞けば10時前には、崩落の危険性があるからこの区間を通行止めにすることは決まっていたみたいですけどね~。やっぱりこういうのを聞くと、責任ある社会人たる者、こんな大変な時に出歩いてはいけませんね。
途中すごい雨でしたが、前日フロントガラスに撥水剤をつけていたのもあって、何とか速度を落として無事に熊本インターまで。しかし、モブログで送ったとおり、早く着きすぎましたね。やることがない(笑)。幸い雨は小康状態だったんで、ブラブラと歩き回ってました。それでも徐々にアビスパサポーターの方が集まってきているのを見ると、なんか感慨深いものがありました。みんな苦労しながら熊本まで来たんだろうな~と。

雨のKK WING。いいスタジアムですね。サッカー専用ではないけれど、傾斜がついていて見やすいスタジアムでした。
雨の KK WING
ピッチもあれだけの雨にもかかわらず水溜りもないし、選手達もプレーしやすそうでした。
ユタカにとっては、プレーし慣れたスタジアムですね。

期待するのは、古巣相手のゴールでしょう。
ユタカフラッグ

試合前の挨拶。アビスパの勝利、ユタカのゴールを祈って。
選手あいさつ

前半は、モブログで送ったとおり退屈なサッカー。守備的にいったとは言うが、実際は相手にいいようにパスを回され、最後の決定力のなさに助けられているのが現実。サイドからどんどんクロスがあがってましたからね、選手達からは前半の出来が課題という言葉も出てましたが、これからもこんな展開が続くんだろうか。後半、その停滞する空気を破ったのは岡本英也選手。中へ走りこんだ久藤ちゃんも大きかったけど、あの難しいシュートをよく決めたな~と。本人も、コメントで当たらなかったと言っていたけど、あれが入るのも彼の技術が高いからでしょう。スカパーの解説の方も、「事故みたいなもの」とか「あんなのが入ってしまうから」とか散々な言い様でしたけど、あれが入るのは彼にそれなりの技術的なベースがあるからだと思いますよ。そうは言っても、ゴール裏からみていてあのゴールが決まった瞬間は正直驚きました。ワンテンポ遅れて、歓喜の雄たけびを上げたと思います(笑)。何にせよあのスーパーゴールで完全に流れは、こちらに。高い位置でパスカットする場面も出てきたし、そんな中でジャンボと惇君で2点目。極めつけは、ユタカのゴール。ジャンボと城後選手の高い位置でのプレスから、うまくフリーのユタカにボールが転がり、GKとの1対1を冷静に決めて3点目のゴール。この瞬間が歓喜の最高潮でした。古巣相手に、アビスパのユタカをアピールするゴール。ユタカ、本当によかったね。大声で飛び跳ねて、あまりの嬉しさに涙が出ましたよ。この試合では、何本もシュートを放っていたし、この流れならいつか決めれるんじゃないかな~と思っていたので、期待通りでした。欲を言えば、その後も出続けてもう1点でも2点でも取って欲しかったですね。もっとゴールできる雰囲気があったし。
とにかく勝ててよかったけど、最後はちょっとヒヤヒヤしました。特に終了間際の2失点目は余計でしょ。前半からさかんに突破を許している右サイドの市村選手をケアしないといけないのに、むしろ長野選手を入れて混乱した感じなかったですか。采配が理解しがたいのは、ここらへんですね。せめて水を差さないで欲しいです。

090726  3-2

試合後、選手達の勝利の挨拶。勝つって、ほんといいものです。
勝利の挨拶

博多の男なら~♪にのせて、ジャンボ劇場。後ろで見守るヨシさん。
ジャンボ劇場
他の選手達はさっさと行ってしまったから、みんなもう少し待ってよーって感じですね。
ユタカは、試合後の歓喜は控えめ。当然ロアッソ熊本にも大きな思い入れがあるだろうし、なかなか古巣のサポーターの前で表立って喜ぶって言うのは心情的に難しいですよね。それでもゴールしたことで、表情はいつもよりずっと明るかったし、このままどんどんゴールを決めて欲しいです。それだけに次節出場停止は、痛かったかも。それにしても、あれだけ試合出てて出場停止がプロになってから初って凄いですね。

ジャンボがヒーローインタビューで言っていたのが、「ユタカがゴールを決めれてよかった」。選手達にも、「ユタカのために」っていう気持ちがあったでしょうね。サポーターもそう思って、ユタカコールをしていたし、一体感を感じられたいい試合でした。最近、こういう誰かのためにという試合に強いアビスパ、感動的ですね~。これでこそ、アウェーまで駆けつけた甲斐があったってものです。
月曜日は久々に職場で、にやけてしまうのが止まりませんでしたよ。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト
2009.07.28 Tue l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲
20090726230455
前半は相変わらず、退屈なサッカー。後半にそんな空気を破ってくれた岡本っちは、天才です。ユタカもゴールできてよかった。欲を言えばフル出場してもう1点とって欲しかったけど。2失点は邪魔だけど、何より勝てたことが嬉しい。久々の博多へ帰ろう、をもう少しゆっくり歌いたかった。最後に失点しなければね~。
家まであともう少し、気をつけて帰ります。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.26 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
20090726134412
雨だからと思って早く家をでたら、早く着きすぎました。途中はすごい雨だったし、通行止の箇所もありましたが、こちらはそこまで強い雨でもありません。開門まで何かして時間をつぶします。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.26 Sun l アビスパ福岡 l COM(1) l top ▲
明日は、熊本も雨予報ですね~。昨シーズンの水前寺でのロアッソ熊本戦も雨の中での試合でした。北斗の逆転ゴールでの勝利、今年もその再現といきたいですね。

それにしても、昨日の雨は凄かった・・。朝、家を出るときにはこんなことになるとは予想だにしていなくて、朝刊の天気予報を見て折り畳み傘を何とか入れた程度の認識だったのですが、会社を出るときにはすでに結構な雨に。偶然に昨日は帰宅時間が早くて、これは電車そろそろ止まりそうだな~と思いながら何とか自宅最寄の駅まで。もうすでに雨の影響で快速は運休になっていました。そしたら妻から電話があって、「車が道路に溜まった水に浸かりそうになっていた」と。自分が帰宅する時間がもう30分遅れていたら、すでに出せない状態まで沈んでいたかもしれません。その1時間前には駐車場はなんとも無かったみたいですからね~。帰宅後は、車を安全な場所まで置きに行って、自分達はズブズブと水の中を通り抜けて自宅まで。自宅は少し高い位置に建てられていて、まだまだ余裕はあったんだけど、すぐ隣を流れている川の水位もその時点ですでにぎりぎり一杯だったし、あわてて満潮の時間を調べました。そしたら、23時半頃が満潮だということが判明して・・・あわてて避難用グッズを押入れから取り出して準備しました。いったん雨脚が弱まったので少し油断していたのですが、また深夜から雨が強くなって水位はますます上がるし、0時頃には警察か消防の方が見回って避難指示を出すかどうか話し合っているようでした。幸い、何事も無く朝を迎えることが出来たのですが、仕事で出かけた飯塚の方は凄かったです。床上浸水したようで後片付けをしている店をいくつも見かけたし、今日行った職場も朝の7時頃までは近寄れない感じだったそうです。行く途中にも、今までなかったはずの池が出現していたりと、実際は田んぼに水が溜まっているんですけど、とにかくあちこちに爪あとが残っていて驚きました。遠賀川の河川敷も水がきていて無くなってましたしね~。河川敷では、いつも子供達が野球したりしているんですけど、今日はバックネットが水の中で立っていて、流れてきた木のくずやらがたくさん引っかかって見るも無残な状態でした。今夜も雨が降っているので、まだまだ油断できませんけどね。

そんな大変な金曜日でしたが、こんなことになろうとは予想もしていなかったので、妻は朝から雁ノ巣へ。練習を見学した後、ついに購入した高橋泰選手のレプリカユニフォームにサインを入れてもらってきました。やはり古巣熊本戦を前に気合が入っているようで、楽しそうに練習に打ち込んでいたそうです。熊本戦で先発で出れることを、明日はどの選手より期待したいです。

090724 雁ノ巣
その後、筥崎宮まで行ってお守りを2つ買ってきたようです。泰選手が怪我をすることなく笑顔で楽しいサッカーができますように、という意味が込められているそうです。

で、雁ノ巣からの帰りに信号待ちで偶然ジャンボの車と隣同士になったようで、妻は思わず窓を開けて手を振りながら大声で「ジャンボー!ジャンボー!」と声をかけて、振り向いたジャンボに向かって思わず親指を立てて「グーッ!」としてしまったようです。ジャンボはかなり驚きながら走り去ったらしいですが・・。ついついジャンボに会うと親近感がわいてしまうみたいで・・。ジャンボは昨日も雨の中、居残り練習に励んでいたみたいです。

さて、明日はこの二人に頑張ってもらって、勝利するしかないでしょ。何より、泰のゴールが見たい。雨にも負けずに、明日は熊本へ駆けつけますよ。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.25 Sat l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
昨日はこちらでも部分日食が見れたみたいで、なんか曇ってきて暗くなったな~と感じたのがその頃だったみたいですね。職場の入り口のところから見えたらしいのですが、やっぱり太陽を見ていると「目が痛かった」らしいので、積極的に駆けつけるわけでもなく仕事に追われるうちに見損なってしまいました。急に周りが明るくなったので、結構な影響だったんですね。まぁ自分は元々天体とか苦手な分野なんでね、学生のときの太陽と月の関係とかさっぱりで必死で流すようにしていたんで、まぁ日食のメカニズムとかテレビでも親切に教えてくれるんでわかりますけどね。ただ、これが予想できなかった昔の人々は、ある日突然皆既日食で周りが真っ暗になってしまったら驚くだろうな~と、しかも7分近い時間ですからね~、この世の終わりが来たなんて本当に思うかもしれませんね(笑)。


さてそんな中レベスタに駆けつけた徳島戦です。
前節湘南戦で、試合終盤に劇的な逆転勝利をおさめても、やっぱりサッカーの内容は相変わらず。試合後の選手コメント見ると夜露でピッチがぬれていた影響があったみたいですけど、それにしてもお互いの距離とパススピードがめちゃくちゃじゃないかと。これは以前からあることなんだけど、なかなか改善していきませんね。次はどう動くか決まりごとがなくて余裕がないのが一番の要因なんでしょうけど、いつになったら少しはいい方向に向かって行くのか・・。徳島もいいサッカーはしていると思うけど、徳重選手が不在だったのが大きかったんでしょうね~、インパクトのあるプレーはお互いに少なかったです。そんなこんなで退屈な前半でした。陽が落ちていく夕暮れの福岡の街並み、その中で福岡空港に着陸する飛行機はきれいだな~とそっちの方が見ごたえがありました。
後半から少しずつ動きはあったんですが、選手の故障による選手交代でDFラインがなじまないうちに失点してしまった感じですかね。ここらの隙を突かれるのも、アビスパにはありがちなパターン。それでも、これで淡々と試合が終わらなかったのは前節逆転勝利したプラスの効果でしょうか。DF長野選手が前線に上がっていったのを合図に怒涛のパワープレー。こうなるとやっぱり「89分の男・ジャンボ」は強いですね~。CKから完全に頭1つ抜けて見事にゴールを決めてしまうんですから。勝ち越しゴールを狙った最後のCKも、本当に迫力がありましたよ。もう少し時間があれば・・とは思いますが、少しスイッチが入るのが遅かったですね。結局、同点どまりだったけど、それでも大きな見せ場が作れて良かったんじゃないですか。まぁ何とかね、この状況は選手達の力で打開するしかないですよ。
ただ気になるのが泰です。ついにはロングスローまで・・・これだけ決定力のある選手はむしろゴール前にいて欲しい存在なんですけどね。しかもまたロングスローが上手なんですよ。この選手は本当に何でも器用にこなしますね。同点につながったCKも、泰のロングスローから。点取り屋のFWというよりどんどん中盤のチャンスメーカー的な存在になってしまっているのが、見ていて切ないです。途中出場が定着しつつあるし、しばらくゴールからも遠ざかってますからね。ジャンボの同点ゴールに、泰の逆転ゴールだったら次に繋がる文句なしの試合だったな~。
本人としても現状に満足がいっているわけがないし、少し元気がないみたいだけど、次節はアウェーで古巣の熊本戦ですからね~、相手からのブーイングを力に変えてゴールを奪って欲しいですよ。試合を盛り上げるためにも先発で出して欲しいですけどね~、こちらはもちろん全力で「ユタカコール」後押ししますよ。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.23 Thu l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲
20090722210954

サッカーの内容は、相変わらず。それでもパワープレーであろうとゴールを決めたのは大きい。とにかく選手たちには、自信を持ってプレーして欲しいですよ。アビスパ福岡の一員であるという誇りを持ってね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.22 Wed l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
サッカーって、ほんと分からないものです。84分までは完全に湘南のペース。0-2で何も出来ずに敗戦どころか、あと何点か取られそうな雰囲気さえ漂うスタジアムに、流れを変えたのは岡本選手のワンチャンスをものにしたゴール。首位を走る湘南でさえ、こんなこともあるんですね~。今まで試合後のコメントで、福岡のサッカーをこき下ろしてきた反町監督のまるで悪夢を見てるような表情がスカパーの画面に映るたびに、溜飲を下げた気分で気持ちが良かったです。内容的には課題が残りますが、今日のところはいいでしょう。

個人的には、平塚球技場って何となく相性がいいイメージがあるんですよね。特に七夕マッチってアビスパが勝っている印象がある。まぁ、これだけ勢いが違う2チームに相性がどれだけ通用するのかわからないけど、やっぱり相性ってあるんですかね~。湘南としては、80分を経過してあまりにも自分達のペースで試合を進めれているんで、少し油断した部分もあったのかもしれません。前半なんてアビスパのシュートは1本もありませんでしたし・・。84分に1点目の起点となるパスを出した宮原選手もあの流れで、集中力を切らさずにあのパスをよく出せたな~と。それでも残り時間数分で1点リードだったら、逃げ切れると思いますよね~。それがジャンボの後方からの難しいフィードを見事な右足ゴールで追いついてしまうのだから、サッカーって恐ろしい。おまけに、勝ち越しを狙って前がかりになった湘南をあざ笑うかのような速攻から、最後は再びジャンボが決めて劇的勝ち越しゴール!現地にいたら、大騒ぎで本当に感動しただろうな~。

試合後のヒーローインタビューで、ジャンボが「前節決定機を外していたんで練習しました。それが結果に出てよかった」と言っていましたが、実は妻が先日の木曜、金曜と雁ノ巣に練習を見に行ったら、ジャンボが居残りでシュート練習を繰り返していたみたいなんですよね。さっそく練習の成果が出てよかったですね~。やっぱり繰り返し練習することですよ。ただ妻が見た限りでは、シュート練習はヘディングばかりだったみたいなんですが、今日はどちらも右足のゴールというのは愛嬌でしょ(笑)。まぁそのあと足でのシュート練習も、してたかもしれないですけどね。それにしても、すばらしい右足ゴールでした。
次節、徳島戦に勝利したらジャンボ劇場をするみたいですからね、平日だけどスタジアムに駆けつけるしかないでしょ。順位的にもチーム状態的にもはまだまだだし、やりにくいとは思うけど、サポーターも楽しみが必要ですからね~、何とか勝って久々にホームレベスタでジャンボ劇場をやって欲しいですよ。

こんな状態でも、アビスパにも意地がある。選手達が最後まであきらめずに気持ちを見せてくれて本当に良かった。次節も勝利して、何とか浮上のきっかけにして欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.19 Sun l アビスパ試合後感想 l COM(2) l top ▲
20090718200302

1-0で、北九州の勝利。最後は防戦一方だったけど、GK水原のPK阻止とスーパーセーブで、大いに盛り上がりました。こういう試合ができれば、お客さんも入りますね~。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.18 Sat l JFLのはなし l COM(0) l top ▲
20090718171409

今日は、本城です。少し曇っていますが、まだまだ暑い。本城では珍しいナイターです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.18 Sat l JFLのはなし l COM(0) l top ▲
今さらの栃木戦です。
試合前に、突然前触れもなく社長が出てきて話してましたね。他の言葉は、全く耳に入ってこないのに「ACL」という単語だけ、しっかりと聞こえました。この方、「ACL」って何だかご存知なんですかね?出場資格とか・・。あなたが就任して以来、クラブをここまでの状態にしておきながら、よく言えますよ。思考が1人だけ別次元ですからね~。もはや失言のレベルを超えてます。周りも気を使って社長に現状を理解して欲しいと努力していると思うんですけどね、そろそろ「自分が社長ではない方がクラブがうまくいくのかもしれない」という本人の気づきが欲しいですね。この職が「おいしい」のであれば、クラブ経営が苦しい状態である以上、それはそれで大いに問題のはずだし。

ここの部分はさらっと流すつもりだったんだけど、ついつい熱くなってしまうもので・・。
それはともかく、栃木戦勝ててよかったです。というのは、友人が自分のアビーゴSAチケットを使って観戦に来ていたものですから。内容は何より、勝ててよかった。友人は、アビスパが好きで、年に数試合はレベスタにも足を運んでいるので、試合中は応援したり拍手したり、思い入れはかなりのものなんですけど、今シーズンは初の観戦。まぁ内容は問わずに勝ててよかった。それにしてもスタジアムの人の少なさには驚いてました。

友人は、楽しんで帰って行きましたけど、まぁ何と言うか勝っても後味の悪さと言うか、複雑な気持ちは残りますね。栃木だってお世辞にもいいサッカーをしていた感じはないし、それにもかかわらず失点の危機は突然訪れる。高橋泰選手が岡本選手といいワンツーでの飛び出しから、いいクロスを上げて、それを田中佑昌選手が良く決めて勝利したけど、今までの大敗を引きずっているような、試合後選手達の表情もホッとはしていたけど、いまいち冴えませんでしたね。それでも最終ラインに入った丹羽大輝選手は安定していたし、久藤ちゃんもボールを受けてさっと前を向ける技術はさすがと言わせる存在感を出してくれていました。久藤選手は、膝の具合があるのでフル出場は厳しいかもしれないけど、最終ラインにはやっぱ大輝でしょう。

栃木の松田監督も久しぶりですね。松田監督には、いろいろな評価があるとは思うけど、自分は大いに感謝していますよ。なんと言ってもアビスパをJ1昇格に導いてくれた方ですからね。
松田監督率いる栃木に勝ったからといって、社長には変な勘違いをして欲しくないです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.16 Thu l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲
20090711211744

勝利の感覚を、忘れてしまいそうですよ。
佑昌ナイスゴール!ユタカにも、ゴールを決めて欲しかったけど、勝てて何より。
しばらくは、この余韻に浸りたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.11 Sat l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
水戸相手に0-5の大敗。90分間が、ただただ辛かったですね~。試合自体は、緊張感もなければ伝わるものも何もない。試合前、発表されたスタメンを見てがっくり来てしまうくらいだから、やっぱりこんな試合になってしまいますよね。少しくらいは、学習して下さいよ・・・。

チームがこんな状況にもかかわらず、現地まで駆けつけた皆様、お疲れ様でした。今日の試合の唯一の希望は、今この状況でも平日のナイターに駆けつけるサポーターがいたことでしょう。

水戸のディフェンスがすごく良かったとは思わないし、1点でも入っていたらまた違う展開になっていたのかもしれないけど、何が何でも点を取るぞという雰囲気はチームからは伝わってこない。監督が試合中にさかんに叫んでいる攻守の「切り替え」は相変わらず遅いし、やっとできたチャンスにも決められない。その挙句に失点は、あっさり。過去を振り返っても仕方がないけれど、2007年シーズンの笠松でのアウェー初戦は、アレックスらの活躍で5-0でアビスパが勝っていたんですけどね~、2年経過した今では、逆になってしまった以上の差を感じます。クラブが変わらないといけない、このままではいけないという1つのシグナルだと思うのですが、それを受け止める側が気づかなければ、どうしようもない。練習中から、規律を重んじてきびきび動くというごくごく初歩的なことから見つめ直さないと何も変わらないでしょう。

スカパーを見ていてつらいのは、実況と解説者の言葉ですね。十分にわかっています。あとは、監督に言ってください。スカパーにアビスパの監督が映るたびに、不快な気持ちになります。監督が辞めてくれればという気持ちと、辞めても後任が見つけれるとも思えないしこれからどうするんだ、という気持ちが堂々巡りを繰り返す。アビスパはこれからどうなってしまうんでしょう。クラブ自体を嫌いになれれば、考えの外に追いやれればどんなに楽だろうと。でも皆がクラブに無関心になった瞬間に、このクラブは終わりだろうとも思います。

まだまだシーズンは半分が終わったばかり。
これからアビスパは、どこへ向けて進んでいくのだろうか。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.08 Wed l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲
ダービーは悔しい敗戦。夕方から風通しのよいスタジアムと、夕日に映えるアビスパサポーター、選手達が最後まで点を取ろうと怒涛の攻撃を見せてくれたこと、サポーターも最後まで声を出して支えられたことで、試合後は久々に清々しい気持ちになりました。試合後挨拶に来た選手たちを久々の「拍手」で迎え、サポーター席へ小走りで真っ先に駆け寄っていったジャンボとGK吉田選手を見届けながら、次は絶対に勝利しないととの思いを強くしました。ダービーは、負けてはいけない。

鳥栖の岸野監督の試合後のコメントを見ると余計に悔しさがこみ上げます。試合終了後に顔を覆ってピッチに座り込んで喜びを表す姿からも、ダービーに掛けていた意気込みが伝わってくるし、それに比べてアビスパの監督は・・、残念ながらこのダービーをどう捉えていたのか、伝わってくるものがない・・・。ダービーは、ただの1試合ではない。鳥栖は、絶対に負けてはいけない相手。
采配は、問題点ばかりだし、理解できない部分ばかりでとてもすべてを書ききれないんだけど。そもそも長身のマイクが先発出場してくると分かってて、なぜあのCBコンビかな~、と。背丈がマイクの肩くらいしかない(ように見える)のに、90分間抑えられるわけないでしょう。なぜに長野選手をベンチまで入れておいて使わない?案の定3点目をヘディングで決められているし、長野選手を起用しておいて、取られたなら仕方がないと納得するしかないけど、その場での最小限のリスク管理もできないのに、これ以上は無理でしょう。これ1つを取ってみても、本当にダービーの重大さが分かっているのか疑問に思えてしまう。

采配はひどくても、選手達は最後まで気持ちを出してプレーしてくれましたよ。もちろん、相変わらず展開はスローで、走る量も絶対的に足らない。バックパスは多いし、前に向かうパスはつながらない。それでも1点を返してからの惇君のFKからの惜しいシュートを含め、ちぐはぐな感じはありながらも気持ちを出して頑張ってくれたかな~と。少なくとも最近の試合では、たとえパワープレーでもここまではできませんでしたよ。シュート数も19本と相手を上回っているし、得点の匂いがする決定機の数も結構多かった。それが試合後に清々しさを感じられた要因だと思います。

夕日に映えるアビスパサポーター。
090705  夕日に映えるサポ
「進退かけて闘え」
この言葉に、監督はどう感じたのだろうか。

090705  昨シーズンのツートップ
マイクをマークするジャンボ。
昨シーズン終盤のアビスパのツートップを、こういう形で見るとは思ってもみませんでした。

090705  試合後挨拶
ダービーでの敗戦に、うなだれる選手達。

090705 試合後挨拶 2
ジャンボ、吉田の両選手に促されるように最前列まで近寄って挨拶する選手達。
次こそは、しっかり役者を揃えて、リベンジして欲しい。


ダービーでの敗戦は、ただの1敗ではない。その重みを感じて、これからに向かって進んでいって欲しい。この敗戦を生かさないと、何のための悔しさか分からない。ここからクラブが改善していくのであれば、この敗戦も意味があったというもの。クラブ幹部にこそ、この悔しさを強く感じて欲しい。それでも、この状況の中で選手達が心に持っているプライドを少しでも感じられて良かった。自分も、帯状疱疹の痛みがある中、ここまで駆けつけた甲斐があったと思える試合でした。

ダービーは、アビスパサポーターにとっても鳥栖サポーターにとっても特別なもの。選手・監督・サポーター・マスコミを巻き込んでお互いの意地と意地がぶつかり合う。だからこそスタジアムが独特の雰囲気になるし、選手たちも最大限の力を出し合う。今回のダービーでは、拍子抜けだった前回のダービーとは違い、今できる限りの状態での死力を尽くした試合になりました。
ここに「ダービーがある幸せ」。ベアスタは言うまでもなくすばらしいスタジアムだし、いつかJ1でこのダービーを戦ってみたい。そんな気持ちにもさせられました。そのためには、まずはアビスパ福岡が、ここでとどまっている訳には、いかないですよね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.05 Sun l アビスパ試合後感想 l COM(2) l top ▲
20090704180851

ベアスタです。
勝ちしかない!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.04 Sat l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
さて、明日はサガン鳥栖との今シーズン2度目のダービー。
そのダービーを前にして、実は今週の半ば頃から左のふとももあたりにピリピリした痛みを感じていたのですが、今朝から赤い発疹が出始めて、基本的に痛みに弱い私は周囲にアピールする方なんで、運良く今日のうちに薬をもらうことができました。診断は「帯状疱疹」だそうで・・・。最近、疲れていたのかな~。休日出勤したり、ランニングをしたりもしているけど、自分ではあまりストレスを感じたり疲れが残っているという自覚はなかったんですけどね~。
実際にズボンや下着が発疹部分に当たるだけで激痛だし、薬を飲みながら安静にしていることが基本だそうですけど・・・明日のダービーを家でじっと見ていられるわけもなく、本日チケットを買ってきてしまいました。明日の午前中はすでに仕事が入っているし、明日はとても安静にはできそうもありません。アビスパが勝利してくれれば、こんなもの何でもないんですけどね~。

まぁ前回のダービーは、アビスパのポゼッションサッカーが機能しないということが自分なりに分かってきたというか、そういう1つのきっかけではありました。試合中に見ているこちらも集中力がなくなる感じがでてきたのも前回のホームでのダービーだったし。あれ以来、チームとして試行錯誤はしているんだろうけど、根本の問題は一向に解決する気配がないので、ここらで1つダービーをきっかけにして欲しいという、ごくごく淡~い期待は抱いています。この痛みを押して駆けつけた一戦が、記憶に残る感動的な試合にして欲しいと思います。ダービーの良いところは、その時の調子に関係なく選手もサポーターも熱くなれるところ。90分間、緊張感と期待感で溢れる試合にして欲しいです。

サガン鳥栖では、ハーフナーマイク選手が絶好調ですね。自分は、アビスパ福岡というクラブに所属している選手に対しては強い思い入れがあるけれど、いったんアビスパを離れてしまうとそこまでの感情というのは沸かないし、ましてや今回は敵として戦うわけですからね、アビスパのDF陣には何が何でもがんばって欲しいです。あの身長は明らかにアビスパにとって脅威ですけど、昨シーズンの仲間に活躍させるわけにはいかないでしょ。そりゃ~アビスパ以外の試合で活躍するのはもちろん嬉しいし、応援もしてますけどね。

明日は、天気も良さそうだし、熱いダービーになることを期待しています。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.03 Fri l アビスパ福岡 l COM(1) l top ▲
今日は梅雨の中休み、昨日はすごい雨でしたね~。家の隣の川が氾濫しないか心配だし、電車は遅れるしで、大変でした。なかなかブログの更新もままなりませんが、先日のアビスパ福岡後援会ソシオの意見交換会について簡単に。

自分がソシオの意見交換会に参加したのは今回が初めてで、はがきで申し込みをして参加に至りました。自分がアビスパ福岡の後援会会員になっていても実際の活動や、自分が支払った会員費(年間1万円)がどんなところに使われているかなど興味があったし、もしかしたら自分自身が役立てるところがあるかもしれない。そんな気持ちで参加しました。

東京ヴェルディ戦は、サポーターの応援はボイコット、しかも試合内容も不甲斐なかったし、何一つ希望は見えず。それでも気持ちを取り直して参加してきました。入り口のところで久々に布さんに会えたのは嬉しかったですね~。

16:30に意見交換会が始まり、活動内容の報告があったのですが、後援会の理念と言うか、その目的はすばらしいですね。自分は、会員費という金銭面での貢献のみを考えて入会したのですが、その理念としては金銭面以上に会員の皆さん自身がクラブに何かできることをして欲しい。もっとクラブに関わって欲しいという希望が含まれているんですね。昨年の意見交換会での提案で、有志での会合を開くようになり、その集まりから今シーズン開幕前に開催された「ホームタウン福岡 2009年宣言 アビスパ福岡市民のつどい」が企画され実行まで至ったことは、本当にすばらしいことだと思います。クラブへの積極的な関わり方に感銘を受けました。自分にそこまで関われるかと問われると、なかなか難しいとは思うのですが・・。これからいろいろと後援会員での会合も予定されているようなので、日程が合えば参加したいと思います。

で、意見交換会には都筑社長と酒井専務、田部GMも参加されていました。今回は、後援会の意見交換会ではありますが、クラブの象徴はやはりトップチーム、トップチームの成績がやはり皆の士気に大きく影響してくるわけで、田部GMからは現状の報告があり、会員の方からもいくつか質問が挙がっていました。
フロント陣は、まさに「暖簾に腕押し」という感じで、こういう状況では田部GMの発言が言い訳になってしまうのは仕方がないし、「サッカーに答えはない」というのは理解できるけど、何かこの状況を打開しようとするパワーが感じられないんですよね。それは社長も然り、お話下手な上に平気で失言もしてしまう。まぁずいぶん前から分かっていたことではあるけれど、話のレベルに次元の違いを感じてしまいます。「市民のつどい」にて、大分の溝畑宏社長がクラブに対する愛情・熱意を語ったお話は、やっぱり社長の心には響かなかったんでしょうね。

そのおかげで、帰りには後味の悪さというか、頭痛がしながら帰ってきました。それでも、いつかアビスパ福岡というクラブがすばらしいと感じられるようになることを期待してるんですけどね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.07.02 Thu l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲