FC2ブログ
クリスマスですね~。でも、クリスマスとは関係ない話題です・・。


クリスマスイブの昨日、家に着いて何気なく「今日感テレビ」を見ていたら、思いがけなくアビスパの話題が。西日本新聞もそうだったけど、最近アビスパのこういう特集が多いですね。

昨日の特集でも、薄ら笑いを浮かべながらふんぞり返ってインタビューを受けるアビスパの社長。アビスパの社長がひどいというこは充分に伝わる内容だったけど、あまりこういう特集が多いと福岡市民がアビスパをどう思うか、応援したいという気持ちになるかどうか心配になりますね。大分の溝畑社長と比べられていましたが、クラブに対する熱意が全然違うことは容易に分かる内容だったし、だいたいアビスパの社長は何を言いたいのか、伝わるものが何もない・・。強いて内容と言えば「お金がない」と「お金がない中でやるのがGMの腕の見せ所」という点ですかね。何よりアビスパの社長が主体となってスポンサー獲得に走ろうという気がないのが何より不快だった。「お金がない」の件については、大分と鳥栖の内容で完全に否定されていたし・・・。それにしても、映像がアビスパの失点シーンばかりだったのも、見ていて苦痛だった・・・。まぁ、特集の内容からすれば、アビスパの得点シーンでみんなが喜んでいるシーンを流すと焦点がぶれるというのは良く分かるんだけど・・。

その社長から頼られている?田部GM。
自分も気づかなかったし、誰も触れないんだろうけど久しぶりにブログを更新していたんですね。

選手育成ピラミッドについて ・・・蜂の気持ち

シンポジウムのことから書いてあるんだけど、今回のシンポジウムは評判悪かったですからね~。育成とスカウティング、ユースのことや話題になったU-12の廃止について書いてあります。一部は先日の西日本新聞の特集で批判されていたことに対する反論がされています。

自分が思うのは、西日本新聞の特集のような記事に対する反論があるなら、きちんと話すべきだしもっとサポーターが情報を共有できるようにするべきだと思う。今回、こういう話題についてブログで書くことはいいことだと思うし、それでこそ西日本新聞での特集を組んだ価値があるというもの。全ての人が、新聞記事を鵜呑みにはしているわけではないと思うし、当事者からすれば別の考えがあってやった可能性だって考えられる。ただ、それは何らかの方法で表現しなければ誰にも伝わらないし理解もされない。このスカウトの件だけでなく、他のことについてもGMの考えを伝えて欲しいと思います。

田部GM本人も感じていることだと思うけど、はっきり言ってアビスパサポーターの中での彼の評価は低い。先日のシンポジウムも、サポーターに対してフロントの方向性を伝えようとする会には決してならなかったようだし、私としてはシーズン前に続けると言っていたブログを病気があったとしても継続してくれなかったことは大きな不満として持っています。
アビスパは、クラブ首脳とのコミュニケーションと言うか情報共有というか、何を考えてクラブが動いているのかわからず批判につながることが多いように感じます。篠田監督は、サポーターへのメッセージの伝え方が上手だから、もっと話す機会を増やせばいいのに・・。GMや監督の言葉は影響が大きいから下手なことを言わないようにしているのかもしれないけど、やはりサポーターがお金を出してクラブを支えている以上、チームの状態が良かろうが悪かろうが、何らかの現状説明が欲しいと思う事も多い。シーズン中はともかく、例えば今のようなオフシーズンであれば選手の動向は誰でも気になるし、契約更改が終わった選手についてはホームページで情報を公開する事だってできるはず。まずは身近なことから少しずつやっていくことが必要だし、その積み重ねが、皆が支持するひとつの要因になると思う。


結局、今年のアビスパについては不満ばかり・・。経済のことといいあまり楽しい話題が出てきませんね。来年こそ、アビスパにとっても希望に満ちた、いい年になることを祈りたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト



2008.12.25 Thu l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿