FC2ブログ
今日の一戦は、まさにDead or Alive。鳥栖が相手だし、昇格に向けて後がない一戦に、ホームレベスタに終結したアビスパサポーターは、みんな気合が入ってました。声援、拍手ともに今日のスタジアムはすごかったー。城後選手のすばらしい2ゴールで逆転したときは、飛び跳ねて大喜びした後、何とかこのまま逃げ切れることだけを祈っていたんですけどねー。どうも、2失点という呪縛からアビスパは逃れられないようで・・・。

何回も書いているけれど、今日はどうしても勝たなければいけない一戦。さすがに、キックオフの瞬間、心の中でアビスパの勝利を祈りました。
レベスタに集まった大観衆の作り出す独特の緊張感の中、キックオフ。あまり細かいことは覚えていないけれど、前半に磐田から移籍してきたばかりの船谷選手の切りかえしからのシュートをあっさりと決められてゴール。アビスパにはハーフナー選手のヘディングシュートや城後選手のロングシュートなどチャンスがあり、鳥栖にも藤田選手のループシュートなど危ない場面があったけれど、0-1で前半終了。前半の内容としては、アビスパの選手は気合が入っていたし、中盤から積極的にプレスをかけていたけれど、ロングボールであっさりとチャンスを作られたり、ゴール前でいつの間にか鳥栖の選手がフリーだったり、ドリブルされると相変わらず遠巻きに見てしまうし・・・守備の課題に関しては、まだまだという感じがしました。

後半開始早々、GKの吉田選手が1対1を止めてくれたのは大きかった。そして、歓喜の瞬間は後半7分。右サイドから、中村北斗選手が突破して、強く中央に折り返したボールをGKが中途半端にはじき、相手のDFとGKが交錯してこぼれたところを、城後選手がしっかり押し込んで同点ゴール!さらに後半20分、右サイドタレイ選手からの折り返しをジャンボが落として、そこに待っていたのはまたしても城後選手!見事な逆転ゴール!もう飛び跳ねて、おおさわぎ!おかげで、声がかれてしまいました。妻は、大声を出しすぎて頭が痛くなる始末。この瞬間、ここから失点なく終わってくれることを祈ったんですけど・・・。逃げ切りがそろそろ頭によぎる81分、ジャンボ選手がその直前に、足がつってしまってベンチに向かって交代をアピールし、アビスパの選手達も、それを見て早くプレーを切ろうとしていた時でした。レオナルド選手が中央から右サイドへ長いドリブル。布部選手がマークに付いていって、レオナルド選手の中央へのセンタリングが布部選手の体にあたって、ファーサイドのポストに当たって、ゴール・・・。不運というか、こういう流れとしか考えようがない・・。どうしても2失点してしまうんですよね。理想論を言えば、もっと激しくマークをして、中央に折り返させてはいけなかったんでしょうけど・・・。信じられない光景に、呆然としてしまいました。
リードしているときに、久永選手のヘディングシュートが決まっていれば・・・同点に追いつかれてからのユースケのシュートが決まっていればとか、言い出したらキリがないけれど、決め手を欠いてこのまま試合終了。勝てた試合だったのに・・・・残ったのは、脱力感。城後の見事な2得点を、試合後歓喜の城後劇場でお祝いしてあげたかった・・。城後選手のチャントは、レベスタに何度も何度も響いてましたけどねー。

状況的には「勝つか負けるか」という姿勢が必要だから、攻撃にはリスクをかけるべきとは思うけれど、鳥栖相手には絶対に負けたくない。最後は、複雑な気持ちでしたね。
それにしても、今日のダービーは残念の一言に尽きる。

080831 鳥栖戦1

そして、ここからはちょっと愚痴を・・・。まぁ、個人的な愚痴なので、軽く聞き流していただければと思います。
家に帰ってアフターゲームショーを録画で見ていたら、試合後のレベスタになぜか赤い帽子の人が出ている。しかも、「負けに等しい引き分け」とか「今すぐにでも決着をつけたい」とか好き勝手言われてるし・・・。まさか、引き分けで喜ぶわけにもいかないでしょうけどねー。でも、今日の試合後インタビューは、誰がどう考えても2得点で大活躍の我らが城後じゃないの?
にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト




2008.08.31 Sun l アビスパ試合後感想 l COM(4) l top ▲

コメント

おはようございます。
皆さんより一足早く仕事についています。選手たちはがんばっていましたが
なんとも煮え切らない、スッキリしないゲームでしたね。
 鳥栖は4位に後退し、我々は甲府にリードされてしまいました。
残りのゲーム数は少ないですが、どのような結果になっても
最後まであきらめず応援したいと思います。
 あるブログでは昇格は無理だと書き込まれて
いましたが、私は可能性が少ないとしても、いちサポーターとして
「ゲームをしてないのに無理っていうのはどうかなぁ?」と思います。
勝負は最後の最後までわかりませんし時には奇跡も起きます。
 この場をお借りして申し訳ないのですが、全アビサポ、ファンの皆さん
「最後まで諦めず選手と共に闘っていきましょう!」
それにしてもK監督のコメント「ばかにされてる」様に聞こえるのは
私だけでしょうか(笑) 
2008.08.31 Sun l 新宮一刺会(しんぐうひとさしかい)会長. URL l 編集
こんにちは
> 新宮一刺会会長さま
お仕事、おつかれさまです。そして、コメントありがとうございます。
昨日の引き分けで、厳しくなりましたが、まだまだあきらめるのは早いですよね。最近いつも書いてますが、残り試合を全勝すれば、まだまだ。とにかく勝ち続けるしかないでしょう!可能性がなくなるまで、シーズンが終わるまで選手達をサポートしたいですね。
2008.08.31 Sun l あきガス. URL l 編集
猫に釣られて試合に泣いて
はじめましてこんばんは。
福岡のサイトを覗いていたらからうい猫に釣られて迷い込んだものです。

管理人様も赤帽の人にお怒りですが、考えれば鳥栖は結局今年うちらから3回戦ってわずか勝点1しか取れなかったわけで(博多の森でというのが頭にきますが)
地団駄踏んで悔しがっていると思えばいいんじゃないかと個人的に思います。

本音を言えば、昨日はスカパー観戦でしたがやはり九州ダービーと呼べるのは現状では鳥栖だけだな、と再認識しました。後半80分に追いつく展開でもドロー決着後は鳥栖サポーターは誰一人よくやった的な顔はしてませんでしたからね。

そんな彼らに敬意を表する意味でも昨日は勝利の凱歌を歌いたかった…それでも可能性が消えるまでは昇格を信じて行きたいです。
長文失礼しました。





2008.09.01 Mon l P.O. URL l 編集
そうですね
>P.O.さんへ
こんばんは。はじめまして。我が家のねこちゃんに誘われて、いらっしゃいませ。(笑)
ダービーは、そうですね。スタジアムの雰囲気といい、やっぱりダービーと言えるのは鳥栖相手のときだけだと思います。緊張感がまるで違いますし、選手・サポーターが背負っているものも、ぜんぜん違いますからね。それだけに、昨日はあのまま勝ちたかったんですけどね。
昨日の試合は残念でしたが、最後まで昇格を信じて選手達を後押ししましょう!
コメントありがとうございました。また、ぜひこちらにも遊びに来てくださいませ。
2008.09.01 Mon l あきガス. URL l 編集

コメントの投稿