FC2ブログ
今週末からヨーロッパに行ってきます。行き先は南フランスのコートダジュール、ニース。今回が2回目の訪問になるけれど、何気に単独行での海外は初めてになります。今までも帰りは1人とかはあったのですが全行程というのは初めて。今後を考えればこういう経験も必要だと思うのでタフに頑張りたいと思います。なお思いがけずニースはカーニバルの真っ最中みたいなので見る時間があれば楽しみたいところですが、今週ヨーロッパは大寒波みたいです。2/26のローマは6年ぶりの降雪だというし、温暖なニースも予想最低気温が氷点下になっています。何とか今週末から温かくなる予報なのでギリギリセーフかな。寒波になると航空機も遅延するので大変です。日本も春の嵐とか言ってますが、大丈夫かな~と少し不安です。
今回のニース行きが決まったのが昨年末。前回ニースに行ったのが2014年の5月で、あれからもう4年も経つのかと思うと時間が経過がとても早く感じます。今回の日程を決めた最大の要因は私が希望した研修と欧州サッカーが開催される週末が重なっていたこと。OGCニースとASモナコ、この2クラブがホーム開催を予定していた今週末でした、が試合開催が2試合とも金曜日になるという不運(カーニバルのためかな?)。ですが代替プランはそれを上回るメガクラブ同士のビッグマッチ、①3/4(日)カンプ・ノウでのFCバルセロナ-アトレチコマドリードと、②3/6(火)パリ、パルクデプランスでのUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16、パリサンジェルマン-レアルマドリード・2ndレグを予定していて、思いがけず魂がふるえるような2試合になりました。実現すればカンプ・ノウは初めて、パルクデプランスは2回目ですがUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントは初めて、本場欧州でのこんなビッグマッチも初めての体験です。
今回とても幸運だったことに、12/16のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16の抽選の結果でパリサンジェルマン-レアルマドリードとなり、日程は3/6のパリ開催が決定、これが決まった瞬間はあまりの奇跡に驚きました。いつかのイスタンブールでチャンピオンズリーグが観戦できた時もかなり興奮しましたが、今回はそれをはるかに凌ぐもの。ただビッグマッチだけに観戦チケットを手に入れるのに苦労しましたが、パリサンジェルマンのオフィシャルサイトでリセールチケットを確保することができました。当初はチケット代行会社に依頼をかけていましたが、新年早々の1月3日には完売したようで(たぶん発売日)やはり定価で確保することは難しいようでした。そもそも代行会社の購入手数料も高額だったので予約をキャンセルして自分で購入することに(リセールチケットはどうやら安いチケットから売れていくようなので早目の購入がお勧め、逆に試合1週間前になると一部値下げチケットも出てきました)。最近はほぼE-チケットなので郵送など必要なく決済後にネットで落として印刷すればいいだけなのでとても便利です。リセールチケットだけにパーキング許可証まで付いてました(駐車場付きのシーズンチケット所有者がリセールに出したということですね)が、これはさすがに使えそうもなくて残念です。ちなみにVIPラウンジも入場可能と書いてますが、パルクデプランスにVIPラウンジなんてありましたっけ?これは行ってみないと分かりません。
そして念願のカンプ・ノウ。当初は週末にOGCニースかASモナコの試合を観戦予定でしたが、ともに金曜夜開催と決まってしまったためスペインリーグを検索。すると3日の土曜にベルナベウで柴崎選手が所属するヘタフェ戦、4日の日曜にカンプ・ノウでアトレティコマドリードとの首位攻防戦があることが判明。本音を言えばベルナベウに行きたかったのですが(贅沢すぎですね)、日曜しか時間が作れそうもなかったのでバルセロナ行きを検討。移動手段を調べると欧州で有名なLCCのeasy JETが12時50分ニース発でバルセロナ14時着の便を飛ばしている。ある程度の遅延が見込まれる航空会社だけれど、鞄1つで手荷物を預けずに飛べば16時15分の試合開始までにはバルセロナ国際空港から比較的近い(地下鉄で約30分)カンプ・ノウに到着することは可能と判断してチケット購入を決断。これまた相手がアトレティコ・マドリードというビッグマッチなだけに公式サイトでは試合3週間前の時点で一般席は売り出しがなくこちらもチケット確保に苦慮しましたが、最終的にはVIP席を思い切って購入しました。結果的には試合1週間前の月曜日から再販開始になりましたので、カンプ・ノウのチケットが売り切れることはクラシコ以外ではほぼあり得ないという話通りであったわけですが、ともかくチケットを確保しないと予定が立たないわけで、VIP席なら広くて快適だしラウンジで試合前1時間半とハーフタイムの20分間、試合終了後も1時間は食事や飲み物が提供されるようなので、これも経験と思って決断しました。試合終了後も念願のカンプ・ノウをゆっくり楽しんでから混雑をさけて帰れるのは大きいかなと思います。次はいつ行けるか、というより次があるかどうかさえ分かりませんからね~。
ということでようやく今回の欧州行きの日程が決定。当初考えていた日程とはまるで異なるものになりましたが、永年の夢が叶う瞬間がやってきそうです。今は出発前のチケットを眺めながら楽しんでいますが、カンプ・ノウでイムノを聞いたりとか、パルクデプランスでUEFAチャンピオンズリーグのアンセム聞いたら泣きそうだな~。
加えて楽しみがもう1つ、羽田空港国際線でのキャセイラウンジも昨年5月プラハ行き以来のリベンジをしないとね。日本を発つ前に名物と言われているフレンチトーストと担々麺を食べれればと思います。今回の海外は私にしては長い7日間の旅程。カップ麺と米類は持参するつもりですが、帰ってくる頃には日本のおいしい軟水と麺類を渇望することになりそうです。
それでは行ってきます!
スポンサーサイト
2018.02.27 Tue l 旅行記 l top ▲


開幕戦は雨の中でのレベスタ開催。座席が改修されていてバックスタンドは壮観でした。
絶対的な核だったウェリがいなくなって最初は違和感がありましたが、目指す姿は見えたように思います。石津君のゴールは良い時間帯、今シーズン初ゴールが開幕戦というのは彼にとっても素晴らしい事です。昨シーズンとは違って間違いなく中心的役割を任されてるし、その力も十分にあると思うので期待したいです。追加点は新加入の森本選手。あのシュート力はゴール裏をざわつかせるのに十分でした。宣言通りに2桁ゴールを期待しています。またどちらのゴールにも絡んだ輪湖選手の左足クロスも素晴らしかったしユ・インスもフィジカル強くてよく走れるし攻撃センスも良いものを持ってます。怪我で交代していまったので心配ですが、試合終了後は椅子には座ってたので大丈夫でしょうか。期待のドゥドゥも素晴らしい動きで攻撃の中心でしたがPKは仕方ない、またゴールのチャンスはあるでしょう。皆がまずドゥドゥを見ていたし、周りの選手達とフレンドリーな感じは好印象でした。
2018シーズン開幕戦は2-0の複数ゴールで無失点勝利と幸先良いスタートがきれました。今シーズンは良い選手が多くてゴラッソの予感もあり楽しみです。
2018.02.25 Sun l アビスパ福岡 l top ▲
いよいよ2018年シーズンが開幕です。
失意の昇格プレーオフ決勝から選手も何名か入れ替わり、新たなシーズンが始まります。いつの時もシーズン前というのは例によって希望にあふれていて、特に新加入の選手たちには期待を持ってみてしまいます。井原監督も今シーズンは攻撃に力を入れる発言をしているし、やはりスタジアムではたくさんのゴールを見てみたいものです。昨シーズン、結果的にJ1昇格はならなかったけれど、その力があることは十分に示せたと思うし、この位置を積み重ねていくこともJ1に定着するためには悪くないプロセスのように思います。そして何より大切なのはクラブの財政規模を大きくしていくこと。そういう意味ではカンファレンスでも財政規模が徐々に成長できていることが報告されているし、実際に今回の補強を見てみても素晴らしい選手達を獲得できているように思います。ブラジル1部のシャペコエンセのエースFWトゥーリオ選手が獲得出来たり、ドゥドゥ選手みたいな実績ある選手がレンタルで獲得出来たり、ユ・インスもトレーニングマッチで得点嗅覚のあるところを示せているし、ウォンドゥジェは昨シーズンで実力を示せている。エウレーも上手くフィットすれば攻撃力には爆発的なものがあるし助っ人外国人は期待できる選手達が揃ったかな(5名で4枠を争わせることができるのは贅沢ですね)。他にもトリニータに1年間のレンタルを経て自信をつけた惇君や柏レイソルから移籍の輪湖選手とか、明治大学から新加入の木戸君とかね、楽しみなシーズンになりそうです。明日の開幕戦は雨予報なので天気が心配ではあるけれど、幸先よく勝利できるように後押ししたいと思います。
それでは、2018年シーズンが素晴らしいシーズンになることを祈念して、いざレベスタへ!
2018.02.24 Sat l アビスパ福岡 l top ▲