FC2ブログ
ニースは何と言っても美しい海と海岸線、そしてそれを彩る西洋の美しい人々。ここで見かけた人々は年齢を経てもプロポーションを保っていて本当に素晴らしいかったです。横の旦那さんを見なければ確実に年齢不詳。もちろん若い女性だってスタイル抜群です。滞在中は昼夜問わず時間があれば海岸線を散歩してました。夜の11時ころに歩いていても人が多くて安全でした。散歩していたのはプロムナードデザングレと呼ばれる3.5Kmも続く海岸沿いの道。海岸まで下りれば皆が日光浴をしているし。我々も波打ち際までは行って足まではつかりましたが、中には日光浴で温まってから泳いでいる人もいました。さすがにまだ水は冷たいけれどね~。それにしてもゴミがほとんど落ちていないのは大きな驚きでした。
プロムナードデザングレ 3

散歩道にはベンチが設置されていて、それぞれが思い思いの時を過ごしています。
プロムナードデザングレ 1
こうしてゆったりとした時間の中にいると、本当にバカンスと言うかね~。
私自身も実にいい気分で、すべてを忘れて現実逃避してました。

こういったパラソルの下でレストランが営業しています。
プロムナードデザングレ 2
ビーチでジュース
飲み物を飲んだり、食事をすることもできます。サービスで出てきたのはオリーブ。

有名なホテル「ネグレスコ」。歴史あるホテルで、ここは5つ星。
ネグレスコ 2

もっと有名なホテル。左がホテル「スイス」、右は「ラ・ペルーズ」。
スイス

この2件のホテルからの景色は。。。
スイスからの眺め
「天使の湾」を一望できる素晴らしいロケーション。
こんなホテル、いつかは泊まってみたいですね。もう部屋から一歩も出ずに一日中海を眺めていそう。

この日ホテル・スイス前には多くの警官が集まっていました。一般車両は進入禁止。
戦勝記念日
5/8(木)はフランスの戦勝記念日で祝日だったようです。

ちょっと高台の城跡公園からの眺め。
城跡公園からの眺め
ここからはニースの海と街を一望できて、まさしく絶景です。
城跡公園までは街中を走る観光列車に乗っていきました。ホテル・スイスの横からも登れるみたいですけどね。

海岸沿いのレストランにて。
レストランにて
空いている席には真っ赤な花が飾ってありました。こんなさりげない心配りも実におしゃれで気分を高めてくれます。

夕闇に浮かぶネグレスコ。
ネグレスコ 3

ニースでもカジノ。
カジノ夜景

ニースは本当にもう一度来たい、いやたぶんまた行くだろうなと思うくらい素晴らしい街でした。仕事がなければもう少しゆっくりと回れただろうし、映画祭を控えているカンヌまで行けたんだろうけど、ちょっと今回は難しかったです。

ということで南仏に魅せら続けた5日間は無事に終了。南フランスは食事の量・質ともに日本的で食べやすかったし、治安的にも安心できてバカンス?で行くにはとてもいいところでした。街を走るトラムがとても使いやすいので、宿泊場所もニース駅からこれをうまく使える場所にするといいかもしれませんね。1回の乗車が1.5ユーロと格安なんだけど、電車の券は停留所でチケットを購入しなければならなくて。でも機械での購入の仕方がよく分からない。すると町の人々が何人も覗き込んできてああしろこうしろと教えてくれます。というより部外者にも分かりやすい購入機を作ろうよ(笑)、というのは日本的な発想なんでしょうな。向こうの人はああしてお互いが気を遣えば別に困らない。海外では意外とこういうのも嫌いじゃないですね~。
欠点としては観光地だから仕方ないんだが、もう少し物価が安ければね(これには円安という事情もある)。あとはニースのタクシーの評判が悪いらしいのだが、確かにフランス語でまくしたてるし、どうも違うところに行かないかと変な提案してくるので我々もあまりいい気持ちはしなかったんだが、もう少しそこらへんが改善されればね。ただ最終日のホテルから空港までのタクシー運転手は英語で会話ができたので、私の英語の練習には丁度良かった(笑)。

すでに日常が始まって現実に戻っていますが、完全に現実逃避できた今回の南仏旅行でした。
スポンサーサイト




2014.05.14 Wed l 旅行記 l top ▲