FC2ブログ
やっぱり博多の森はいいなぁと、毎シーズン開幕には思うことです。降格しようが胸スポンサーがいなかろうが関係ない、来る前田アビスパの今シーズンへの期待感でいっぱい。そんなレベスタでした。
それにしても開幕戦は忙しい。いつも自宅を出るのが設定時間ギリギリで、優先入場開始以後かつ一般入場開始以前という1番せこい15分間にレベスタ到着というのが我が家の定番になっていて、開幕戦でもその時間設定は変わらずそそくさと入場。引っ込み思案な自分でも仲良くしていただいている数少ない知り合いの方々と軽く挨拶を交わした後、すぐにメインスタンドに向かって今シーズンのレプリカユニフォームの申し込みに。まぁ懲りもせず毎シーズン(これで4シーズン目?)高橋泰の、ついにたどりついた「11」の背番号入りユニフォームを申込み。まぁユタカは背番号がよく変わりますからね(笑)、それが毎年買っている理由でもないし、たぶん同じ背番号でもどのみち買ってるんだろうけど、でもユタカにとっては背番号「11」は何だか期待がもてそうな番号です。昨シーズンと違って(反省を生かしたのかな?)列もできずにあっさりと申し込みが完了したので拍子抜けしながらマッチデーカードを受け取り(これまたキャプテン高橋泰)、『ピッチでトモに戦おうボード』に申込み。こういう企画は、よそ様のクラブもやっていたりしますが、分かりやすくていいと思うんですよね。サポーターから小口ずつ多くの人にお金を頂くというのは理解できることだし、今までなんでやらないのかと思っていたくらい。もちろん個々の財布の事情に合わせてだけど、ぜひとも成功させてほしい企画なので自分も申込みしてきました。前評判と違って?、けっこう埋まっていたように思いましたけどね。はやく全部が埋まって飾れるようになるといいですね。
そして、開幕戦の風物詩になったウルトラの集会。集会では引っ込み思案な自分でも知らない方々の中に入って跳んだり大声出したりできるんで楽しいです。当然のごとくここで声をつぶすし、大汗かいてふくらはぎの疲れも半端ないので、当然の如くここで力尽きるのですが、それは仕方ない。
ということで開幕戦は勝利もし、思いっきり楽しませていただきました。特に期待感があふれる前線の坂田大輔、高橋泰、成岡翔、城後寿の4人はいいなぁと。最近は、事情があってスカパー欧州セットでヨーロッパサッカーも見てるけど、自分にとってはバルセロナよりレアルマドリーよりACミランよりもナポリのサッカーが最高に楽しい。ナポリは、前線のラベッシ、カバーニ、ハムシクの3人の攻撃陣がひたすら前に仕掛ける魅力的なサッカー。そんな感じにアビスパもなれば、今シーズンは楽しいでしょうね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ

スポンサーサイト



2012.03.06 Tue l アビスパ福岡 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿