FC2ブログ
寒いのでゆっくり出かけようと思いながらも、はやる気持ちが抑えきれずに開始3時間前にスアジアムに到着。早く行くとダフ屋に声かけられるし、やることないしで大変です。試合開始2時間前にようやく開場、クラブレベルという食事付のVIP席は2時間半前の開場のようでした。

まずはじめに空腹だったので、スタジアムグルメを探してチーズピザ(1/4カット)を購入。
IMG_2164.jpg
これがなかなかの美味で驚きました。5.2ポンド(約780円)と値段もまぁまぁ高いですがね。

一緒に水も購入(2.3ポンド=約345円)。よく見たらアーセナルのロゴ入りでした。
IMG_2166.jpg
ペットボトルのキャップはとられず。これはとても助かります。

コンコースからスタジアムに入る際に特にチケットのチェックはされませんので、スタジアムのあらゆる席を試すことができます。
IMG_2180.jpg
メインスタンドの選手のすぐ後ろの席、数時間後にはサブの選手たちがここに座るでしょう。

スタジアム内に歴代監督の写真がありました。
IMG_2184.jpg
アーセン・ベンゲル氏。名門アーセナルの監督として22年間、いかに在任期間が長かったかが分かります。後任のエメリさんはすでに解任されてます。

ゴール裏にも来てみました。
IMG_2185.jpg
私がロンドンに来てから初めての太陽。ちょうど水撒きしてました。

両クラブの選手たちがウォーミングアップに出てきます。
IMG_2187.jpg
私の席はチェルシー側、アウェイサポーター席のチェルシーサポさんもほぼ真下に陣取られていました。

両チーム選手入場。
IMG_2193.jpg

ビッグロンドンダービー、キックオフ!
IMG_2195.jpg

アルテタ監督に交代してからアーセナルの攻撃の形は良くなっているように思います。ただオーバメヤンに攻守の負担が大きすぎかな。彼は守備までしっかりこなせてしまうのでね。ラカゼットは後半は疲労困憊で、これではなかなかね~。DFではダビルイスが目立ってました。何度シュートブロックしてくれたことか。
チェルシーのDFジョルジーニョの判定が試合後にも物議を醸していて、実際現地でもイエロー2枚で退場ではとのブーイングはあったのですが、審判は2枚目の判断をせず。確かに勝敗の分かれ目になった可能性はあります。ただ勝利を目指すのであれば、よい形が作れていた前半に2点目を奪いに行きたかった。カウンターからラカゼットに惜しいチャンスはあったけど、あれが決められていたら。チェルシーが前半早々にDFをいれかえて対策されてからはチェルシーの流れでした。GKレノの空振りのミスから同点ゴールを決めたのはジョルジーニョ。
決勝ゴールはエース・エイブラハム、攻撃のもう一人のキーマン、右サイドを上がったウィリアンからエイブラハムへ。フェイントをかけてのGK股抜きはさすが見事なゴールでした。

試合終了後にチェルシーは選手みんなでアウェイスタジアムに駆け付けたサポーターと勝利の凱歌。
IMG_2208.jpg
大迫力で大盛り上がりでした。これでCL圏内に入りましたからね~。

アーセナルとしては1-0で勝利の夢も見れたのですがね~、無情にもビッグロンドンダービーは敗戦に終わりました。
IMG_2212.png

ただあのまま1-0で終わるよりは、緊張感がある良い試合がみれたと思います。現地で肌で感じた「アーセナル」コールには感動で鳥肌が立ちました。あれはスタジアムのどこからともなく発生するんですよね。チェルシーサポのチャント、試合後の勝利を選手とサポーターが一緒に喜ぶ姿も良かった。やはりビッグクラブの醸す雰囲気は良いですね~。

帰りは6万人が一気に帰るので地下鉄までの道筋がすごいことに、おまけにチェルシーサポ側の通路は閉鎖されたので余計に混雑、これが試合終了間際に何度も場内でアナウンスされていたのが面白かった。アーセナルにとっては大事な時間なのにね~。私はアーセナル駅とは反対側に歩いてバスで帰ってきました。おかげで混雑とは無縁(笑)。もう1試合、1月1日のマンチェスター・ユナイテッド戦も楽しみます!

スポンサーサイト




2019.12.30 Mon l 旅行記 l top ▲