FC2ブログ
今日の試合のポイントは、今シーズン初めての「ボランチ丹羽大輝」が機能するかだったと思うんだけど、あと前線は配置が少し違ってましたね。でも、大輝選手が久々のボランチ起用で慣れないのか、DFラインに入っているときほどの落ち着きが見られず、うまく機能しない時点でサッカーになりませんでした。今さらシステムをいじったところで、守備の仕方・攻撃の仕方以上にもっと根本のボールのつなぎ方が共通理解としてないので、変化は期待できないとは思うのですが、それでもやっぱりうまくいって欲しいとは願っているから、試合前は少しは期待してましたが、実際に試合を見てやっぱりという感じです。システムでの混乱があったのか、高橋泰選手がしきりにいろんなポジションの選手達と話をしていたのが印象的でした。



最近の試合を見ていると、いくら自分自身のモチベーションを上げようにも気持ちは正直で、最近は試合第一というよりまずは自分のことをしてから出かけることが多いです。以前のように、開門直後にスタジアム入りして、その日の試合に思いを馳せるなんてことはなくなってしまいましたね。数時間後には明らかになるであろう試合結果を気にしてドキドキ感を感じることもなくなったし、そのため徐々にレベスタ入りの時間が遅くなりつつあって、今日は朝起きてから、40分くらいランニングして、シャワーを浴びて、ご飯を食べてから家を出るという具合でした。それでもいつもは席がたくさん空いているのですが、今日は東京ヴェルディ戦ということで?、いつもよりは混み合ってましたね。ただ、やっぱりサポーター団体の応援や横断幕はなし。レベスタには、ヴェルディサポーターの声だけが響いてました。


太陽が照り付けて、しかも湿度53%という蒸し暑さのせいか、いつも以上にアビスパのプレスがかからない。レアンドロ選手にフリーでロングシュートを決められてあっさり失点するし、運良く1点を返せたのは良かったんですけどね、まぁスローイングでさえも、ゴールに向かうボールを入れておくものです。ユースケがゴール前にしっかり詰めていたからこそのゴールだけど、やっぱりゴール前では何が起こるかわからないものです。レベスタが得点で盛り上がっているうちに、ナカジのFKからユタカのヘディングシュートが決まっていたらよかったんだけど、そんなに上手くはいきません。後半、PKで勝ち越しゴールを入れられてからは、なおいっそう退屈な時間帯が続き、リードしている相手に余裕を持ってボール回しされて、アビスパは何もできず。自分たちのボールになっても、DFラインで目的もなく回さざるをえない。相手にリードされているにもかかわらず、早く終わらないかなーと思ってしまうくらい退屈なサッカーでしたよ。というより、サッカーになっていたのかな~。

最近の流れと同じなので改めての感想はありませんが、だんだん試合を見ること自体が苦痛に感じつつあります。レベスタの試合は、再来週までないので少しホッとしていたら、次週はそういえばアウェー鳥栖戦じゃないですか~。決して楽しみではありませんが、行かないといけませんね~。


で、今日の試合後はソシオ会員の意見交換会。
このことについては、時間があれば、また改めて書きたいと思っています。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト



2009.06.28 Sun l アビスパ試合後感想 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿