FC2ブログ
落ち着いて見回すと、札幌ドームは2万人の大観衆。これだけ入ると、かなりのアウェー感です。

100313  コレオ
これだけの人が作り出す光景は、きれいですね~。

試合は結果的には快勝で終わったんだけど、試合開始早々に古田選手にシュートを打たれた時には、やはり今日は甲府戦と違って苦戦するかなと感じていました。その直後にCKから相手の出鼻をくじくような丹羽大輝選手の先制ゴールが決まった時には、むしろ驚いてしまいました。遠かったんで一瞬よく分からなかったんだけど、飛んだコースといい、時間帯といいラッキーでしたね。その後は受身の時間帯が続くが、相変わらずアビスパの守備が安定。相手のリスタートが早いのも読みきっていたし、むしろ相手がリスタートを焦ってパスミスが多かったので、随分と助かってました。追加点はかなり効果的、ジャンボのナイスヘディングゴール。ナカジもいいクロスでした。何とか、このままアビスパペースで前半を終わろうと声援を送る。途中コーナーフラッグが折れて交換に手間取り、時間が空いてしまったので、これで流れが変わらないかと心配したんだけど、これも杞憂に終わって前半終了。先制、追加点と理想的な展開でした。守備も、「組織的」といっていいくらいの出来で、1人2人と抜かれても、3人目がカットする。少しでも相手がまごつけば、何人かで寄せてボールを奪う。1人で対応の場面でも、パスコースを消して自分の体に当てる。ボランチの二人を中心にアビスパの選手達の運動量が多く、すばらしい前半でした。

後半、勝利が見えかけてきたところで油断しないように、と考えていたら後半開始間もなくノリノリな源気選手のスーパーゴール。今節のベストゴールおめでとう!ゴール後のサポーターに向けてのパフォーマンスが、ドラゴンボールみたいに?喜びを全身で表していて、面白かった(笑)。このゴールで、勝利はほぼ決まったかなとようやく思いました。ただ油断は禁物で、1点でも失点すると雰囲気が一変してしまいますからね。
札幌側は途中からゴン中山選手が出てきて盛り上がったり、アビスパの方も交代選手があったりして終盤やや不安定になってピンチを招くも無事に無失点で終了。現地で見ていると、今までのアビスパのパターンでは、何気ないことから失点するイメージが多いので、最後まで安心できず。逆に2点リードしてから同点に追いつかれたりすると、余計に雰囲気が悪くなるだろうし、途中まではリードしている心理が微妙でした。それだけに3点目の源気選手のゴールが大きかった。あとは、高橋泰選手がゴールを決めれれば、言うことなしだったんだけど、さすがにそこまではね。

それにしても、札幌で歌う「博多へ帰ろう~♪」は感無量でした。
途中から、何か歌詞が違っていた気もするけど・・。

100313  勝利の挨拶

誇らしげにサポーターに挨拶する選手達。声援に応えて、大輝が「Good!」のポーズ。
スカパーでの大輝のインタビュー、饒舌でしたね。充実感が伝わってきました。


まだまだ続きま~す。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト



2010.03.15 Mon l 2010アビスパ福岡試合後感想 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿