FC2ブログ
20091024222311
京都に引き分けて、ついに降格が決まってしまいました。自分は、大分がアビスパと同じ九州のクラブだからといって特別思い入れがあるわけではないけど、1年前にナビスコカップのタイトルをとりながら(自分もちょうどその日に東京にいて、大分のレプユニ来た方をたくさん見かけました)、その翌シーズンに降格。つらい気持ちはよく分かるし、アビスパが降格を経験しているだけに、余計にね。京都まで駆けつけた大分サポーターが降格決定に涙している姿は、ついつい感情移入して見てしまいました。
来シーズンこそJ1昇格を果たせるよう、お互い頑張りたいですね。
スポンサーサイト
2009.10.24 Sat l アビスパ福岡 l COM(1) l top ▲
20091021234550
試合終了間際に、岡本っちゃんの劇的なゴール。髪を丸坊主にして気合いを入れただけのことはあります(笑)。それまでは、相変わらず冴えないサッカーしかできず、せっかく永井君もいるのに上手く生かせないのは、何だかね~。平日とは言え、これでは閑散としたスタジアムになってしまうのも、正直仕方がないのかな~と。
その重苦しい空気の中、落ち着いてゴールを奪ってくれた岡本っちゃんに、感謝。大輝をはじめ皆が乗っ掛かって祝福する姿も微笑ましかったです。
内容はともかく、やっぱり勝利は気持ちが良いものですね~。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.10.21 Wed l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
20091018220535
ようやく自宅に着きました。帰りは、あちこち渋滞に巻き込まれて大変でした。特に菊水ICの車線規制は、1時間半以上のノロノロ運転。ということで、行きは2時間の道のりが、帰りは6時間・・。まだ勝利できたんで、気持ち的には良かったけど。
あとは泰にゴール、欲しかったな~。個人的には、泰と黒部と久藤ちゃんは、3人で上手く攻撃の形ができていると思うんで、チャンスだったと思うんだけど。
写真は、熊本の応援ボトル。こういうのは、うらやましいですね~。年賀状とかね、アビスパもこういうのは、どんどんやって欲しいですよ。
2009.10.18 Sun l アビスパ福岡 l COM(4) l top ▲
20091018153330
熊本まで来て、勝利できてよかった。久藤ちゃんナイスゴール!あとは、泰のゴールが見たかった。
怪我で交代したナカジや黒部選手が心配です。
さてと、気合い入れて帰ります。
2009.10.18 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
20091018111557
熊本は晴れ。
今日は、スタジアムグルメも充実しています。
あとは、アビスパの勝利ですね。
2009.10.18 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
どうも自宅のPCがついに壊れてしまったようで・・・困りました。
今までも何度も乗り越えてきた危機なんですが、今回は厳しそう。
こんな時がいつか来るかもしれないと思いながらも、取り付けHDに落としていないデーターが大量に残っているんですけど、復活は見込めないでしょうね。
というわけで、しばらくは職場に置いているPCからの更新のみになりそうです(内緒)。大阪遠征もまだ書いてないのに・・・。

とりあえずは先日の天皇杯、昇格の可能性がなくなった以上、全力で勝利しないといけない中で、よくぞ勝ってくれました。いろいろ移動を含めて大変だったみたいだけど、次の鹿島戦にも勝利して是非とも存在感を示してもらいたいです。しかも久々にJ1の強豪クラブとの対戦なので、かなり楽しみ。スカパー放送もないし、できれば現地に参戦したいですけどね~。ただ気になるのは負傷した3選手。早く復活してもらいたいですね。特に城後選手は、靭帯損傷で手術予定だとか。無事に手術が終わり、早期の復帰を待っていますよ。ジャンボと佑昌選手は、次節熊本戦は出場停止でしたからね~、その後には復帰してもらいたいですが、かなりの過密日程をこなしていたし、たまには休養も必要でしょう。
次節アウェー熊本戦には、古巣対決に燃える高橋泰選手が代わりに先発出場ですね(たぶん)。思えば泰の最後の得点は、前回のアウェー熊本戦。あのゴールは涙が出るほどうれしかったし、あの時点ではここから勢いをつけるはずだったのに、そう上手くはいかなかったな~と。ここにボールが来るという確信が持てずに動いていたりと迷いがあるようにも感じるし、もっと真ん中にポジショニングして欲しいとも思うけど、まぁいろいろあるみたいですからね~。とにかく、点取り屋さんだからまずはゴールを決めないことには始まらないということで、ユタカのゴールで熊本戦に勝利して欲しいですよ。
私たちも、もちろん現地に参戦します。福岡が大雨で大変だった前回と違って今回は天気もよさそうですし、多くのサポーターが熊本まで駆けつけるでしょう。
皆で「博多へ帰ろう~♪」の大合唱をして帰りたいですね。

そして、ようやく膝の痛みが良くなってきて、やっと普通に歩けるようになりました。
ただ、東京マラソンの申し込みの結果が先日メールで送られてきて、やっぱり「落選」。まぁ8.9倍という狭き門ですからね~そりゃ通らんわ。もっとも、やっとのことでフルマラソンを終えたこんな時期に「また走れますよ~」って言われても、「じゃあ走ります」っていう気分には、到底なりませんけどね~。ちなみに、先日のマラソンを一緒に走った友人は、見事に当選していてすでに走る気満々。
抽選ではありますが、結果は妥当でしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.10.15 Thu l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
本日は連続2話なので、興味がある方は
フルマラソン初挑戦 ~遥かなる旅 折り返しまで~
からどうぞ。


ここまで給水所で立ち止まるたびにきつくなることに薄々気付いてはいたのですが、折り返し地点でゆっくり休んでしまったために、それがよけいに顕著に。折り返しから23Kmくらいの地点までは対面に最終ランナーを見ながらしばらくは走れていたのですが、ちょっと歩いた瞬間に両膝の外側の痛みで歩くことも難しく、ほとんど動けなくなってしまいました。一緒に走っていた友人には先に行ってもらって、まずはとにかく歩くことを第一に考えました。よくよく見ると、左膝はまだ曲げれるのですが。右膝は痛くて曲げることができないんですよね。膝を伸ばしながらなら何とか歩けるようなので、ゆっくり歩き始めました。友人は、その時点ですでに視界から見えないところまで行っていました。周りを見回してみると歩く人が多くなり、ほとんどの人が歩いたり走ったりを繰り返しています。この段階でも後ろから抜かれると気になるし、折り返し地点では気にならなかった制限時間が少しずつ気になり始めます。このままではと思い、自分も何とか走れないものかと色々やってみたところ、膝の内側に体重がかかるように走れば何とかなると、しばらく歩いてはゆっくり走ってを繰り返して乗り切りました。ただ、当初の予定では30Kmで出るだろうと思っていた苦しみが予想外に23Kmで来てしまったことで、制限時間が気になるし、無理をすればリタイアも頭によぎるし・・。また道端でしゃがみこんで、足がつっている人もたくさんいるわけですよ。一人には、声をかけられたので脚を伸ばしてあげたんですけど、しゃがんでしまったがために、自分もきつくなるし。
その中で自分のペースメーカーにしたのが、後ろから抜いていったオレンジ色のユニフォームを着た白髪のおじいちゃん。このおじいちゃんには付いていこうと必死に歩きます。年齢は関係ない、マラソンとは、つくづく不思議なものだな~と思いますよ。自分も痛みにあわせて歩いているので、速くなったり遅くなったりするんだけど、それでもオレンジのユニフォームだけを見つめて追いかけます。まぁね、何度心が折れそうになったことか。ブログでマラソンで走ると宣言したこと、友人や職場の人に言ってあることなどが、頭によぎって後悔だったり励みだったり。それ以外にも、自分の後ろにもまだ必死に歩みを進める人がたくさんいるし、救護係りの人とか、給水所の方とか、沿道にいる方とかね、声をかけてくれる人がいたから、何とかしてゴールしよう、走ろうと思ったと思います。何といっても、ここからが苦しいと言われている30Kmまで、まだまだ到達しないわけですから。正直、泣きが入りました。練習量が足りなかったこと、過信しすぎていたこと、せめて筋トレだけでも、もう少しやっておけばよかったなぁと。10Km以上ある道のりを、もしこの痛みがあったら普段ならとても歩こうなんて思わないくらいの状態です。

そしてようやくたどりついた30Kmの給水所。ここで、一息つこうと止まってしまったことでまたまた走れなくなり、歩き出せるまでも少し時間がかかってしまいました。今の自分にとっては、30Kmまでのペースはオーバーペースだったのかもしれません。あとの残りは歩くことに決めて、この時点で制限時間まで2時間半。普通に歩けば、残り12Kmを2時間半で歩くことは可能だと思うのですが、今の状態では歩いてくる人に後ろからどんどん抜かれていくので、多分ずいぶんと遅かったのだと思います。焦りと痛み、給水所で立ち止まったことでオレンジ色のおじいさんも、徐々に見えなくなっていきます。歩いていればいつか何とかなるという気持ちと、もうだめだという気持ちが、交互に入り混じります。1Km毎に「31Km」「32Km」と表示があるのですが、これが少しでも進んでいくのを励みにするとともに、時計を見て頭の中で必死に計算しながら1時間、必死に歩き続けて残り1時間半で35Kmの給水所に到着。ここまで来ると、自分も立ち止まることが出来なくなっているので、歩きながらスポーツドリンクだけを手にして流し込みます。ゴールまで、あと7Km。


にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.10.12 Mon l 日記 l COM(4) l top ▲
フルマラソン初挑戦の場所に選んだのは、筑後川マラソン。自分のようにマラソンを走ったことがなくて、どれくらいで走れるか想像もつかないランナーにとっては、制限時間が最も気になる点で、7時間とけっこう長めに設定してくれているこの大会は、ありがたいものです。しかも一般道を走るわけではないので、コースも平坦だし、それなりに気楽に走れるかな~と。
ただ、大会前までは過信しすぎているというか、自信過剰というか、大して練習をこないしていないにもかかわらず、42.195Kmを何となく余裕で走れる気がしていたんですよ。これが大間違いだということには、走り始めてそれほど経過しないうちに否応なく気付かされることになるんですけど・・。

091011  フルマラソン

8時頃には妻の運転で現地入りし、ゼッケンを受け取ったり、トイレに行ったり、友人と一緒にストレッチ、軽くランニングなどをこなして、いよいよスタートラインに。9時30分、いよいよスタート。花火が上がったり、沿道では付き添いの方々が拍手で見送ってくれたりと、いよいよだな~と気持ちが高ぶります。1500名もの人がフルマラソンに参加しているし道幅も狭いので、号砲がなってもしばらくはゆっくり。焦って走って行っても長い道のりなんで、友人と話しながらゆっくりと。気付けば1Kmを7分ペースとまぁまぁのペースで進みます。けれど、皆さん結構なスピードで走っていくんですよね~。ついついつられそうになるのを、友人と努めてゆっくりと。まだまだ先は途方もなく長いですから。
しばらくはこうして快調に走っていたんですけど、10Kmくらいから気になるほどではないんだけど、膝に軽い痛みが・・。それでもまだ大丈夫な感じだったので、同じペースで進みます。友人に痛みを伝えましたが、彼は筋肉の張り程度とのこと。大丈夫かな~とは思いましたが、その後もペースをやや落としながら走ります。すると、15Kmくらいで早くも先頭ランナーが対面から。先導する自転車に率いられて、凄い速さですね。ゴール時間は2時間30分らしいですから、とんでもないスピードですよ・・。それからも次々と、ランナーがすれ違っていきますが、体格からして何だかマラソン体型というか、皆さん引き締まった体つきをしています。そして、女性でも速い方がたくさんいるのは驚きです。

20Kmをすぎてもなかなか折り返し地点が見えてこなかったのですが、ついにそれらしきテントが。しかし折り返し地点はテントからさらに行った坂の上に。やっと着いたのが、12時過ぎ。ここまで2時間半くらいと、自分としてはなかなかいいペースです。ここでパンを食べたり、おにぎりを食べたり、水分補給も十分にして、再スタートです。


~苦闘のゴール編へつづきます~

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.10.12 Mon l 日記 l COM(0) l top ▲
20091011091821
初マラソン、もうすぐスタートです。
完走目指して、頑張ります。アビスパも、天皇杯勝利を!
2009.10.11 Sun l アビスパ福岡 l COM(4) l top ▲
ようやく大阪から帰ってきました。
忘れないうちに試合のことについて。

試合前のGKあいさつ。
091003 GKあいさつ

選手達のあいさつ。
091003 試合前あいさつ
試合前にしばらくの間、大粒の雨が降ってきて・・少し焦りました。晴れるとばかり思ってましたからね~、雨用の袋とか、まったく何の準備もしてませんでした。後半には、きれいな満月が見えるほど晴れ上がったので良かったんですけどね~。

長居へ行くにあたり、攻撃力のあるセレッソ相手だから、まぁ失点してサッカーにならないという最悪の場合も想定していたんだけど、幸いにも守備陣の活躍で試合終了までどちらに転ぶか分からない白熱した展開にしてくれました。首位のセレッソ相手に勝てるかもしれない、いや絶対に勝つ!試合終了間際にかけて、サポーターも力強い雰囲気で声援を送ることができました。
前半は、そういう作戦かもしれないけれど、ほぼサンドバック状態。ほぼ大人と子供のサッカーくらいの差を感じました。ゴールキックをしては、相手のシュートで終わるというひどい展開。あれは狙い通りなのかどうか・・。いつも思うんだけど、篠田監督がシーズンを跨いで1年かけてやってきたサッカーが結局このレベルかと思うと悲しくなります。組織的に守れているわけでもないし、攻撃に関してもポゼッションなんて論外で、カウンターも機能しない。守備は結局、相手のシュートミスに助けられているところが大きいんですよ。ただね、今回は結果的に前半を無失点で乗り越えたことが後半に繋がったと思います。
後半は、どこら辺からですかね~セレッソがDFのチアゴ選手に代えてFWの西沢選手に代えたところくらいからですかね。セレッソも思い切ったというか、福岡の攻撃はDFを削っても大丈夫と判断したのか、この交代は香川選手がピッチに入ってきた時より自分の印象に残りました。徐々にアビスパのプレーシャーにより中盤でボールをカットできるようになり、ボールの展開も前半よりはスムーズに。あとは、有効なカウンターができれば・・というところだけど、ジャンボのシュートも佑昌のシュートも惜しくも決まらず。最後は、お互いゴール前の攻防になり、六反選手のスーパーセーブに大輝のスーパークリアーとハラハラドキドキ、1プレー1プレーでチャンスとピンチが入れ替わるいい試合になりました。

試合終了のホイッスルがなった瞬間、残念な気持ちと同時に自然発生的に沸き起こった拍手。その後、選手達が挨拶に向かってくる間止まなかった「アビスパ福岡コール」。勝ちたかったのが本音だけど、守備陣の頑張りでこれだけ白熱した戦いが出来て、今のアビスパでは十分に満たされる内容でした。

ジャンボ、大輝を先頭に試合後の挨拶に向かってくる選手達。
091003 試合後あいさつ

これが首位決戦だったら、昇格争いをしていたら、とつくづく思う。
新監督の噂もあるようですし、来季に向けてアビスパが前に進めるよう、しっかりお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.10.05 Mon l アビスパ試合後感想 l COM(2) l top ▲
20091004134331
しょうゆうこと!
2009.10.04 Sun l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
20091004132920
やはり大阪と言えば、お笑い。朝からパワフルです。チッチキチー!
2009.10.04 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
20091003223604
難波に移動して、どうとんぼり神座(かむくら)で、ラーメンを食べてます。何だか久々に胸一杯で、お腹も一杯だったけど、ここのラーメンは美味しく食べれます。
2009.10.03 Sat l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
20091003211413
勝利を信じ、熱い気持ちにさせてくれた、いい試合でした。後半の怒涛の攻撃と再三のピンチでの六反君のセーブは、見ごたえがありました。佑昌のシュートは、つくづく惜しかった・・。
2009.10.03 Sat l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
20091003181807
スタジアムに到着です。
首位相手とは言え、やっぱり試合は勝たないとね!
2009.10.03 Sat l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
20091003155740
ようやく着きました。
今から、モノレールに乗って向かいます。
2009.10.03 Sat l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
田中誠選手、退院おめでとうございます。これから焦らず、少しづつ体を慣らしてください。
はじめは、恐怖感がかなりあると思うんですけどね。早期の快復を祈っています。

そして、今週も週末が近づいてきました。今節は、首位C大阪戦ですね。
アビスパの今シーズンのJ1昇格の可能性が消滅したりだとか、香川選手が怪我で出れないんじゃないかとかいろいろありますが、そんなことは気にせずに・・・。

P1000043.jpg

アビスパ福岡を応援すべく、長居へ行ってまいります。

「俺達が~福岡~♪ 熱く~燃える~♪ この気持ち~届くまで~♪ 歌い続ける~♪」


今回は、西鉄旅行のオフィシャル応援ツアーに申し込みました。
航空機利用(もちろんアビスパに協賛のANA)が安くて魅力的だったので。
安い上にチケット付きというのが、これまたうれしい。
これで昇格争いしていたら、もっと熱い気持ちになれたんだけど・・。
とにかく、出発までやること満載だけど、旅行を楽しむためにも頑張ります!

あと・・・妻が高橋泰選手の大ファンで、先日のユタカ選手の誕生日に雁ノ巣でプレゼントを渡したらしいんだけど、それをユタカ選手がブログに載せてくれたみたいで大騒ぎ。
まぁ、喜んでもらえてよかったですよ。それより怪我の具合ですね、C大阪戦に出られるかどうかが気になります。ちなみに妻に言わせると、そのプレゼントは「あなたには、まだ早い」そうで、自分はもらっていません・・。確かにユタカ選手は上手みたいだからいいけど、自分はなくすこと間違いないですからね~、もっと練習しないと・・(苦笑)。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.10.01 Thu l アビスパ福岡 l COM(4) l top ▲