FC2ブログ


次節草津戦を考えながらの天皇杯は、モチベーション的に難しいかとも思ったけど、月曜日の雁ノ巣での広島を想定した練習は、本気で勝とうという気持ちを感じたし、何としても連敗を止めたい。J1でいいサッカーをしている広島相手に勝利できれば何よりの自信になるし。ということで、頑張って広島行きを決めたけど、結果的にも行って良かった!サンフレッチェ広島は、代表で主力2人が不在(1人は後半から強行出場してましたが)、チームは週末にナビスコを戦ってるんで、ある種ハンディ戦かもしれないけど、まぁそれでもね~。こちらが完全なる挑戦者。
前半は、お互いグラウンダーのパスを繋いでのポゼッション。決定機を作れないものの、よく広島の攻撃を防いでました。そして後半開始早々にカウンターで、ジャンボの抜け出しから佑昌にパスが渡ってGKとの1対1を見事に決める。正直なところ、まさかのゴールでアビスパが先制。この後、アビスパがパスを回して上手く時間を使いつつも終盤に攻め込まれ、何度も神山のビッグセーブとポストに助けられる。アビスパの交代選手は、次の試合を見据えてあらかじめ決めていたような交代?という印象でした。もう少しで90分勝ちという最高の結果が得られると期待したその時、ついに同点ゴールを決められる。神山も、よく弾いたんですけどね、一足早く詰められてしまいました。その後も広島に攻められ続け、ポストに助けられるシーンもありましたが、何とか凌いで延長へ。
ここまで来たら勝つしかない!延長前半は、お互いに決め手を欠きますが、途中辰っちゃんが相手ゴール近くまでドリブルクロスの後、足がつって動けなくなっているのを、広島の攻撃でプレーオンにもかかわらず広島の選手が残って辰っちゃんの足を伸ばしてくれたスポーツマンシップには、感動しました。ドローのまま延長前半が終了。
ところが、延長後半早々にアビスパの左からのワンバウンドのクロスを相手Gkがこぼし、そこへ詰めていたユタカが難なく蹴りこんで、なんと勝ち越しゴールは、終始押され気味のアビスパ。ゴール裏は、ユタカが古巣相手に決めたこともあって、大騒ぎ。しかし残りは、あと10分。ここからはもう防戦一方で、何とかギリギリまで防いでいたけど残り数分のところで広島のPK。神山のビッグセーブを期待するも槙野選手の例の逆向きスタートPKが決まってしまう。PKを蹴る前、自分自身のミスで勝ち越しを許してしまった相手GKは、膝まずいて祈ってました。そりゃそうですよね~。責任感じますよ。一方で、こちらは二度の勝ち越しにもかかわらず追いつかれてしまう。気を取り直して、精一杯選手達の後押しをする。残り時間でのアビスパチャンスは、CKからマチくんのヘッドは惜しくもGK正面。
PK戦は、あいにく反対側のゴールマウスで行われたんでよく分からなかったけど、両選手とも5人目まで決めて先攻の広島6人目の選手が外し(たぶん神山選手がセーブ)、アビスパは6人目末吉選手が落ち着いて決めて、ついについに今度こそ念願の勝利!千葉戦以来の、涙の勝利でした。これで形はどうであれ連敗ストップ、そしてJ1クラブ相手に勝利。できれば1-0で決めたかったけれど、それも演出と考えればね~。強いチームは簡単には勝たせてくれないということ。激戦の疲れも、この勝利で吹き飛ばして貰いましょう!
それにしても、まさかPK戦まで行くとは、それ以上にあの広島に勝利するとは。昇格に向けてこの勝利で弾みをつけて欲しいと思います。今回は、連敗ストップできて何より。
一方で広島は、魅力的なサッカーをするいいチームなので、ナビスコは是非とも頑張って欲しいです。

もうちょっとで、自宅の最寄り駅です。
いや~ほんと、無理をしてでも広島まで行ってよかった~♪





にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト



2010.10.14 Thu l 2010アビスパ福岡試合後感想 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿