FC2ブログ
福岡も大雨が降ってきました。

アウェーでの徳島戦。スカパー観戦でしたが、ユタカの同点ゴール、マチ君の逆転ゴールにはもう大騒ぎで、感動しました。現地で応援していたら感動の涙だったろうなぁと。残念だけど今日は自宅での観戦。現地組の皆さん、応援お疲れ様でした。すさまじい大雨で寒かったでしょうけど、気をつけてお帰りください。

大雨でピッチが水びたしのため、どうボールが転がるか分からない。アビスパ得意のパス回しも出来ないんで、ここまで来たら、もう気持ちしかないでしょう。せっかく先制した後に何だかアビスパにも中だるみの時間があって、前節はそれでも勝てたかもしれませんが、やっぱり徳島はそんなに甘くはない。しかも流れを変えられて決められたのはまた徳重選手だし・・。ただ、この状況からユタカと岡本っちゃんを投入し、同点逆転ゴールを決めれたのは、さすがは昇格を争うチームですね。このまま一気に行くぞって言うね、何だかそんな雰囲気が出てきました。特にユタカのゴールはね~、相手のトラップしたボールをそのままシュートするっていう、ユタカらしいアビスパに流れを引き戻すいいゴールでした。その後は、あと1点決まる予感がしていたんだけど、それでもマチ君のゴールが決まったときには感無量。現地にいたら、この劇的な逆転勝利はたまらないでしょうね~。昇格争いをしている今は、勝ち点3の重みが全く違うので、本当に大きい勝利でした。本当にじっくり余韻に浸りたい勝利です。

今シーズンは、歴史的な逆転勝利をいくつ魅せてくれるんだろうっていうくらいのアビスパだけれど、ここで油断せずまだまだ次からの難敵にチャレンジャー精神で向かっていって欲しいです。次の栃木もだけれど、大分や東京ヴェルディも難しい試合になりそうですからね。

甲府が千葉を破り、4位とは勝ち点7差。2位甲府とも勝ち点差4で猛追中。前回と同じ轍を踏まず、次は甲府を捉えられるよう上を目指していきましょう。まずは、次節栃木戦に勝利を!

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト
2010.10.31 Sun l 2010アビスパ福岡試合後感想 l COM(0) l top ▲

早めに先制点を取れないと厳しいと思っていたけど、源気がしっかりゲット。ジャンボの追加点も見事。とにかく勝てて良かったです。左サイドバックのイジョンミン選手は、いいもの持ってると思うので、頑張って欲しいです。あと必要なのは、周りとの連携と自信かな。
2010.10.24 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

早朝から羽田です。
これから二日間みっちりです。
2010.10.16 Sat l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲
何とか今日一日乗り切りました。
あらかじめ想定していなかったわけではないけど、昨日は延長PKまで行ってしまったので、最終電車で自宅に帰りついたのは日付も変わった深夜。興奮でなかなか寝付けないし、当然のごとく今朝は起床が辛い。極めつけは、昨晩よりさらに声が出なくて、今日は一日風邪の振りしてました。夕方からようやく声量が出るようになりましたけどね。

それにしても今日は気分が良かった。ネットで「福岡が広島から金星」なんて文字でも見ようものなら思わずニヤついてしまうような。今朝の西日本新聞も、アビスパの勝利を大きく取り上げてくれてましたね。


表題の件は、ユタカのブログで「サポーターの声はずっと聞こえていた」という一節。鳥栖戦でのGK神山選手の言葉もそうだけど、選手達のこういうコメントは嬉しいですよね。それが勝利に結びついたならなおさらサポーター冥利に尽きるというか。ホームでの後押しとはまた一味も二味も違う喜びです。アウェーの地で、言ってみれば約3400名の中で、おそらくアビスパのゴール裏はわずか50人くらいだったと思うんですよ。まぁ平日だし、広島まで来れるほうがおかしい気もするんだけど、その少人数で、いや少人数だからこそ、「来れないやつらのためにも」選手達を後押しできたという一体感がね~やっぱり嬉しかったですね。後半開始早々に決まった佑昌のゴールに勇気をもらい、その後は防戦一方の選手達を後押しする。延長には、ナギが足をつってしまってCBには末吉選手が入り、ナギは前線に上がっていたようだけど(実は試合中自分は気づいていなかった)、選手達も慣れないポジションで何とか粘っていたみたいだったし。道理で、ユタカがミキッチ選手について、自陣ゴール前まで守備に戻っていたわけですね。まぁ雰囲気的には、形はともあれ身体を張って守るしかない感じだったし。広島も槙野選手がかなり前線に顔を出ていたりもしたんでね。それにしても、交代の選手達がよく攻撃に守備に走り回ってました。

広島からの勝利は厳しいと踏んでいた戦前の予想をいい意味で裏切ってくれて、ひょっとしたら勝てるんじゃないかという期待をもうあと一歩というところで二度も逃し、逆に敗戦の危機をポストに助けられ、最終的にはPK戦での勝利。PK戦はほとんど運だと思っているんでね、ただいざあそこまで行くと「善戦したけど勝てなかった」では絶対嫌だという気持ちが沸々と湧いてきて、PK戦も反対側のゴールながら大声で声援を送っていたんだけど、その声援が選手達に届いていて本当に良かったな~と。

負の歴史が多いアビスパにとって、天皇杯を勝ち進むことは大切な歴史になるはずだし、J1昇格を目指すリーグ戦も勝利を重ねつつ、このままいい流れで天皇杯も勝ち進みたいですね。次は、試合会場がレベスタにしてくれると良いんですけどね~。
苦しい時を乗り越えるからこそ、その先にはもっと大きな喜びがある。ここ数年のアビスパの状況を考えると、昨日のJ1クラブからの勝利の味は格別、選手達の自信にもなったと思います。自分は、末吉選手のPKが決まった瞬間に熱いものがこみ上げ、思わずしゃがみこんでしまいました。勝利の味を噛み締めつつ、このチームで、この選手達と昇格したいな~と強く思います。リーグ戦は残り9試合、自分はさっそく次節の草津戦は参戦できずに残念ですが、今シーズンは自分が行かないレベスタでの試合は全て大量得点で勝利しているんで、大量得点じゃなくて良いのでともかく勝利して勝ち点3をゲットして欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2010.10.15 Fri l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲


次節草津戦を考えながらの天皇杯は、モチベーション的に難しいかとも思ったけど、月曜日の雁ノ巣での広島を想定した練習は、本気で勝とうという気持ちを感じたし、何としても連敗を止めたい。J1でいいサッカーをしている広島相手に勝利できれば何よりの自信になるし。ということで、頑張って広島行きを決めたけど、結果的にも行って良かった!サンフレッチェ広島は、代表で主力2人が不在(1人は後半から強行出場してましたが)、チームは週末にナビスコを戦ってるんで、ある種ハンディ戦かもしれないけど、まぁそれでもね~。こちらが完全なる挑戦者。
前半は、お互いグラウンダーのパスを繋いでのポゼッション。決定機を作れないものの、よく広島の攻撃を防いでました。そして後半開始早々にカウンターで、ジャンボの抜け出しから佑昌にパスが渡ってGKとの1対1を見事に決める。正直なところ、まさかのゴールでアビスパが先制。この後、アビスパがパスを回して上手く時間を使いつつも終盤に攻め込まれ、何度も神山のビッグセーブとポストに助けられる。アビスパの交代選手は、次の試合を見据えてあらかじめ決めていたような交代?という印象でした。もう少しで90分勝ちという最高の結果が得られると期待したその時、ついに同点ゴールを決められる。神山も、よく弾いたんですけどね、一足早く詰められてしまいました。その後も広島に攻められ続け、ポストに助けられるシーンもありましたが、何とか凌いで延長へ。
ここまで来たら勝つしかない!延長前半は、お互いに決め手を欠きますが、途中辰っちゃんが相手ゴール近くまでドリブルクロスの後、足がつって動けなくなっているのを、広島の攻撃でプレーオンにもかかわらず広島の選手が残って辰っちゃんの足を伸ばしてくれたスポーツマンシップには、感動しました。ドローのまま延長前半が終了。
ところが、延長後半早々にアビスパの左からのワンバウンドのクロスを相手Gkがこぼし、そこへ詰めていたユタカが難なく蹴りこんで、なんと勝ち越しゴールは、終始押され気味のアビスパ。ゴール裏は、ユタカが古巣相手に決めたこともあって、大騒ぎ。しかし残りは、あと10分。ここからはもう防戦一方で、何とかギリギリまで防いでいたけど残り数分のところで広島のPK。神山のビッグセーブを期待するも槙野選手の例の逆向きスタートPKが決まってしまう。PKを蹴る前、自分自身のミスで勝ち越しを許してしまった相手GKは、膝まずいて祈ってました。そりゃそうですよね~。責任感じますよ。一方で、こちらは二度の勝ち越しにもかかわらず追いつかれてしまう。気を取り直して、精一杯選手達の後押しをする。残り時間でのアビスパチャンスは、CKからマチくんのヘッドは惜しくもGK正面。
PK戦は、あいにく反対側のゴールマウスで行われたんでよく分からなかったけど、両選手とも5人目まで決めて先攻の広島6人目の選手が外し(たぶん神山選手がセーブ)、アビスパは6人目末吉選手が落ち着いて決めて、ついについに今度こそ念願の勝利!千葉戦以来の、涙の勝利でした。これで形はどうであれ連敗ストップ、そしてJ1クラブ相手に勝利。できれば1-0で決めたかったけれど、それも演出と考えればね~。強いチームは簡単には勝たせてくれないということ。激戦の疲れも、この勝利で吹き飛ばして貰いましょう!
それにしても、まさかPK戦まで行くとは、それ以上にあの広島に勝利するとは。昇格に向けてこの勝利で弾みをつけて欲しいと思います。今回は、連敗ストップできて何より。
一方で広島は、魅力的なサッカーをするいいチームなので、ナビスコは是非とも頑張って欲しいです。

もうちょっとで、自宅の最寄り駅です。
いや~ほんと、無理をしてでも広島まで行ってよかった~♪





にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2010.10.14 Thu l 2010アビスパ福岡試合後感想 l COM(0) l top ▲

最終の、のぞみで帰ります。のど痛い!
2010.10.13 Wed l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

こんな感動的なことはない。涙の博多へ帰ろう♪でした。
2010.10.13 Wed l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

ようやく着きました。
ここまで来たからには、勝ちたいですね~。
2010.10.13 Wed l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

広島では恒例のお好み焼き。空腹に、掻きこみます。さて、先を急がないと。
2010.10.13 Wed l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

今日は、こんな妙なところから出発です。
2010.10.13 Wed l アビスパ福岡 l COM(1) l top ▲
アビスパの試合がない週末。心穏やかでもあり、何か物足りないようでもある。
そんな日曜日、北九州市立美術館まで昨日からはじまって話題の「モネとジヴェルニーの画家たち」を見てきました。

モネとジヴェルニー

今回の作品は、フランス留学でモネと一緒にジヴェルニーで過ごし、その後アメリカに帰国した画家たちの絵を集めたもの。パリで、オルセー・オランジェリー両美術館でモネの絵を見たときには、きれいな風景を描く印象派の画家という印象しかなかったけれど、アメリカの画家達の目を通してモネの作品を見ると、その中での彼の存在の大きさを感じるとともに、ジヴェルニーという村の風景のすばらしさを感じます。彼が日本の浮世絵が好きで、庭に作った池に日本式の橋を建ててみたり、日本とも縁があったことも恥ずかしながら知りませんでした。マイバス社で「ジヴェルニー半日ツアー」がやっていたんで(4-10月限定)、この企画展でモネのすばらしさに気づいた今なら、ぜひともジヴェルニーのすばらしい景色を見に行ってみたいと思いますね。クロード・モネがジヴェルニーに移り住んで、村の風景を一人描き始めたのは彼が43歳の時。彼がパリで開いた展覧会が反響を呼び、最盛期には国内外合わせて300名ほどの画家が滞在していたと言いますから、その影響力には驚かされます。


ちなみにオランジェリー美術館にある大迫力「モネの睡蓮」。
00000 モネ睡蓮
00000  モネ睡蓮2
ただ個人的には、今回のアメリカ人画家の目を通してモネを見る企画展のほうが、モネのすばらしさがよく伝わりました。

最後に北九州市立美術館からの眺め。
美術館からの眺め

高台にあるので、北九州らしい工場の煙突群が望めます。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2010.10.10 Sun l 日記 l COM(0) l top ▲
遅ればせながら熊本遠征のことでも。
熊本のアウェーは水前寺を含めて毎回参加しているんで、そろそろ遠征という気分でもなくなってきているんだけど・・。それでもKK WINGの充実ぶりには毎回驚かされます。アビスパ戦に合わせてスタジアムグルメを充実させてくれているのもあるかもしれないけど、何と言いますか、ホームとアウェーの分け隔てなく楽しめるスタジアムグルメっていうのは斬新というか。あのホスピタリティは、凄いですね。開門から選手達が練習に出てくるまで約1時間半が、肉巻きを買いながらぐるりと回っているとあっという間に経過してしまう。選手イベントも、あちらこちらでやってるんでね、これなら毎試合退屈しないでしょう。
スタジアムは満足でも唯一にして最大の悔恨は、勝ち点3を持ち帰れなかったこと(当然ですね)。


そして、グルメを覗きながら歩いていたら、Jリーグ女子マネさんがいました。
今度は、レベスタにも来れられるみたいですね。

KKWING

この写真を撮っていたら、隣で妻があきれ顔で見てました・・。名前をスラリと答えてしまったのも、マイナスポイント・・。だってそりゃーJリーグファンなら、彼女の名前くらい知っていますよ。


気を取り直して、今後の予定。
来週水曜日の天皇杯、サンフレッチェ広島戦と、いろいろ迷った挙句に11/23のFC岐阜戦のチケットを買ってきました。広島戦は、以前から行くことは決めていたんでね、まぁやっぱり相手がJ1クラブとは言え天皇杯、勝ちたいですよ。1つでも勝ち上がることが注目を浴び、チームの勢いにもなると思うんでね。現地に行って、後押ししてきます。そして迷った挙句にFC岐阜戦のチケットを買い、飛行機も予約しました。どうもネガティブな発想が邪魔をしていたんだけど、アビスパがその時まで昇格争いをしていて欲しいという願いを込めて。もちろん、昇格が決まっていればそれに越したことはないけど、さすがにそんな順風満帆ってことはないでしょう。

P1020006.jpg

まずは天皇杯、サンフレッチェ広島戦。
個人的には、チームに疲れが見えて流れが良くない今、惇くんや佑昌・ユタカなど、先発メンバーを入れ替える良い機会だと思うんですけどね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2010.10.09 Sat l アビスパ福岡 l COM(2) l top ▲
降りしきる雨の中、KK WINGには16,000人も入っていたんですね~。
アウェーでの熊本戦は、あまり負けたイメージが無かったんで、雨だろうが何だろうが勝つ気満々だったんだけど、前半からあれだけ激しくプレッシャーを掛けられてしまうと、後半に相手のプレッシャーがやや弱くなってからも、相手が寄せてきているイメージでプレーしてしまうんでしょうね。慌てているのもあったかもしれないけれど、攻撃に人数を掛けている時に、お手本のようなカウンターで2点目を取られてしまったのが痛かったです。

ただ、自分だけの感覚なのかもしれないけれど、ユタカのPKで1点を返してからの試合終盤、アビスパの猛攻での同点・逆転を信じての大声援は、スタジアムにアビスパサポーターの声だけが響いているような感覚で、何だか誇らしい気分でした。結果的には最後のFKも決まらず敗戦となってしまったわけで、もちろん1つでも勝ち点を奪えるに越したことは無いけれど、先日の首位チーム相手とは言え、ちょっと引いた感じの戦いをしてしまった柏レイソル戦よりは、ずっと希望がもてるかなぁと。この敗戦には、自分でも不思議なほど落ち込み度合いが少ないです。今シーズンは、この時期に昇格圏という位置につけれているわけですから、正念場はまだまだこれから。むしろ4位千葉との差が勝ち点差1になって、これからが本当の力が試されるところ。このまますんなり昇格まで突っ走れるとは考えにくいし。敵は、常にチャレンジャー精神で全力で挑んでくる相手はもちろんのこと、プレッシャーがかかる自らの中にもいる。2点目が決まった時の相手GK南選手の喜びようや、試合終了のホイッスルがなった瞬間の熊本の選手達の喜びようを見たら、もっとアビスパにもチャレンジャー精神で戦うがむしゃらさが必要だったんじゃないのかと考えさせられました。

サッカーは、偶然と必然が交じり合うスポーツ。シュートがポストに当たったり、クロスバーに当たったり。何度、目の前でゴールが決まったと思ったことか。こういう結果の積み重ねが、シーズンの順位に反映されていくわけですから、その目の前の1試合・90分間をどれだけ悔いなく全力で戦えるかが大切。2010年シーズンが、アビスパにとって後悔のないシーズンにできるように、これから残りの9試合をサポートしていければと思います。

2連敗でも、まだまだ3位と昇格圏。
これを選手達はプレッシャーにせず、プラスにとらえて欲しいです。
「絶対に勝つ!」、そう信じて。

P1020005.jpg

熊本からの帰りに広川サービスエリアにてアビトラと会う。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
2010.10.04 Mon l 2010アビスパ福岡試合後感想 l COM(0) l top ▲

2日連続で熊本入りです。もうちょっといい気分で、ここに来たかったなぁと思いつつ。用事も済んだので、今から帰ります。
途中の鳥栖駅では、ベアスタを見て2週間前の楽しい気分を思い出すのですがねぇ。まぁ、いろいろと切り替えが必要です。
2010.10.04 Mon l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

まさかの敗戦だけど、終わってしまったことは仕方ない。昇格争いは、まだまだこれから。まずは、連敗を止めることからですね。ミスが多かったり、相手の早いプレスに思うようにプレーできず、セカンドボールもことごとく相手に。極めつけは、決定的な場面で何度もポストに当たるし。良かったことは、ユタカの復帰ゴールかな。最後まで相手ゴールを脅かして、意地は見せたけど、何とか追いつきたかった。
それでもね、こうして苦しい時こそ心をひとつに。ここからが正念場。皆でひとつずつ乗り越えたいですね。
2010.10.03 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

KKWINGに到着しました。天気予報通り、というかそれ以上に大雨。2年前の水前寺といい、昨年の大雨といい、熊本戦のアウェイは、いつも雨のイメージ。せめて、もうちょっと雨が弱くならないかな~。試合開始まで、あと4時間。
雨だろうが、何だろうが、アビスパが勝つ!
2010.10.03 Sun l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲