FC2ブログ
試合の新聞記事も思い出に残るものですので、ここに残しておきます。

まずは有名なレキップ紙(L'EQUIPE)から。
IMG_0789.jpg
1面は敗戦にうなだれるブラジル代表、チアゴ・シウバ。キャプテンとして敗戦の象徴なのでしょう。試合中は軽快なステップとしなやかな走り方に目を奪われました。

1枚めくると
IMG_0790.jpg
先制ゴールを決めたC.ロナウドと退場になってしまったイタリア代表ヴェラッティ。

各選手が点数で評価されています。
IMG_0785.jpg
監督も含めて評価されていてジダン監督がC.ロナウドやレアルマドリーのDF陣を押さえてトップの8点。采配が良かったという評価でしょうか、審判もヴェラッティの退場があったにもかかわらず7点というのは興味深い。対照的にパリ・サンジェルマンのエメリ監督は3点。ヴェラッティは最低の2点。退場までのプレーはよく効いていて良かったと思いますが。ディマリアやカバーニ、ラビオは3点、ムバッペも4点とパリの攻撃陣は軒並み低評価。

エメリ監督の姿も大きく載っています。
IMG_0780.jpg
フランス語は分かりませんが、「sortie=出口」なので解任を示唆するものでしょうか。

最後にカバーニが決められない場面と、赤い発煙筒で燃え盛るパルク・デ・プランスのゴール裏。
IMG_0793.jpg
何かUEFAから注意でもあったのでしょうか。


続いて「Le Parisien」
IMG_0795.jpg
やはり1面はチアゴ・シウバ。

1枚めくると倒れるディ・マリア。
IMG_0786.jpg
ディ・マリアは私も好きな選手ですが、この日は輝かなかった。古巣対戦で期するものはあったでしょうが、ネイマールの代わりとしては連携含めて物足りなさがありました。

こちらはややレアルマドリー寄りの写真で、C.ロナウドの先制ゴールの場面。
IMG_0783.jpg
やはりC.ロナウドはスーパースター、絵になるかっこ良さです。ちゃんと明日の紙面用の写真を撮られることを想定してポーズしているような気までしてきます。左下にはヴェラッティのレッドカードの場面。右下にはエメリ監督の姿と後任候補でしょうか、チェルシーのコンテ監督の名前が挙げられてました。そうはいっても今シーズンもリーグ・アンの優勝は固いでしょうから、シーズン終了後の話ですかね。

ということでフランス2紙の論評紹介でした。
スポンサーサイト

2018.03.22 Thu l 旅行記 l top ▲