FC2ブログ
今シーズンのリーグ戦は終了してしまったけれど、アビスパにはまだ天皇杯がある。こんな嬉しいことはないですね。今から熊谷でのFC東京戦が楽しみです。ジャンボや阿部シュウ選手など今シーズン限りでクラブを離れる選手達のためにも1試合でも多く戦いたい。先日の、シーズン報告会でジャンボの挨拶「来シーズンでもアビスパで戦いたかった」という言葉にグッと来て、なかなか一言では感謝の気持ちと言うのは伝えきれないんだけど、やはり試合でアビスパの一員であるジャンボを精一杯応援するっていうのが、一番の感謝の気持ちを示す方法かなと思います。

で、ここで忘れないうちに今シーズンのアビスパの戦跡でも振り返っておきます。

3/6(土) 第1節 甲府 H ○ 3-1  (レベスタ観戦)  
開幕戦での大塚新社長のしびれる挨拶の後、動きのよさを見せるアビスパイレブン、昇格候補の甲府に完勝したこの勝利は大きかった。シーズン初ゴールは、ゆーすけ。

3/13(土) 第2節 札幌 A(札幌ドーム) ○ 3-0  (札幌ドーム観戦)
思いのほか北海道行きのツアーが安かったので、初の北海道アウェーに駆けつけたのですが、これまた昇格候補の札幌に危なげなく完勝!札幌は大雪でしたが、試合後にすすきので食べたカニは最高に美味しくて幸せな気分でした。

3/21(日) 第3節 柏 A(日立柏サッカー場) ● 0-1 (スカパー観戦)
2005年入れ替え戦以来の対戦。後半途中までは互角の戦いだったが、バックパスをかっさらわれて決勝ゴールを決められる。ああいう隙を逃さないのがJ1チーム。アビスパのチャンスは少なかった。

3/28(日) 第4節 富山 H ○ 5-0 (スカパー録画観戦)
私用による東京行きでレベスタには行けず、そういう時に限ってアビスパが大勝する。こんなことが今シーズンは多かったです。帰りに偶然羽田で福大の永井君に会いました。
永井君については、かすかな期待は持っていましたが、まぁ名古屋入りが妥当でしょう。新人の年俸が抑えられているとはいえ、活躍してもアビスパでは2年目の年俸を上げられないだろうし。ついでに1ゴールいくらとか言われたらとてもじゃないけど太刀打ちできません。上手い選手達の中でレベルアップしたいのもあるだろうし、代表そして海外で活躍できるように頑張って欲しいです。しかし、アビスパもいつか地元の有望な高校生・大学生の目標となるようなクラブにならないといけませんね。年俸でも夢があるような。それにはまず、J1にしっかり定着すること、そしてもっとメディアに取り上げてもらえるような魅力的なクラブにならないと。

4/3(土) 第5節 東京ヴェルディ A(駒沢オリンピック公園) △ 1-1 (スカパー観戦)
開幕からいまいち調子の出ないヴェルディ相手に終了間際に岡本っちゃんのゴールで何とか追いつく。次につながる引き分けを期待したけれど、その後は悪夢の4月連敗。苦しい4月の始まり。

4/11(日) 第6節 岐阜 H ● 0-2 (レベスタ観戦)
FC岐阜は何だか苦手な印象があるんですよね。とくにホームレベスタで。勝てそうでいて、最後にはなぜかやられている。

4/17(土) 第7節 水戸 A(ケーズデンキスタジアム) ● 0-1 (スカパー観戦)
ゴールが割れそうで割れない。そのうちに決勝ゴールを決められて敗戦。流れの悪さを止められない昨シーズンまでのアビスパの悪い癖が出始める。連敗を早くとめたい。

4/25(日) 第8節 鳥栖 H ● 0-1 (レベスタ観戦)
またもやダービーで敗戦。昨シーズンから、どうしても鳥栖に勝てない。体験版大人のサッカー教室に参加したのは、この日でした。

4/29(木) 第9節 愛媛 A(ニンジニアスタジアム) ● 1-2 (スカパー録画観戦)
現地に駆けつける予定にしていましたが、急用のために直前で中止。試合終了後、中町君が悔し涙を流してましたね。すごく印象に残るシーンでした。

5/5(水) 第11節  熊本 H ○ 6-1 (レベスタ観戦)
1節休みがあった後の熊本戦。連戦の間のアビスパの休みの効果は大きく、運動量の差もあって熊本に6得点快勝。私は、これなら水戸戦やら鳥栖戦やらにもっと決めてくれよって思っていました。それでもこの試合を契機にようやくチームが明るくなれた、そんな試合でした。

5/9(日) 第12節 千葉 A(フクアリ) △ 1-1 (スカパー録画観戦)私用で松江まで行ってました。強豪千葉相手によく追いついたと思います。マチ君がナイスゴールでした。

5/16(日) 第13節 横浜FC H ○ 2-1 (レベスタ観戦)
誠っちゃんのゴールで追いつき、宮路君のロングスローからゲンキが決勝ゴール。宮路君のロングスローが見事ゴールに結びつきました。しかしゲーム全体を考えると流れが悪く、どうして勝てたのかよく分からない試合でした。

5/22(土) 第14節 北九州 A(本城) ○ 1-0 (本城観戦)
キラヴァンツ北九州と初のダービー。後半開始から強い雨。なかなかゴールを割れず、終了間際の惇君のクロスが相手のオウンゴールを誘って勝利。この勝利は大きかった。

5/29(土) 第15節 徳島 H ○ 1-0 (レベスタ観戦)
開幕から調子の良い徳島と、再び連勝街道に乗ったアビスパ。先制するもののPKをとられて同点を覚悟したが、神山選手が渾身のセーブ。開幕スタメンは六反君に譲ったけど、今シーズンの神山選手の活躍は大きかったです。

6/6(日) 第16節 栃木 A(栃木県グリーンスタジアム) ○ 2-1 (スカパー観戦)
ゲンキの先制ゴールにジャンボの勝ち越しゴール。同点に追いつかれても突き放す、アビスパの強さが少し見えかけた試合でした。これで3連勝。

6/13(日) 第17節 大分 H ○ 2-1 (レベスタ観戦)
ここまで来ると「W杯の中断前は全勝で」が合言葉。苦手な大分に対して先制されるも、CKからマチ君のヘディングで同点に追いつき、ジャンボの終了間際のPKで劇的勝利!これでW杯を思う存分楽しめるぞみたいな、スカッとした勝利。4連勝で中断だったので、中断するのがもったいないくらいの勢いでした。


好きでやってることながら、少し疲れました。ひとまず今日はこのあたりで。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
スポンサーサイト



2010.12.13 Mon l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿