ナイターながら蒸し暑いレベスタでの試合。我々も立っているだけでも汗ばむし、声出してワーワーやってると汗だくになるわけだから90分走り回る選手達は大変です。結果は今シーズン初のPKをウェリがしっかり決めて1-0の勝利。相手ゴールキーパーが当たっていて少し怖かったけどしっかり決めてくれました。チャンスもあったし2点目が決められると楽になるんだけど、なかなかね。途中出場の石津君もキレキレだったし、みんな決めたかったでしょうから贅沢は言えない。
それにしてもウェリの貢献というか勝利への執念というか、試合終盤まで全力でボールを追い続け、膝に手をつきながらも更にコーナーで身体を張ってキープする姿にはそれだけで感動すら覚えます。これで試合を決めるゴールまで決めてるわけだから。試合終了のホイッスルがなってもなかなか整列に戻れないウェリをサネがしっかり労ってました。ゴール裏もウェリのチャントで盛んに励ますわけだけど、まぁ攻守にわたって本当に素晴らしい選手ですよ。

ということで、今シーズンも半分が終了。シーズン当初の出来からは決して想像できなかった首位での折り返し。固い守備を前提にじわじわ追い詰めるようにゴールを決めてしまう今のアビスパには安定感があると言っていいのかな。システム変更も柔軟だし、井原監督と奥野コーチの思惑通りに進んでいるように感じます。我々には慣れない位置ではあるけれど、まずは次節をしっかり勝利すること。それより早く後半戦の日程発表してくれないかな。
スポンサーサイト
2017.07.02 Sun l アビスパ福岡 l top ▲