FC2ブログ
いつのシーズンも、この時期はつらいのですが・・
今年もクラブから、来期の戦力外選手が発表されました。

アビスパ福岡 契約満了選手のお知らせ・・・アビスパ福岡オフィシャルより

主将のヨッシー、怪我で戦線離脱中の久永選手を含めて、9選手も・・。
何と言ってよいか、言葉もありません・・。来期篠田監督の続投で、唯一良かったと思ったのは戦力外になる選手が少なくて済むのではないかという希望。それさえも打ち砕かれました・・。もちろんクラブの厳しい財政が大きく関与していることは十分に考えられますが、どうしても湧き上がってくる疑問が、財政を厳しくするくらいの観客動員にしてしまった原因を誰が作ってしまったのか、誰が選手の良さを生かせなかったんだと。選手同士の連携でやっとこさここまでやってきているようにしか見えないのに、何ともやるせない気持ちです。

唯一の救いは、黒部選手も中払選手も、自身のブログでクラブに対する感謝の気持ちを表してくれていること。とにかくアビスパのために戦ってくれた選手達には、感謝の気持ちで一杯です。切ないし、やるせない・・。
来期への希望は何一つ見えず、沈んだ気持ちの中、明日は2009年ホーム最終戦です。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト
2009.11.28 Sat l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
あきれて物が言えないとはこのこと、昨日の朝から篠田監督続投なんていう新聞記事が入ってから、まさかそんなことは・・・。オフィシャルで発表があるまでは待とうと思っていたら、夕方には早々と公式に発表。正直、頭痛がしてました。

新監督の噂が立つたびに、さすがに篠田監督の辞任は規定路線なんだろうと、新監督に対する期待よりまずは現状から脱却することが第一段階と考えていただけに、信じられない気持ちです。これだけ悔しくて不本意なシーズンを送っておいて誰も責任を取れない組織がありますかね~、それこそクラブを食い物にしているとしか思えません。今シーズン、早々にJ1昇格の可能性が消えた中でもスタジアムへ足を運んで声援を送るものの、他のクラブが昇格争いをする中、我がクラブはと考えると空虚な気持ちが消えず。本当は嬉しいはずのゴールや勝利に対する喜びにも、どこか白々しさを感じたり、心の底から喜びを感じられない自分に、今は耐え忍ぶしかないと必死に言い聞かせていたのは何のためだったのか・・。今でも信じられない気持ちです。
オファーする方もする方ですが、受ける方も受ける方。これだけ形がないサッカーをし、それ相応の成績を残しておいて、続投の受諾するのは当然それなりに重荷というかプレッシャーがあるとも思うのですが、あまり周りの反応は気にしない方なんでしょうか。本来であれば、今シーズン途中で辞めても不思議でないくらいの成績だったのにもかかわらず、来シーズンの続投を決断したのは、自分にはちょっと理解が出来ないです。少なくとも身近な周囲は止めなかったのかと・・。現時点では自分がやらない方が、クラブが強くなるのではないかという考えは無かったようで、残念です。
2006年シーズンの川勝さんは、シーズン途中からの指揮に加えて崩れかけたチームのJ1残留を至上命題とされ辛い思いをされたと思うのですが、入れ替え戦でJ2降格が決まると即責任を取って辞任を表明しましたよね。今にして思えば、川勝さんのあの態度は潔かったな~と。あれは川勝さんの性格もあるでしょうが、それに比べると、誰も責任を取れない、とらない雰囲気というのが今のアビスパ福岡にはあるのでしょうね。本来責任の所在を適度な按配で裁くのがすべての権限を持っている社長の役割だと思うのですが、期待するだけ無駄ですし・・。今回続投の理由として挙げられているところの継続性は確かに大切ですが、それなりの能力を持った方が継続してこそ意味があるものになると思います。

監督論になると様々な意見があるとは思いますが、やっぱり監督というのは、ある種特殊な能力が必要だと思うんですよ。経験を積んだからといって、誰でも出来るものではないと思うし。オシムさんが言うところの「監督としてのメンタリティ」があるか否か、大切な部分だと思います。

とりあえずは来季に向けての希望というか期待感を、どう持てばいいのか、つらいところです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.11.19 Thu l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
そろそろ自宅のパソコンが修理から帰ってくるので、やっとまともに更新できるようになりそうです。自宅にパソコンがないと、不便で不便で・・・結構困ってます。

かな~り時間が経過してしまいましたが(苦笑)・・・先日の甲府戦、私は残念ながら仕事でレベスタには行けず、携帯で逐一チェックをしながら勝利の瞬間は1人喜びに浸っていましたが、まさかこんな時に限って素晴らしい試合をしてくれるとは・・皮肉なものです。スカパーの録画では見ましたが、どうしても結果を知ってしまっているんでどこか冷めた感じがあるし、なかなか興奮が伝わってきにくいですよね。スタジアムにいたら、間違いなく大興奮で大声を出していただろうけど・・。
それでもユタカの同点ゴールにジャンボの逆転ゴール。前回の対戦が大敗だっただけに、信じられない思いです。携帯の速報を見ながら勝利の喜びを誰かに伝えようと周囲を見渡しましたが、気持ちが通じ合えそうな人がいなかったのが残念でした。ユタカファンな妻は、ユタカ久々のゴールにレベスタで涙しながら見てたみたいですけどね~。今シーズンは、不本意だった面もあると思うけど、来季につながるゴールになると信じたいです。あとは山口君のデビューですね。ようやくスタートラインに立てたという感覚でしょうか。とりあえずは公式戦のピッチに立ってなんぼの世界ですから、これからですね。

また、シーズンが大詰めを迎えて昇格・降格クラブが少しずつ決定してきています。残念ながらアビスパは昇格の目が無くなっているのでその胸が締め付けられるような緊張感を味わうことができませんが、セレッソ大阪も仙台も昇格争いをしながらなかなか昇格できなかったわけで、ようやくの悲願達成ですね。アビスパも、まずは何より昇格争いできるチームを作れる体制が必要。

苦しいシーズンを乗り越えて収穫の秋を迎え、歓喜の涙を流せる日を心待ちにしています。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2009.11.12 Thu l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲